Tag: キアヌ・リーヴス

セレブの小部屋

キアヌ・リーブスに漫画で問いかけた日本の漫画家とは?

これは、講談社『ヤングマガジン』誌に掲載された「中邑みつのり」さんの漫画だ。 映画『地球が静止する日』の取材で俳優キアヌ・リーブスにインタビューした体験が描かれているが、なんともリアルな描写だ。 本当に起きたことが、そのまま描かれているのだ。 Advertisements

セレブの小部屋

恋するキアヌ・リーブスに恋したワタシ

ムラムラと、私の内から何かが生まれてる。これって、もしや恋? 恋の始まりみたいな気分がゆらゆら大きくなっていく。 ことの始まりは、ダイアン・キートン演じるバツイチの年配女性が、ジャック・ニコルソンとキアヌ・リーブスというスゴイ組み合わせの二人相手に恋を展開する映画を観たこと。 この全米12月12日に封切りになる新作『Something’s Gotta Give』で、うんと年上のオバサマに恋する30代の医者を演じたキアヌ・リーブスに、私は—恋してしまった。

セレブの小部屋

マトリックス旋風、キアヌ・リーヴスの稼ぎはどこへ吹かれ

「えっ、この人、なんでぇ・・・ マジ? 人に会いに来てるのに、な、なぜ? こんなに汚いのぉ!」 それが、私のキアヌ・リーヴスの第一印象だった。 13年くらい前のことで、じつは私は彼の名前さえ覚えてなかった。 映画『ビルとテッドの地獄旅行』の取材に、特別、何も期待せずに出向いたら、目の前に現れたテッド役の彼の姿に唖然となったのだ。 キアヌという名前と一緒に、しっかりと彼の印象は私の脳裏に焼きついた。

映画

がーん、カッコよすぎるぜ!『マトリックス・リローデッド』

ざーん! 「マトリックス・リローデッド」がついに全米公開、週末に699万1010ドルの売上げを記録した。
さっそく行ってきましたよ、2時間ならびで!
いやあ、ウォシャウスキー兄弟、やってくれますね。
あれだけマネッこ映画が作られたにもかかわらず、やはり本家本元は違うね。
ちくしょう、カッコよすぎるぜ!