ヒトコのいばら径 海外子育て

今年もあっという間に過ぎた夏

暑かったですね〜、今年の夏!

暑かったですね〜、今年の夏!

というか、まだまだアメリカ東海岸も残暑は続いています。

日本から帰って来て、ようやく普段の生活のリズムを取り戻したところです、多分。

子どもたちの学校がもうすぐ始まるので、今は「back to school」で保護者のお知らせやらボランティアのことやらクラブ活動のトライアウトやらなどなどでバタバタと慌ただしい毎日。

IMG_0748

高校最後のシニアイヤーを迎える次男(写真左)は、相変わらずマイペースにフットボールの朝練と地元の州立大学(UNC チャペルヒル 校)のどこかのラボでインターンにと張り切ってる様子。

ここだけで言っちゃうと数ヶ月前のジュニアプロムの時はラブラブだったガールフレンドとは別れたようで、デートの時間がない分、やや時間には余裕ができた感じ。近くにいるとむさ苦しい感じはするけど、なんだかすっかりと頼もしくなったバディたちとつるんで釣りに行ったりしています。

o0700093214243744229この夏中学校を卒業した長女(写真右)は既に高校生としてこの夏休みは過ごしています。つまりボランティアを始めた、ということ。

地元の図書館や近所のモールでイベントのお手伝いで既に50時間働きました、偉い!

小学生低学年の時から通っているテコンドーの黒帯2段を取得したので、スクールではインストラクターとして仕事も始めた次第です。お金も稼ぐようになり、更に偉い!!

青春真っ只中。花の14才ですが、恋話の方は

「あまりにも too much drama で耐えられないから当分いいの!」

ということらしいですが、好きな人はいるようで、お姉さんのインスタによくアップされている意中の彼の写真を拡大しては、ぽーっとにやけていることが多いです。

3兄弟妹の中で一番手強いのが長女で、反抗期に突入した感もあり。

ずっと仲良しだったのに最近は全然私の言うことも聞かないし、ニューヨークにいるダディからの電話も取らないし、そのせいで私と元夫との間にはまた火花が散ってる状態。

アメリカ独特と言えば独特ですが、別れても家族として続く永遠のバトルなのでありました。

あー、これからまだまだもっと大変な時期が来るのかと思うとこの先が怖いです。

高校生が二人となると、家の中も相当うるさいし、なんでこんな時間に起きてるの?という時間まで起きていたりします。

ガタガタやっているとこっちまで眠れない。

しかも、私が朝早くに仕事でズームセッションなどをしていても、いきなり接続が悪くなったなと思ったら、ゲームとかしてるし。

なんでまた朝早くから起きてるの?
寝てなさいっつうの!

やりたいことに集中できず邪魔ばかりはいる、私の人生。

もうあと、2週間。
早く学校始まってくれないかなあー。

今年の夏は仕事が詰まっていたため日本帰郷のための休みがあまり取れず、7月に2週間ばかり東京へ帰りました。

日本の友人からは「ありえない!」と言われたけれどもやっぱり2週間じゃ短かすぎ。
本当にあっという間でしたね。

そのためにびっしりスケジュールを詰めていたら、途中で体調悪くなるし、やや焦りました。

やっぱりもう若くはないのね。

と思ったら

「あのね。それ、年齢関係ないって。そんなに朝から晩まで外出歩いていたら、若くても死ぬよ!この猛暑なんだからっ!」

と言われました。

そ、そうだったんだー。

毎年帰っていると言え、もう私が知ってる東京とは違うんだな、と痛感。
体も東京の気候になれてないし、気をつけないといけないらしいです。

皆様もお気をつけくださいね。

IMG_0513

半年ぶりに再会した長男は元気そうだし日本の生活にもすっかり慣れてきたようで、とりあえずは安心しました。

現在、大学1年生。

秋入学なので、もうすぐ2年生になるのかな。早いですね。

大学はとっても楽しいようで勉強も頑張っているらしい。

今回一番の変化は彼の日本語だと思いました。

「経済的には」とか「僕の母が」などと、今までだったら考えられない単語をぽんぽん並べていたので驚きました。

へぇー。
すごいね。

日本語も上達しているし基本的には大学に通うために日本に来たのだからね。

生活に馴染んでお友達もたくさん作って楽しい大学生活をしているのだったら、それで十分なのかもね。

他にも「やりたいこと(=モデル業)がある」と言っていた以上、そちらの方はどうなのよ?

と、親的にはまだ危なっかしくてもどかしい部分も多く、突きたくなるのだけれど。

こればっかりは、周りの大人は、ぐっとこらえて大きな温かい目で見守ってあげるべきなのでしょう。親は特に。

あー、でもそれが一番のストレスなんだけどねっ。

大人しく親の言うことを聞いていた小さい頃が懐かしいっ!

ビジネス・ファッション・音楽・心理学などに興味があって、将来どういう方面へ進むか、現在も試行錯誤中。

「僕は東京に来て、自分探しをしているんだよ」

と言うことらしいです。w ま、頑張って。
 

IMG_0637
我が家のもう一人のメンバー、イングリッシュコッカースパニエルのゴールディー

 
ゴールディーはうちで一番の高齢者。w 2番目に高齢の母と毎日2回お散歩に行っています。

あっという間に過ぎてしまった日本滞在だったけど、何よりも母に会えたことがとっても嬉しかったです。

アメリカに渡った26年前は、まさか高齢になって弱っていく親のことをどうするか?などと考える時が来るだろうとは思っても見ませんでしたから、なんとも微妙です。
 

母と私
私にとって太陽のような存在だった母を今度は私が守る番。
とはわかっていても、まだまだそれができていません。
いつもありがとう!と言うのが精一杯。

 
また来年ね。

そうみんなとも約束して帰って来たのだけれど、本当にまた来年も帰国できるようにまた今から頑張らないといけないと思ってます。

きょえーん。

そう心に誓ったと思ったら、いきなり自宅のキッチンで倒れて頭ぶつけるし、もー、たんこぶできちゃいました。マジで。

予約なしでも見てくれるアージェントケアには次男の運転する車で連れて行ってもらいましたが、書類も次男が全部書いてくれた上に「連絡先」の部分には自分の名前を書いてくれました。

くーっ😭

時差ボケや疲れが溜まっていたのかも、と言うことで、問題はなかったのですが、やっぱり来年は、もっと長く休みたいな!と思いました。(←そう言うオチかいな?)

次回は、日本で子どもたちと一緒に参加したイベントについて書きますね。

上山仁子その他のサイトHP子育てブログノースカロライナ&その近郊情報集
Advertisements

0 comments on “今年もあっという間に過ぎた夏

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: