ニューヨークで学ぶ! NYでファッションデザイナーになる! パーソンズ奮戦記

第一回 「NYでファッションデザイナーになるにはどの学校に行けばいい?」

世界の中心にあるニューヨーク。 現在僕はマンハッタンにあるParsons(パーソンズ)という大学でデザイナーをめざしてファッションデザインを専攻しています。ここには世界中から夢を抱いた若者たちが集まってきています。

世界の中心にあるニューヨーク。

現在僕はマンハッタンにあるParsons(パーソンズ)という大学でデザイナーをめざしてファッションデザインを専攻しています。ここには世界中から夢を抱いた若者たちが集まってきています。

そのなかでどう一人前のデザイナーになっていくか。これからNYに留学してみたいと考えている人たちにむけて、日々奮闘している僕の生活から、生きた情報を発信したいと思っています。

そもそもなぜ僕がファッションデザインの勉強をしたいと思いたち、ニューヨークを選んだのか。
じつはこれには前職での経験が大きな影響を与えています。

タイムズスクエアのすぐ南に位置するパーソンズのキャンパスのひとつ。

僕は小さい頃からこの道を目指そうとしてきた生粋のファッション小僧ではありません。

前職では、主に日本の産業における色のトレンドを予測したり、市場で実際に売れている色を分析したりする専門職に就いていました。

ここでファッションや自動車、インテリアなど様々な業界のショー(東京コレクション、東京モーターショー)や各種展示会を取材していくうちに、トレンドが最も目覚ましく変化するファッション業界に興味を持つようになったのです。

とはいえ洋服を売ったこともなければファッションの勉強もしたことがない人間がそう易々とファッション業界に転職できるほど世の中は甘くありません。

そこで頭を切り替えました。小さい頃から物作りが好きだったこともあり、ちゃんとファッションデザインを勉強しよう、と。
それならば世界最高峰の学府で学びたい。そこで世界3大ファッション大学の一つから選ぶことにしました。

ファッションの世界では、セントマーチンズ(イギリス)、アントワープ王立芸術アカデミー(ベルギー)と並び、パーソンズは多くの有名なファッションデザイナーを輩出してきた名門校として有名です。

マンハッタンにあるパーソンズの校舎

では、その中でもなぜアメリカにある学校を選んだのか。
理由はプレゼンテーション能力が世界で最も高い国にあるからです。良いものを作っても自分の考えを文化的背景の異なる他人に共感してもらわなければ世界で活躍できません。

また同時に英語を習得することも目標でした。
なぜなら僕が将来思い描いているブランドの市場は「世界」だからです。

日本には、世界で最高の縫製技術を学ぶことができる文化服装学院という素晴らしい学校がありますが、「世界」により近いという理由から前述の3大学に絞りました。

もう一つの理由が、パリやミラノのコレクションとNYのそれとの動向を比較すると、若手デザイナーが次々にコレクションに参加しかつビジネス面でも成功しているのがNYコレクションだからです。

NYコレクションのランウェイ Rachel Comey 2013 Fall/Winter NYコレクションより

さらにパーソンズを選んだ理由が2年で卒業できるからです。この学校には4年制のBFAと合わせて2年制大学のAAS (Associate in Applied Science)という、卒業すると準学士という称号が与えられる学部があります。

後者は4年制の大学を卒業したことがある人のみが入学を許され、パーソンズでは一般教養科目の履修を免除されます。しかも必ずしも2年(4セメスター)をかけて卒業する必要はありません。

たとえばすでにカナダで芸術系大学を卒業している友人は最短の1年で卒業する許可をもらっています。
また日本の文系学部出身の友人は大学側の判断で3セメスターでの卒業を認めてもらっています。(この辺りの線引きは学校側が学生の入学応募書類をもとに判断しているようです)

このような理由から僕はパーソンズを選びました。

ユニオンスクエアのそばに建設中のパーソンズの新キャンパス

NYにはパーソンズと並びアメリカ国内で有名なファッション系大学、FITがあります。この両校にはどんな違いがあるのか、ざっくり特徴をAssociateのレベルで簡単に比較してみました。

【パーソンズ】

正式名称:Parson The New School for Design(私立)
学費(2013—14):$20,330(1セメスター当たり)※詳細はこちら

パーソンズ出身の著名なファッションデザイナーは、アナ・スイ、アレキサンダー・ワン、ダナ・キャラン、トム・フォード、マーク・ジェイコブス、ディーン・ケイティン&ダン・ケイティン(DSQUARED2)、ジャック・マッコロー&ラザロ・ヘルナンデス(Proenza Schouler)など。

【FIT】

正式名称:Fashion Institute of Technology(ニューヨーク州立)
学費(2013—14):$6,637.50(1セメスター当たり、州外居住者)※詳細はこちら

FIT出身の著名なファッションデザイナーはカルバン・クライン、キャロライン・ヘレナ、フランシスコ・コスタ、マイケル・コースなど。

NYコレクションにはトップデザイナーたちが参加。 Rachel Comey 2013 Fall/Winter NYコレクションより

比べればわかるように、州立大学であるFITの授業料は、私立大学であるパーソンズの半分以下です。

ずばりパーソンズは高い。その高さをおぎなっても、自分にとって得るものがあるかどうかです。
僕にとっては名門パーソンズで得られるコネクションや知己も大きな魅力でした。

学校のカラーにも違いがあって、NYではこの2校それぞれの得意分野から「デザインのパーソンズ」「技術のFIT」と形容されており、パーソンズはFITに比べると技術面よりもデザイン面の育成を重視していて、そこがFITよりも著名なデザイナーを多数輩出している要因のひとつだと思われます。

ちなみにデザイナーのなかには中退した人たちも少なくないですが、アメリカではビジネスで成功していることが大事なので、若いうちからビジネスに飛びこんで中退しているのはなんらマイナスになりません。

若手デザイナーたちの活躍が目立つNYのファッション業界。 J.Press York Street 2013 Fall/Winter コレクションより。

最後に学校選びの時に重要なのは「自分が何のために留学するのか」という目的を明確にしておくこと。
これが曖昧だと、ミスマッチな大学を選ぶことになりかねません。強い目的意識を持っていれば有意義な学生生活を過ごせるはずです。

次回はニューヨークの生活と学校生活について踏み込んでお話ししていきます!


パーソンズの出身者で、世界のトップデザイナーであるマーク・ジェイコブスの「Marc by Marc Jacobs 2013 Fall Collection」

Marc by Marc Jacobs 2013 Fall Collection


ブログ:Masa’s Eyes

Featured Photo Credit: CHRISTOPHER MACSURAK via photopin cc

Advertisements

2 comments on “第一回 「NYでファッションデザイナーになるにはどの学校に行けばいい?」

  1. Pingback: 流行りのファッション 通信! - 流行りのファッション!人気3ブランドの最新情報を発信するファッションサイト『maxsix gallery』がオープン – SOCCER KING

  2. Pingback: 新車情報! - 追突の琢磨に5戦猶予 – スポーツニッポン

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: