photo by Eri Kurobe

 

錦織圭選手の記者会見がニューヨーク、キタノ・ホテルでありました。

2年ぶりにUSオープンに戻ってきた錦織選手が、今回の大会にかける意気込みを語りました。

]

初めてナマの錦織選手を見ましたが、背が高くて陽に焼けていて、カッコいいというのが、第一印象。一般人と比べると、やはり断トツに大きいですね!

USオープンに戻って来られて嬉しいです」

という錦織選手。

「まだ安定感がないので、アップダウンがあるが、よい練習ができて、感覚が戻りつつあるので、主導権を取り、自分らしい攻めるスタイルのテニスをしていきたい」

と語りました。

最後まで強い気持ちで臨みたいといいます。

パリやニューヨークではオフの時間にショッピングにも出かけるので、ニューヨークだからといって、周りの騒がしさに惑わされることはないそうです。

今年は最初に錦織選手がUSオープンに出てから、ちょうど10年目。

「30歳になるのはひとつの区切り。30歳になるまでに大きな大会で優勝したい

という錦織選手。

photo by Eri Kurobe

飾らない喋り方で、どんな質問にも答える姿勢が、誠実そうな人だなあ、という印象でした。

そして食べたいものは何かという質問には、

「ココいちの10倍カレーをトレーナーが食べたといっていたので、どんなものなのか興味あります」

とのこと。

ぜひとも試合に勝ち進んでいっていただきたいものです!

photo by Eri Kurobe