Author: Eri Kurobe

書くことが生きること。NY在住のマルチなクリエイティブティブライターです。もと少女小説家で、日本の女性ファッション誌や男性誌にトレンド情報を書き、さらにブックライター、コピーライター、エッセイ、小説まで幅広く書いています。たったひとつの特技が、書くこと。不得意なことは山ほどあり(汗)
映画

鬼才ギリアムのハリウッド型エンタメ『ブラザーズ・グリム』

鬼才テリー・ギリアム監督の新作は、あのグリム兄弟を主役にしたアクション冒険活劇。
ギリアム・ファンの私としては待ちわびた映画です。
観ないでどうする!

Advertisements
映画

がーん、カッコよすぎるぜ!『マトリックス・リローデッド』

ざーん! 「マトリックス・リローデッド」がついに全米公開、週末に699万1010ドルの売上げを記録した。
さっそく行ってきましたよ、2時間ならびで!
いやあ、ウォシャウスキー兄弟、やってくれますね。
あれだけマネッこ映画が作られたにもかかわらず、やはり本家本元は違うね。
ちくしょう、カッコよすぎるぜ!

映画

女の子が元気になれるハッピームービー『ベッカムに恋して』

インド人の友人たちが満場一致で、おもしろいと勧めた映画が、この「Bend it like Beckham」(邦題:ベッカムに恋して)である。

そういわれて「踊るマハラジャ」みたいなもんかと思ったのだが、さにあらず。
イギリスに住むインド系の少女が、親の目を盗んで女子サッカーチームに入り、活躍するというもの。
イギリスで大ヒットをとったこのコメディは、ご存じのように日本でも公開され、ニューヨークでも息の長いヒットを続けている。

映画

デブでハゲのニコラス・ケイジ責め『アダプテーション』

世の中にはたいへんポピュラーな食べ物だが、どうも自分的にはおいしくないという代物がある。私にとってのそれはモロキュウだ。キュウリが嫌いな私にとっては、モロキュウのうまさ、深淵さ、味わい、というものが理解できないのである。なんであんなものを食べたがるのか、さっぱりわからない。役者でいうと、それに当たるのがニコラス・ケイジなのである。