おひとりさまが行く!NYお気楽サバイバル日記

酸っぱ旨い!ルバーブ初挑戦

初夏のグリーンマーケットで人気の食材がルバーブ。 ひときわ「赤」が目立つスラーッとした蕗のような姿です。

初夏のグリーンマーケットで人気の食材がルバーブ。

ひときわ「赤」が目立つスラーッとした蕗のような姿です。
ちょっとかじってみると酸っぱい!

yvonne30_1

イチゴやリンゴと一緒に焼いた甘酸っぱいルバーブパイが、初夏のお菓子としてお店に並びます。

さーて、このルバーブ、パイを買って食べてはいたのですが、自分で調理した事はなかったのです。
一度は試してみたいと思っていたのですが、時期を逃しちゃったりしていたのですね。
やっとチャンスがやってきました。

一束4.50ドルとちょっとお値段は高かったですが、思い切って買ってみました。

パイ作りは得手でないので、ワタシ流にチャレンジです。

まずは、パイと同じ材料の小麦粉を使って、パンケーキはどうだろか?と作ってみました。

yvonne30_2

ホーロー鍋に、1センチくらいに切ったルバーブと砂糖、水少々を入れて火にかけると、2~3分で透き通ってきました。
ジャム状になっちゃう前に火を止めて、あら熱をとって、パンケーキ種にまぜました。

メープルシロップでマリネしておいたイチゴをトッピング。
見た目はちょっとお好み焼きみたいですが、パイとは違ってルバーブのシャキシャキした食感が新鮮で「これちょっといいかも・・・」でした。

グリーンマーケットで隣り合わせたお姉様が「チキンのソースにしても美味しいわよ」と教えてくださいました。

yvonne30_3

まずは塩こしょうをした鶏もも肉を両面カリカリに香ばしくソテー。
肉を取り出して、肉汁が残ったフライパンに刻んでおいたルバーブを炒め、メープルシロップとちょっぴりワインで味付け。

ルバーブはすぐに火が入って柔らかくなりますので、急いでチャツネ状になったところで火を止めました。
鶏肉にはたっぷりの黒こしょうがおススメです。
付け合わせには、ポテトグラタンを買ってきて添えてみました。

パリパリの鶏肉、甘酸っぱいルバーブチャツネ、グラタンのこってりがグッドコンビネーションでございました。

魚にも合いそうな気がしましたので、もう一品。
タイルフィッシュのルバーブソースです。

yvonne30_4

こちらのソースはルバーブに砂糖をまぶして水を少し加えて形がなくなるまで煮てトロトロのソースに。
すぐに火が入りますが、砂糖が入っているので常にかき回していないと焦げてしまいます。
せっせと木べらをグルグル。

魚はタイルフィッシュという甘鯛のような白身。
グリーンマーケットの魚屋のお兄ちゃんの「今日はタイルフィッシュがいいよ!」との一言に乗せられて買っておいたのです。

フライパンでワイン蒸し焼きにして、レストランのプレゼンテーションを真似て、ソースをひいた上にのせてみました。
ちょっと不格好になっちゃいましたが、淡白な魚とルバーブソースもいけますぜ。

ソースが残っているので、トーストに塗ったり、アイスクリームにかけても良さげです。

甘酸っぱーい初体験でございました。

Advertisements

愛知県出身。名古屋でラジオレポーター、番組構成、イベント企画、CM制作など。91年、ニューヨークに移住。 日系出版社勤務を経て、キッズファッションにキャリアチェンジし奮闘中。 「一生に食べられる食事回数を考えると一食一食が粗末にできない」が信条。

0 comments on “酸っぱ旨い!ルバーブ初挑戦

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: