アメリカングルメ NYトレンド通信 本音で突っ込んだ最新情報

美味しいロブスターの茹で方は!? 本場アメリカで、ロブスター茶漬け!

アメリカ東海岸で、夏の味覚といえば、ロブスター! 海水の冷たいアメリカの東海岸からカナダにかけてが、身の引き締まったロブスターの産地ですね。

アメリカ東海岸で、夏の味覚といえば、ロブスター!
海水の冷たいアメリカの東海岸からカナダにかけてが、身の引き締まったロブスターの産地ですね。

ちなみにフランス語では、オマール海老といいます。
よくフランス料理にある「オマール海老のうんちゃらかんちゃら」は、ロブちゃんのことです。

てことで、ロブスター祭、いってみましょー!

trend_lobster_2

料理人は、週刊NY生活編集長の三浦良一さんです。
ぱちぱちぱち。

NY情報を満載した週刊NY生活発行のために昼夜を問わず働く三浦編集長ですが、じつはお料理も得意。

trend_lobster_3

今回のロブちゃんですが、三浦さんがチャイナタウンで活きたものを購入してきて、アイスボックスで搬入してくれました。

今日のタスクは

7人分のディナーにするロブスターをどう用意するか?」

です。

まず気になる問題。
ロブスターは何分茹でるのがいいのか?

じゃーん、調べてみました!

ロブスターの本場、メイン集のサイトLobster from Maineによると、こうです。

メイン州の人がいうんだから、間違いない!
1パウンドは、453グラムです。

1パウンド     8分
1.25パウンド    9~10分
1.50パウンド    11~12分
1.75パウンド    12~13分
2.00パウンド    15分

これ以上の大きさのロブスターは大味で美味しくないので、推奨しません。
ロブちゃんは大きすぎないほうが美味しいですよ。

まず一匹まるごと入るサイズの鍋に、塩をひつかみいれ、ぐらぐらとお湯を沸騰させます。

—何分茹でるんですか?

10分ですね」

とのことで、生きているロブちゃんを入れて、すばやく蓋をします。
ロブ、ごめんよ!

なおスイスでは「甲殻類は失神させてから調理しなくてはならない」ことが義務づけられていますので、スイスではこの調理法はできません。

trend_lobster_4

今回の問題は、茹でるロブスターの個数が7つと多いこと。
まずいったん全員分を茹でて、山盛り待機させておきます。

どんどん積まれるロブスター山。

trend_lobster_5

茹でている間に、前菜用の大きなブラックタイガー海老に、串を打って、塩をふり、オーブンで焼きます。

trend_lobster_6

オーブンの音頭は、375度です。

trend_lobster_7

どどーん!
エビ山の出来あがり。

trend_lobster_8

まずはアペタイザーの蒸しハマグリ、グリルした大海老、ムール貝、サラダからいただきます。

trend_lobster_9

そしてロブスターは食べる直前に、ひとつずつ電子レンジで1分半ほど加熱。
これでアツアツが食べられます。

レストランではシーフードの盛り合わせとして、冷製で出てくることもありますが、わたしは、やはりアツアツが好き!

ポン酢とワサビでいただきます!

trend_lobster_10

おおー、身がぷりっぷりで美味しい!

アメリカのレストランでロブスターを食べると、茹ですぎてバサバサであることが多いのですが、今回は完璧な茹で方。
やはり茹で時間がカギですね。
美味しいですー!

そして身に詰まったミソや小さな肉は掻きだして集めましょう。
ポン酢に混ぜておきます。
そしてお茶碗にもったごはんにオン。

ロブスターお茶漬けの出番です。

trend_lobster_11

ここでは、ハマグリを茹でた汁を使ったので、より海の旨味が凝縮された味に。
うみゃ〜〜〜!

ロブスターのミソが濃厚でよい出汁になるので、ほうじ茶などでお茶漬けにしても充分美味しいはず。
日本人としては、これが最高ですね!

ぜひ夏の味覚をお楽しみ下さい!

 

Advertisements

書くことが生きること。NY在住のマルチなクリエイティブティブライターです。もと少女小説家で、日本の女性ファッション誌や男性誌にトレンド情報を書き、さらにブックライター、コピーライター、エッセイ、小説まで幅広く書いています。たったひとつの特技が、書くこと。不得意なことは山ほどあり(汗)

%d bloggers like this: