おひとりさまが行く!NYお気楽サバイバル日記 アート&デザイン

秋にマストゴー、紅葉と現代アートの融合、ディア・ビーコン(Dia Beacon)

マンハッタンから北に約100キロ、ハドソン川沿いのBeaconという小さな町にあるのがディア・ビーコン(Dia Beacon)。 2003年に現代アートの美術館としてオープン。

マンハッタンから北に約100キロ、ハドソン川沿いのBeaconという小さな町にあるのがディア・ビーコン(Dia Beacon)

1929年に建てられたナビスコの元パッケージ印刷工場を改装。

2003年に現代アートの美術館としてオープン。

工場だっただけに屋内はとにかくだだっ広い、天井も高い。
見よこの広さ!
そして窓も大きくて外光を存分に利用しています。

どでかーい空間に60年代以降の現代美術がドドーンと展示されています。
コンテンポラリーアートファンならよだれが出そうな大家の作品がアーティストごとに集積されております。
「現代美術ってよくわかんないよねー」という方には週末の無料ガイドツアーのお助けもあります。

圧倒の一部をご覧ください。

空間を贅沢に使ったアグネス・マーティンの作品。

街なかの美術館では1フロアでも展示しきれないようなマイケル・ハイザーの巨大アートと窓の外の紅葉。
無機質な作品と自然のコントラストって面白いんだ!と感心。
ディア・ビーコンならではの魅力なり。

まさにコンテンポラリーとガッテンしました、ジョン・チェンバレンの廃材アート。

ドナルド・ジャッドの大作は超豪華家具みたい。

リチャード・セラの巨大な鉄製ワーク、中は迷路のような胎内くぐりのような。
一体どこから作品を入れたのかしら?

あったぁ、日本のコンセプチュアル・アートを代表する河原温の日付絵画。

地下にはまるで光のパルテノン神殿のような、異次元に迷い込んだようなダン・フレイヴィンの蛍光灯インスタレーション。

屋外の見事な刈り込みもなななんとロバート・アーウィンの作品でござった。

ハドソン川沿いの小さな町ビーコンディア・ビーコンが開館したことでアートの街として様変わり、活気に溢れています。

おしゃれなブティックホテルやレストランもできていて、今人気のハドソンバレーのアートタウンが楽しい。

Dia:Beacon
3 Beekman Street
Beacon, New York

 

 

Advertisements

愛知県出身。名古屋でラジオレポーター、番組構成、イベント企画、CM制作など。91年、ニューヨークに移住。 日系出版社勤務を経て、キッズファッションにキャリアチェンジし奮闘中。 「一生に食べられる食事回数を考えると一食一食が粗末にできない」が信条。

0 comments on “秋にマストゴー、紅葉と現代アートの融合、ディア・ビーコン(Dia Beacon)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: