ビューティー 好きな仕事をしてNYで生きる

当たって砕けろでNYにヘアサロンをオープンした3人組、Salon Shizen のKoshi、Yoko、Taiki

2nd Ave Lower East SideでサブウェイのFラインを降り、East Houston Streetと1st Aveの交差点を北上する。

2nd Ave Lower East SideでサブウェイのFラインを降り、East Houston Streetと1st Aveの交差点を北上する。

プロジェクトの大きな赤茶色の建物群を右手に見ながら6th Streetを東に入る。

Avenue Aを越え、ひたすら東に進んでAvenue Bも横断し、さらに東へ。
すると、黒いキャノピーの小さなサロンがひっそりと左手に現れる。

アルファベットシティに2005年11月にオープンしたヘアサロン、Salon Shizenだ。

ここを初めて訪れたのは6年近く前の真冬のこと。

2004年の頭にNYに引っ越して以来美容院難民となり、髪が伸びる度に母から「似てる」とからかわれた、京都今宮神社のやすらい祭りの「やすらいさん」になりそうだと恐れ始めていたちょうどその頃、偶然ネットで見つけたオープンして間もないヘアサロンだった。

真っ白い壁にはまるで映画「サウンド・オブ・ミュージック」の冒頭に登場しそうな山と湖の写真が転写されている。

うなぎの寝床のような店には4席しかない。

楕円形の鏡が据え付けられた壁は白く塗られたブリックで、天井は19世紀終わりから20世紀初頭に北米で流行した、白く塗装されたブリキの天井パネルだ。

迎えてくれたのはKoshiとYoko夫妻と、Koshiの弟のTaiki。皆ソフトで暖かみのある笑顔をしている。それがSalon Shizenの経営者達だった。

3人は、明らかに日本人ではない名前を持つわたしが日本語を話すと知るや胸を撫で下ろす。どうやら英語には全く自信が無いらしい。

しかし、そのたどたどしい英語とは対照的に、その技術と美的センスは確かなものだ。
髪が一房切り落とされるごとにわたしの不安も切り落とされて行く。

1時間後、今宮神社の「やすらいさん」からNYのイケてる女に変身したわたしは、1年ぶりに感じた幸せで胸がいっぱいだった。

そして「この3人はなぜ、どうやって、このNYにヘアサロンをオープンしたのだろう?」という疑問で頭がいっぱいになった。

その疑問に答えが得られたのは今年の夏のこと。

NYにSalon Shizenをオープンした2年半後の2008年6月に、この3人組が東京青山にオープンした2店目のヘアサロンTHE OVERSEA近くのカフェでのことだ。

KoshiとYoko

「NYが好きだったんですよ」

なぜNYを選んだのかという問いに、Koshiはシンプルにそう答えた。

「NYには好きなものが全部あったし。音楽もアートもファッションも、フィーリングが合うものが全て。
でも、好きだから旅行では行ってたけど、店を出すなんて全然予定してなかったんですが」

そんなKoshiがNYに店を出そうかと考え始めたきっかけが退職。

都内の大手サロンでディレクター、トップスタイリストとして活躍し、もうすぐ勤続10年になろうとする頃、サロンと自分の方向性にズレがあることに気付いたのだ。

「お店の作り方とか教育方針で、ちょっと違うなって思って」

退職は2004年9月だった。

それまで日本で自分の店を出すことも全く考えていなかったKoshiの頭に、「その時NYがちらついた」らしい。

一方、同じサロンに勤めていたYokoは「漠然と『海外に行きたいな、働きたいな』とずっと思っていた」という。

「その時一緒に住んでたんですが、Koshiが『辞めてきた』って現れてね。
何も決めてなかったし、『じゃあどうする?』ってなって。『(わたしの出身の)山形に店を出す? (Koshiの出身の)大阪にする? それとも東京にする?』と話していたんです。でも海外にはどっちにしても行きたかったし、『例えば東京で今お店を作ったとして、5年、10年後、歳をとった時に海外に行こうっていう気になると思う?』という話になって。
『だったら先にもう行っちゃったほうが良いんじゃない?』『じゃあ行こう!』って」

Yokoには「英語は話せないけど髪は切れるから海外でもいけるんじゃないか、というちょっとした希望」があったという。

その「海外」をNYに定めたのは「NYに居ると感じる人当たりの良さや、マイノリティを受け入れてくれそうな雰囲気」が大きいとKoshi。

東京の別のサロンで美容師をしていたTaikiもKoshi にNY行きを誘われて「もちろん乗る気満々」だった。

美容師になる前は違う職業に就いていたTaikiは、NY好きの兄に勧められ、美容学校に行く前にNYで1ヶ月を過ごしていた。母親や兄の職業である美容師に自分もなろうと決意させたのはNYでの1ヶ月でもある。

しかし、3人はNY行きを決意したものの、アメリカに移り住み、仕事をするために何が必要なのかはよくわからない。

手に取ったのは「地球の歩き方」だった。
11月のことだ。

Taiki

「それがほんとに頭の悪い話なんですよ!」

Koshiが話し始めると、当時を思い出したYokoが横でおかしそうに笑い、二人でお互いの話を補いながら楽しげに話し出す。

「『地球の歩き方』を見て大使館でビザが取れるんだってわかって、じゃあ大使館にビザの取り方を聞けばいいって手紙を出したんです。二人真剣にテーブルに座って、紙の切れっぱしに『アメリカで働くためにはどうすればいいですか? どうやったらアメリカで住めますか? 教えてください』って5行くらいにしかならない手紙を日本語で書いて。
『もうこれしかないよな』って投函したんですよ。そしたら大使館から『ビザをとるときはこれこれこういう手続きをしてください』って返事が来たんです。
それを見て『あ、そうなんだー』と思って(笑)
これはプロに相談した方がいいなってことで、もう一度『地球の歩き方』を見て、そこに載ってるニューヨークの日本人弁護士に国際電話をかけたんです」

しかし、アメリカで美容室を開きたいと相談を持ちかけても、「いったいどこから電話しているんですか?」という邪険な扱いを受けただけだった。

だが、何ごとにも「当たって砕けろ!」で取り組む三人組は、当たって砕けてもさらに次に当たりに行く。

「最初は『思い切って電話したのに』と随分落ち込んだけど、でも3人目の弁護士が親身になって僕らの話を聞いてくれて。
それで『うちはビザ取得が専門ではないから』と、信頼できる移民法専門の弁護士を紹介してくれました。この人に巡り会わなかったら今の自分たちは無かったかもしれません。
その弁護士にはNYに店をオープンするために必要な法律関係を全て依頼して、ビザはその方に紹介してもらった別の弁護士に依頼しました」

綿密なプランを国際電話で練った。

KoshiとTaikiの母親が長年ヘアサロンを経営しており、その子会社を新たにNYに作って従業員を派遣するのなら、Lビザ(駐在員ビザ)を申請できる。

「とんでもなく苦しんでやってもらわないと困る」と言われた膨大な書類を死にものぐるいのスピードで整えた。

KoshiとYokoは婚姻届を出し、最初の電話から約4ヶ月後の2005年2月、Koshiと TaikiがNYを訪れて弁護士と最終の打ち合わせをする。

3月、Yokoは10年勤めていたサロンを退職。

ビザインタビューは5月に決定した。
眠れない夜を過ごして英語の練習をする。

その甲斐があったのか、はたまたKoshiが生まれて初めて着た弟Taikiのお古スーツにご利益があったのか、面接は無事終了し、数週間後にまずKoshiとYokoにLビザが下りた。

弁護士も驚くほどの異例のスピードだった。

6月2日、Yokoの誕生日に二人はNYに降り立った。

Hair by Yoko, Koshi, and Hando, Make by Yoko, Photo by Kathy Lo

しかし、ここからが本当の始まりだ。
NYでの新生活はこれからで、まず店舗を探してヘアサロン営業の準備を整えねばならない。

KoshiとYokoが口を揃えて「もう二度と経験したくない」と呼ぶ店舗探しはかなり過酷だった。

「日系の不動産屋に依頼して連絡を待ちながら、クレイグズリスト、NYタイムズの日曜版、For Rent広告をチェックし、毎日朝から晩までFor Rentと出ているところをしらみつぶしに見て歩くんです。1ヶ月くらい毎日。物件を見つけたら、僕よりYokoのほうが英語ができるから『お前電話しろ』って電話させて(笑)」

「そうそう! 『ジャパニーズ、ヘアドレッサー』って言った途端ブチ!って切られるのを二百本くらいかけて。全て断られるから、もう胃が削れてしまいましたよ」

「それに僕たちお金を持って来ていたけど、それは店の軍資金だから使いたくないじゃないですか。
だから朝はスパム目玉焼きとご飯。昼食は抜きかピザ。それを毎日毎日」

「路地裏一本見逃さないって勢いで歩いて、靴擦れだけでなく、歩きすぎてヒールが折れてもKoshiは『おまえ、早く来い!』って待ってくれないから裸足で歩いて。それでも置いて行かれて。上から下まで、歩いてない通りは無いっていうくらい歩いて。
泣きながら歩いてたよね。」

Yokoがそう訴えてもKoshiは「それは覚えていない」という。
どうやらとぼけているわけでもなさそうだ。

そして色白のYokoが日焼けでコーヒー色になった頃、二人はクレイグズリストの情報で今の店と出会う。

「その頃の6th Streetはまだまだ疲れ切った雰囲気が漂っていたんだけど、なんだか光る一角があって」

とYokoが話す光りの源は、アート&カルチャーマガジン「The Journal」のギャラリーだった。

その日、The Journalはそこでフォトシューティングをしていた。
二人は近くの木陰からそれをこっそり見つめる。

「ここってひょっとしてクリエイティブじゃない? イケてるかも!」

後に深い縁を結ぶことにもなるThe Journalの存在が決め手の一つとなり、約1ヶ月余りの店舗探し地獄はAvenue BとCの間の六番街で終わりを告げる。

それからは毎日オープンに向けての準備だ。
遅れて日本から合流したTaikiは、その時アメリカ、NYの洗礼を受ける。

「知らない土地で三人で会社を興しても、英語も話せない。知り合いもいない。
そんな中でお店を作っているのに、中々工事が進まない。待ち合わせの時間に相手がこない。
必要な物があっても英語が話せないので何処に何があるのか分からない(笑)」

近所の子ども達が店に石を投げて悪戯するのを追い払いながら、できることは自分たちでやった。
壁や床も自分達で塗った。

予定どおり進まない工事に驚きながらも、2005年11月、Salon Shizenはようやくオープンした。

gogetter4_6
Hair by Yoko, Koshi, and Hando, Make by Yoko,
Photo by Kathy Lo

ところが、客が来ない。

「BGMをかけても仕方が無いっていうくらいお客さんが来なくて、外では雪がしんしんと降り、店の中では暖房の『シューッ』という音しか聞こえない状態でしたよ」

とYokoがその頃の様子を話すと、Koshiがお客さん第一号の話をする。

「知人の紹介でアメリカ人のお客さんが2人来てくれたんだけど、僕たち英語がまだ話せなくて、切ってる途中で突然『ノーッ!』って怒られて。コミュニケーションも取れず、プライドがずたボロになって、この先大丈夫かなと不安になりました。

今から思えば、日本人と違ってアメリカ人は、例えば”Shorter!”とか、はっきりどうして欲しいかを言うから、そういうものだったんだなと思う。
けど、その時は全くわからなかったからカルチャーショックでした」

日系新聞にオープンの告知をしてもらったり、企画を持ち込んでスタイリングのコツなどの連載記事を書かせてもらったりもした。

「毎日手が空いたら3人でミーティングして、どうしたらお客さんに店のことを知ってもらえるだろうととことん話し合ったけど、結局良い仕事をしてお客さんに気に入ってもらうこと、一人のお客さんに丁寧に接していくことで、紹介してもらうことにつながると信じてやるしかないよねと話していました」

とKoshi。

そうこうするある日。
突然ひっきりなしに電話がかかり始める。

「電話が来て、予約をとって、切ったらまた電話が鳴る。それが3度くらい続いて!」

Yokoがそう思い起こすのはオープンから1年が経過した頃だ。

「その頃お客さんの一人が『面白いことがあった』って話してくれたんですよ」

とKoshi。

「『わたしお茶やってるんですけど、お稽古の後に10人くらいの駐在員の奥さん達と食事をしていて、髪はどこでやってもらってる?って話になったんです。
わたしがShizenと言うと、『わたしもShizen』『わたしも!』って。結局全員がShizenだったってことがわかったの』って」

それが一度だけではなかった。「お茶」が「ジュエリー教室」や「学校」になり、たくさんのお客さんから似た話を聞くようになった。

Yokoはそれをウイルスに例える。

「例えは悪いけど、感覚的にはウイルスみたいなのがバババババーッと広がってきた感じ。まるでそのウイルスの潜伏期間が1年だったみたいに」

「正直な話、持って来たお金がもう無くて。残りは三十数万円、後1ヶ月分くらいしかない、お客さんが来なくてこのお金が無くなったら支払いもできなくて、僕らもう終わりだね、と話してる時期だった」

というKoshi。

Yokoは「こんな感じ」と言いながら、右手で下降する直線を描きつつ、左手で上昇する直線を描き、目の前でクロスさせて見せる。

日本から持って来たお金が減って行く線が底に達する前にお客さんが増え、なんとか首がつながる。

「いや、危なかったぁー。とんでもない感じでした」

その口調はまるでジェットコースターに乗ったよと話しているかのように明るく楽しげだ。

gogetter4_7
Hair by Yoko, Koshi, and Hando, Make by Yoko,
Photo by Kathy Lo

 

「でも僕たちは、日本人に愛される美容室をまず作って、日本の技術を世の中に送り出したいという信念を持っていた。まずNYの日本人に理解されようと思った。NYに居る日本人はすごい人ばかりでしょ?
学生だって何かを学びに外国まで来ている人たちだし。そういう人たちに理解してもらえる美容室を作ろうって。
NYでちゃんと生活している、ちゃんと働いている日本人達は、同じようにちゃんとしたアメリカ人達とつながっているはずだし、だからそういう日本人達でお店をいっぱいしたら、いずれもっとつながっていくと信じていたんです」

Koshiが淡々と語り始める。

「でもこの話をすると、NYに行く前も行った後も、笑われたり、バカにされたり、考え直せとも言われましたよ。
『NYの日本人はせいぜい6万人で、そのうちまともに働いてるのは3〜4万人くらいだ。たかだか4万人、日本の地方都市レベルを相手にしてビジネスなんか成り立たない。考え方を変えた方が良い』って。でも僕はそんな統計ではかれるようなもんじゃないと思ってたし、『じゃあその4万人がみんな来てくれたらいいじゃない』って思ってたし、数で勝負するんじゃないとも思ってた。もちろん日系のサロンの中には、日本人をターゲットにする必要は無い、アメリカ人のお客さんで潤っているっていうところもあると思う。

でも僕たちは、まず日本の人たちに理解されるというのを僕らの個性として守り抜かなくてはいけないと思ってた。
それを貫き通した、ぶれなかったっていうのが良い結果につながったと思っている。
それにぶれる余地がないくらい3人で話したしね(笑)」

「ほんと、お互いの表情だけで相手が何を考えているかわかるくらい(笑)。
離れていてもわかるくらい話し合ったよね。
朝も夜もヒマさえあればミーティング。というか、ヒマがあったからだけど」

とYokoが笑って続ける。

今やShizenを訪れる客は日本人だけに限らず、NY近郊の州から来る人だけでもない。

「フィラデルフィアとかテキサスから来てくれる人もいるし、グアテマラやブラジルから年に2回来てくれる人、カリブの島やポルトガル、イタリア、ドイツ、オランダからわざわざ来てくれる人もいるんですよ。
韓国の人たちや、The Journalの撮影で知り合ったアーティストの人たちも」

そう教えてくれたYokoはNYのアーティスト達の間で引っ張りだこのスタイリストとなった。

「結局はものの本質ですよね。僕らがやってるのはサロン。サロンというのは良い髪型と、良い時間をお客さんに提供するもの。
皆同じことを考えていると思うけど、僕らは僕らが考えているものをはっきりとお客さんに提供するのが重要なんじゃないかと思っている」

こう話すKoshiが次にお客さんに提供したものは東京の店だった。

gogetter4_8

「そう思ってオープンから2年、忙しくなって1年くらいがたったころです。
駐在の日本人はだいたい1、2年で日本に帰るじゃないですか。
そういう人たちに帰国後のヘアサロンとして先輩や知り合いの店を紹介してたんです。でもそうしているうちに、『本当はKoshiさんに切ってもらいたいんです』『Yokoさんに切ってもらいたいんです』という人が増えて来て、『あれ? この先この人たちに携われないのかな?』と思って。『もし東京にお店があったら、こういうお客さんたちに携われるよね』と安易に思ったのがきっかけ」

しかし店は安易にオープンできるものではないことくらい3人は百も承知だ。

「そうしたらまた地獄が始まったんですよ(笑)。やっと落ち着いたと思ったら! ぞっとしたよね(笑)」

Koshiの笑いにYokoが同じく笑って答える。

「『お前は馬車馬のように働けー』って言われて(笑) もちろん冗談だけど、たまに冗談じゃないんじゃないかと思うこともあって(笑)」

Koshiが東京で物件を探し、準備を整える間、ShizenはYokoとTaikiに任される。

馬車馬のように働いたYokoとTaikiの支えと、時差ぼけと疲労でタクシーの中で吐きながらも東京中を走り回ったKoshiの努力が実り、2008年6月1日、Taikiの誕生日に3人は青山にサロンTHE OVERSEAをオープンする。

gogetter4_9
Tin Ceilingとむき出しのレンガの壁、
Brooklynで見つけたという年代物の電球がNYらしい

店の名前は、Shizenのオープン以来フォトシューティングなどの仕事でもプライベートでも交流が深まったThe Journalの創設者で編集長のMichael Nevinがつけてくれた。

NYのSalon Shizenが海を渡って(oversea)日本に戻ってきたと言う意味と、親が子を見守る(over see)ようにという意味を込めて。

gogetter4_10
The JournalのMichael NevinとJulia Dippelhofer夫妻
Hair by Koshi, Photo by Maciek Kobielski

以来、KoshiとYokoは交替で東京とNYをほぼ一ヶ月ごとに行き来している。

Taikiは今やハサミを手にすることはなく、会社管理の一切を担っている。

「今は従業員も増えて益々会計やその他の仕事が重要になってきているのでやりがいを感じています」

というTaikiは、

「これからNY、東京で素晴らしい仲間とヘアーを通じて、NYと東京で他のヘアサロンがしていない事がもっともっと出来ればいい」

と言い、

「僕はそのみんなの大きな支えになるのが役目だ」

と言い切る。

Koshiが舵をとり、YokoがKoshiをサポートする。
Taikiはそんな二人を煩わしい業務からがっちりと守り、自由に活動させてやる。

3人は血縁や婚姻関係で結ばれた家族だが、それとは別のもので密接につながった「同士」でもあるのだ。

その3人が何か新しいことをする時は、全てがオーガニックに始まる。
フィーリングの合う写真家と「何か一緒に作ろう」と楽しく話していると、それが写真集となる。

現在までに、Tim Barberと”Mystic Heather & Virgin Snow”を、Kathy Loとは”Kiss”を作り上げた。

どちらもSalon Shizen & THE OVERSEAプロデュースだ。

gogetter4_11
Tim Barber, Hair by Koshi, Photo by Maciek Kobielski

そして来年はSalon Shizenを拡張移転し、3店舗目となる店を東京にオープンすることも考えているとか。

「でもあまり大きくするつもりは無いんです。
お金に流されたくないっていうのがNYに行ったきっかけだし。自分たちの頭の中で思い描く良いサロンを作り、良い撮影をして、少数精鋭でやりたいねと思ってる。ビジネスから見ると、僕たちのやりかたは多分うまくないように映るかもしれない。でもスタッフの顔を見ていると、自分たちだけが良ければ良い、金持ちになればよいとは全く思わなくて」

そう話すKoshiをYokoは「昔からやりたいと言ってることが全く変わってない」という。

「僕たちが自分たちの思うとおりやりたいように、従業員の好きにやらせてあげたいっていうのがある。独立してもいいし、一緒に働いてもいい。
僕たちに出会って素晴らしい人生だったと言って欲しいし、良い結果を得て欲しい。それに従業員の人生を背負ってるわけじゃないですか。
みんなが僕らを信頼してやってくれるんだから、みんなが納得できるような結果を残したいし、その責任もある。それに向かって頑張ってる感じ。それにスタッフは僕たちの財産だしね」

Koshiの思いはスタッフにもしっかり伝わっているようだ。

「スタッフ達も幸せだといってくれるんですよ。
昨日なんか一人からメールが来てましたよ。『今日は幸せな時でした。これから二人に一生ついていきます』って(笑)」

自分たちも幸せかと問うてみた。

すると、「いろいろな苦労のおかげで強くなれた気がする」というTaikiは

「今もまだまだ満足してないですが、NYと東京で自分たちのヘアサロンがあるということが一番の喜び」

だと答えた。

自分自身のことを「全く野心がなくて、スタイリングしていられればそれで幸せで、山形でも東京でもどこでも良かった」というYokoは、

「KoshiのおかげでNYに来られたし、たくさんのお客さんに喜んでもらえて素晴らしいアーティスト達とも仕事ができる。幸せですよ!」

とにっこりする。

そして「いつも前に進んで行きたい」というKoshiはこう答えた。

「え? 幸せですよ。でも同じこともう一度やれと言われたら、絶対に嫌だけど(笑)」

gogetter4_12
Hair by Yoko, Assistant by Nobukiyo, Photo by Tim Barber

Salon Shizen
627 East 6th Street (Between B & C Ave.)
NY, NY 10009phone: 212-777-2128
Mon & Wed-Sat 11:00am-8:30pm
Sun 11:00am-7:30pm
http://nyshizen.com/

THE OVERSEA
東京都港区南青山3-7-16 キラキラビルB1
phone: 03-6319-5066
平日11:00am-8:00pm
土日祝日 10:00am-7:00pm
火曜定休日(祝日の場合は営業)
http://www.theoversea.com/


“Kiss” by Salon Shizen x THE OVERSEA w/ Kathy Lo

Salon Shizen & THE OVERSEAがプロデュース、自社出版した初の写真集(初回150部限定)

フォトグラファー: Kathy Lo
デザイナー:Fairchild Fries
キャスティング:Douglas Perrett (COACD)
モデル:Ashley Smith, Aris Sayd, Erik Johnson
ヘア&メイク:Yoko, Koshi, Hando
http://nyshizen.com/kiss.html


東京晩餐会
THE OVERSEAも参加する、ファッションから生まれるストリート、ハイファッションという枠を超えて攻め続けるアーティスト達による作品を東京から発信するプロジェクト。

Salon Shizen & THE OVERSEAプロデュース本の第2弾となる、Julia Hale Burlinghamとのコラボ作品からもフォトピースが展示される予定。
2011.10.17-10.19 at TABLOID
2011.10.17. 19:00- RECEPTION PARTY
http://tokyovansankai.com

Sooim Kimのエンタメ記事が読めるサイト Hedgehog Note
Advertisements

0 comments on “当たって砕けろでNYにヘアサロンをオープンした3人組、Salon Shizen のKoshi、Yoko、Taiki

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: