Tag: 恋愛

ヒトコの小径 海外子育て

パスポート無事更新できた、の巻

え?アナタにとって、息をすること自体、とっても大変なんじゃないの?
と知らない人からは、笑いながらそんな冗談が返ってきそうでもないが、私にとってはこのパスポート更新の件は昨年末から、かなり頭を痛めていたことだった。

Advertisements
アメリカニュース ヒトコの小径 海外子育て

真理子さん、お願い!外から見た日本:シングルマザーの世界も誰かが始めなければ変らない

ついこの間、ファッションブランドD&Gのチーフデザイナーが発した「ゲイカップルの人工授精」に対する意見に、エルトン・ジョンが激怒し、D&G商品のボイコットを呼びかけるコメントを発表した。

ヒトコの小径

特別秘密保護法案:アメリカにおける2つの世界と、そこで私が愛が足りないと思うわけ

さて、このところいろいろとニュースになっている「特別秘密保護法案」について、むずかしいことはわからないけど、個人的には、ちょっとそれ、やめてほしいなと思っている。

一応、私だってアーチストの端くれ。
表現の自由や言論の自由を信じている。

ヒトコの小径

Happy Ever After/アトランタ編

皆様、この女性を覚えていますか? ニューヨークからアトランタへと やむなく引っ越した4人の子持ち、リサリサマミーを。 え? 覚えてない。 ほらっ。 元気ハツラツ、パワフルパティシエですよ。 http://ameblo.jp/nymommy/entry-10014741303.html ニューヨークのThe Culinary Institute of America を卒業し、 マンハッタンのレストランでしばらく働いていたけど その後結婚し、すんなり家庭に入ってしまって、もったいないなと思っていた、彼女。 旦那さんとウマく行かなくなって、自立しようと、 4人の子どもを育てながら、自分のケイタリングビジネスを始めた、あの彼女。 思い出してきたでしょ? 私のブログにも次男のお友達アレック君のママとして、Continue Reading

ヒトコの小径

笑うしかない時に笑えなかった結果

先日、仕事帰りの電車の中で、目の前に若い黒人のカップルが仲良く座っていた。多分、夫婦ではなくて恋人同士なのだろうなあと思ったが、男性が女性を扱う仕草がとても愛情溢れていて、見ている方も幸せな気分になった。 以前、私には黒人男性で仲のよかった友人がいた。その人を通して、黒人の持ち合わせている「ソウル」というものは、日本人の「心」にも近いものがあり、日本人と黒人にはわかり合える何かがお互いに存在する、と感じていた。その友人とはそれほど深い付き合いでもなかったので、電車のカップルのようにいい感じにはなれなかったのだが、彼らを見ていたらふとそんな昔のことを思い出した。