エンタメの総て ブロードウェイ&シアター 音楽 This is New York!

メトロポリタン・オペラ2018-2019シーズン、9月24日に『サムソンとデリラ』で開幕!

豪華絢爛なオープニング・ガラで有名なMETオペラの新シーズン!

メトロポリタン・オペラの新シーズンがいよいよ開幕する。

今シーズンは9月24日の豪華絢爛なオープニングガラから始まり、全26プログラムを上演した後、2019年5月11日に最終日を迎える。

注目作は、オープニングを飾るサン=サーンス作曲『サムソンとデリラ』の新プロダクションや、昨年ロンドンでワールドプレミヤを迎えたニコ・ミューリー作曲『マーニー』のMET初演、ヴェルディ作曲『椿姫』やチレア作曲『アドリアーナ・ルクヴルール』の新プロダクション、ワーグナー作曲『ニーベルングの指環』全4作の上演などがある。

また、プラシド・ドミンゴが、プッチーニ作曲の三部作『ジャンニ・スキッキ』でタイトルロールのコミカルな役を演じるのも楽しみのひとつ。

ドミンゴは1968年に『アドリアーナ・ルクヴルール』でMETデビューし、今年がちょうど50周年に当たる。2019年4月28日にはスペシャルガラコンサートも予定されている。

2018-2019シーズンのラインナップは以下の通り。

『アドリアーナ・ルクヴルール』『アイーダ』『ラ・ボエーム』『カルメン』『皇帝ティートの慈悲』『カルメル会修道女の対話』『ドン・ジョヴァンニ』『ファルスタッフ』『西部の娘』『連隊の娘』『神々の黄昏』『イオランタ/青ひげ公の城』『魔笛』『マーニー』『メフィストフェレス』『オテロ』『真珠とり』『ぺレアスとメリザンド』『ラインの黄金』『リゴレット』『サムソンとデリラ』『ジークフリート』『トスカ』『椿姫』『プッチーニ三部作(外套、修道女アンジェリーカ、ジャンニ・スキッキ)』『ワルキューレ』

以下、今シーズンの注目作をざっと紹介しよう。

サン=サーンス作曲『サムソンとデリラ』新プロダクション

Samson_Dalila_1
Elīna Garanča as Dalila and Roberto Alagna as Samson in Saint-Saëns’ “Samson et Dalila.”
Photo: Vincent Peters / Met Opera

今シーズンのMETは、サン=サーンス作曲『サムソンとデリラ』の新プロダクションで開幕する。

2014年にブロードウェイミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』の演出でトニー賞を受賞したダルコ・トレズニヤックが手がける。

トレズニヤックはLAオペラではプラシド・ドミンゴ主演のヴェルディ作曲『マクベス』を含む数作の演出を担当したが、MET演出はこれが初めて。

『サムソンとデリラ』は旧約聖書時代のイスラエル、ガザを舞台に、ペリシテ人に支配されるヘブライ人の英雄サムソンと、サムソンを誘惑して復讐を狙う美女デリラの物語。

主演のサムソンはテノールのロベルト・アラーニャが、デリラはメゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャが演じる。

この二人は2009年に新プロダクションが披露された『カルメン』で人々に大衝撃を与えて絶賛されたコンビなだけに、素晴らしい舞台が期待される。

Samson et Dalila 

作曲:サン=サーンス
指揮:マーク・エルダー
演出:ダルコ・トレズニヤック
出演:ロベルト・アラーニャ(テノール)、エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ)
期間:9月24日〜3月28日

ニコ・ミューリー作曲『マーニー』MET初演

Marnie_1
Isabel Leonard and Christopher Maltman star in Nico Muhly’s “Marnie” at the Metropolitan Opera.
Photo: Vincent Peters / Met Opera

『マーニー』はアルフレッド・ヒッチコックが映画化したことでも知られるウィンストン・グレアムのサイコサスペンス小説。それをロンドンのイングリッシュ・ナショナル・オペラ(ENO)とMETが共同で鬼才の作曲家ニコ・ミューリーに委嘱、オペラ化した。

昨年ENOでワールドプレミアを迎え、METではこれが初演。

演出はブロードウェイミュージカル『Spring Awakening』で2007年のトニー賞を受賞した演出家のマイケル・メイヤー。メイヤーは2012年に『リゴレット』の演出でMET演出デビューを果たしている。

物語は20世紀半ばのアメリカを舞台に、盗癖のある謎の美女マーニーと、彼女の盗みを知りそれを種に結婚を強要する男マークを追ったサスペンスもの。

この異色作をイザベル・レナードとクリストファー・モルトマンが演じる。

Marnie
作曲:ニコ・ミューリー
指揮:ロバート・スパーノ
演出:マイケル・メイヤー
出演:イザベル・レナード(メゾ・ソプラノ)、クリストファー・モルトマン(バリトン)
期間:10月19日〜11月10日

ヴェルディ作曲『椿姫』新プロダクション

MET-Opera-La-Traviata
Juan Diego Flórez sings Alfredo and Diana Damrau sings Violetta
in the new production of Verdi’s “La Traviata.”
Photo: Vincent Peters / Met Opera

今シーズン、ジュゼッペ・ヴェルディ作曲の人気作『椿姫(La Traviata)』が待望の新プロダクションとなる。

プレミアは12月4日で、演出は前述のマイケル・メイヤー。舞台をきらびやかな18世紀に設定し、四季折々の美しさを見せる。

指揮はヤニック・ネゼ=セガン。

貴族の愛人として暮らすヒロイン、ヴィオレッタをディアナ・ダムラウが、そのヴィオレッタに恋をする若き青年アルフレッドをファン・ディエゴ・フローレスが演じる。

La Traviata

作曲:ヴェルディ
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
演出:マイケル・メイヤー
出演:ディアナ・ダムラウ(ソプラノ)、フアン・ディエゴ・フローレス(テノール)、クイン・ケルシー(バリトン)
期間:12月4日〜4月27日

チレア作曲『アドリアーナ・ルクヴルール』新プロダクション

AdrianaLecouvreur_1
Anna Netrebko as Adriana and Piotr Beczała as Maurizio in Cilea’s “Adriana Lecouvreur.”
Photo: Vincent Peters / Met Opera

12月31日、ニューイヤーズ・イヴの演目はフランチェスコ・チレア作曲の『アドリアーナ・ルクヴルール』。こちらも新プロダクションだ。

舞台上でも実生活でも熱烈な恋に生きた実在の18世紀のフランスの女優、アドリアーナ・ルクヴルールを描いた作品で、これまでにレナータ・テバルディ、モンセラート・カバリエ、レナータ・スコットなどの伝説のディーバ達がが演じてきた役。

今シーズンはMETでは初演となるアンナ・ネトレプコが演じる。恋人役はピョートル・ベチャワ。

Adriana Lecouvreur

作曲:チレア
指揮:ジャナンドレア・ノセダ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
出演:アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)、ピョートル・ベチャワ(テノール)
期間:12月31日〜1月26日

The Metropolitan Opera

BOX OFFICE
30 Lincoln Center Plaza
North end of the front lobby
Monday – Saturday: 10 am – 8 pm
Sunday: Noon – 6 pm
www.metoperafamily.org

Featured Photo: The Metropolitan Opera House, exterior at night.
Photo: Jonathan Tichler/Metropolitan Opera

Advertisements

0 comments on “メトロポリタン・オペラ2018-2019シーズン、9月24日に『サムソンとデリラ』で開幕!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: