Tag: 音楽

セレブの小部屋 ニューヨーク ニューヨークの旬なイベント情報 音楽

速報[ALEXANDROS] USA Tour! 日本の人気ロックバンド、NYにやってくる!

10/22日(月)のワシントンDC、10/23日(火)のニューヨーク公演!

Advertisements
音楽 好きな仕事をしてNYで生きる

30歳で脱サラ、38歳でNYに。ジャズピアニスト作曲家、宮嶋みぎわさんにみる夢のかなえ方! 前編

30歳で大手企業を脱サラして、38歳で渡米した宮嶋みぎわさん。 プロとしては遅いデビューながら、すでにグラミー賞ノミネートを二回経験、自分のビッグバンドを率いてジャズの名門バードランドでの演奏、さらにアルバム『Colorful』をNYの著名レーベルから世界発売している。

おひとりさまが行く!NYお気楽サバイバル日記 アート&デザイン ニューヨークの旬なイベント情報

デビッド・ボウイ回顧展@ブルックリンミュージアム

世界の都市を回って最終地NYに着地した話題の展覧会。
内容については、グイグイのロックファン、熱烈ボウイファンの方がレポされるでしょうから、ミーハーレポでご無礼します。

ネイティブ英語 NYトレンド通信 本音で突っ込んだ最新情報

なぜあなたの「ホット・ティー」は通じないのか? 日本人に特化した発音矯正、ポペノ・メソッドで目ウロコ百枚落ち!

短期留学中に「歌いながら発音の基礎を学ぶ講座」を取った洗足学園音楽大学の学生たちとポペノ先生 【 日本人のカタカナ英語発音とは? 】 ある日本人女性がこんな発音の悩みを口にしていたことがある。 飛行機で「ホット・ティー」を頼もうとしてスチュワーデスにいっても、毎回通じずになぜかコーラを出されてしまうのだ、と。

おひとりさまが行く!NYお気楽サバイバル日記

オペラ歌手の白熱教室、巨匠リチャード・ボニング「ジュリアード・マスタークラス」

秋の夜、とんでもなくブラボーな音楽の夕べに感動した!
きっかけは、友人から届いた「宇宙君のナンダカ良く分からないけど、巨匠さんが指導するマスターコースのイベントあるらしいけど、行く?」というメール。

ヒトコの小径

スーパーボウル後に見た「LMFAO」のミュージックヴィデオ

ここ数年、車に乗る時は、いつも流行りのFMステイションで、音楽を聴く毎日だ。
これは、数年前に比べるとかなりな進歩。

だって、子どもが小さかった時は、「アンパンマン」とか「ベイビーモーツアルト」とか、そういうのばっかり聞いていたわけで。

その時は別に不満はなかったけど、お陰でその間流行った音楽は、まるで知らない。
かなり時代に取り残されていた私だ。

現在は、子どもの方が詳しかったりして、いろいろと教えてもらっている。