まずはロックフェラーのジャイアントツリー

ハリケーン・サンディーにも耐えて、ニュージャージーからやってきました。
後ろのビルの窓を数えると、えっ?10階まで?

振り向くと向かいはデパートのサックス・フィフス・アベニュー

ビル全体をスクリーンにして3Dのライトショーです。

そして、一階のショーウインドウ

毎年、見物の長ーい列ができます。

こちらはお店を丸ごとギフトラップしたカルチェ

ハリー・ウインストンはビルがかわいくキラキラ

光の滝のフェンディ

ハイセンスなデパート、ヘンリ・ベンデル

ブルックリン・ミュージアムのディアドラ・ローレンスが手がけたデザインでテーマはキャンディー・ガーメント。
直訳すると美味しい洋服だそうで。

高級デパート、バーグドルフ・グッドマン

古きミュージカルのワンシーンのような豪華さです。

光る蛇が絡み付いたブルガリ

ブルガリのシンボル、セルペンティ(蛇)を見て、「あー、来年の干支だなぁ」と思うのは私だけでしょうか?

57丁目といえば、ティファニー

小さなウインドウの中に細かくストーリーが語られています。
オッシャレー!!!

しめはスノーフレーク

5番街は、歩いているだけで、クラクラするくらい輝いています。