好きな仕事をしてNYで生きる

NYからモードなブランドを発信する e.y.wada 和田修治さん(デザイナー)

「とにかくNYに憧れていたんです。 NYで自分のブランドを立ちあげたかった」 そう語るのは、e.y.wada のデザイナーである和田修治さん。

「準備が整うのを待っては始まらない。
やろうと思った時こそ、準備ができた時」

岐阜からいきなりNYに留学を

 

「とにかくNYに憧れていたんです。
NYで自分のブランドを立ちあげたかった」

そう語るのは、e.y.wada のデザイナーである和田修治さん。

e.y.wadaはNYを拠点にする日本人の和田修治さんと韓国人のウニョン・ソンさんによるモード系ブランドで、06年にローンチ。

NYファッションウィークでのランウェイデビューもはたしている新鋭のブランドだ。

getter01_1
デザイナーの和田修治さんとウニョン・ソンさん

今の時代コム・デ・ギャルソンやヨージ・ヤマモトなど、日本発のブランドが海外で人気を博すことはめずらしくない。

けれどもNYを拠点に、日本人がブランドを立ちあげて、ランウェイデビューをしているケースはまだほとんどないのだ。

それをみごとにやってのけた和田さん。
だが、その素顔は少しも気負ったところのない、ナチュラルな雰囲気をまとう青年だ。

和田さんは岐阜出身。
繊維産業の盛んな岐阜で、実家が縫製工場を営んでいたことから、早くからファッションに目覚めたという。

名古屋モード学園を卒業したあとは4年間岐阜でパタンナーとして働き、そして渡米。

getter01_2
生地サンプルが所狭しとピン留めされたアトリエ

それにしても岐阜からいきなりNYとは、ずいぶんまた大胆な。

「ふつうなら東京に出ますよね(笑)
でもぼくはNYに憧れていたんです。
当時はNYファッションがメディアでもてはやされていた頃で、とにかく憧れて行ってみたかった」

渡米は2001年9月2日。
なんとその直後に9.11の同時多発テロが起きたというタイミングだった。

「あと少し来るのが遅れていたら、留学すらできなかったかもしれない。
今にして思えば、911前に渡米できてよかったです」

 

マーク・ジェイコブスの姿勢に学ぶ

語学学校はインターンシップのあるところを、あらかじめ日本で選んできて入学した。
そして学校に通いながら、ジル・スチュワートでパタンナーとしてのインターンを開始。

その腕を見込まれて、小さなアパレル会社でパタンナーとして雇われることになり、2年後にH-1(就労)ビザをゲット。

ここで注釈をつけくわえると、NYで就労ビザを手に入れるのはそれほど簡単なことではない。
ことに語学学校の学生ビザから就労ビザに切り替えられることは少ないので、ラッキーなケースといえる。

「日本で経験を四年間しっかり積んでいたのが役にたちました。
日本でのパタンナーのスキルは非常に高いんだと、アメリカに来て初めてわかりましたね。
日本人のパタンナーはアメリカではとても重宝がられるんですよ」

実際にNYではパタンナーとして働いている日本人はかなり存在する。ことばの壁がある海外で、手に技術があることは大きな強みだ。

getter01_3
2010春夏コレクション ビスチェとボウモチーフのパンツ

そしてビザを取得してから、フリーランスのパタンナーとして独立。

「自分でブランドを立ちあげるのが夢でした。
とにかくなんとしても立ちあげたかった。
そのためにもブランドを立ちあげる前に、いろんなデザイナーの元で働いてみたいと思ったんです」

約3年間、マーク・ジェイコブス、ザック・ポーセン、リチャード・チャイといった有名デザイナーの元でパタンナーとして勤務した。

さてそんな和田さんの見た、有名デザイナーの素顔はどうだっただろう。

「マーク・ジェイコブスはカッコいいですねえ。
あんなに偉くなったら、自分でデザインしないんじゃないかと思うじゃないですか。
でも彼はスティッチの針目ひとつまで見るんですよ。
ひとり残って灯りの落ちたアトリエで、えんえんと考えこんでいたりする。
その姿勢に非常に学ぶところがありましたね」

いいデザイナーは縫製に対する知識も豊富だという。

「マーク・ジェイコブスは非常によくわかっていましたね。
パタンナーチームが悩んでいる時でも、こうすればいいんじゃないかと解決案を出してくる。
やはりいいデザイナーには、パターンメイキングや縫製の知識が不可欠です」

その期間に、デザイナーからの視点というのを学べたのがもっとも勉強になったという。

「デザイナーの意向をくむパタンナーという仕事は、控えめな日本人にむいていると思うんです。
でもデザイナーというのは、自分の世界をもって自己主張をしなくてはならない。 まず自分がなくちゃいけないんです。
NYのデザイナーたちはその自分の出し方がすごいんですよ。

デザイン画をデッサンして、実際に服に仕立てる時には、当然ながらできることとできないことがある。その時にデザイナーとして、なには妥協できて、なには譲れないか。

デザイナーたちが頑として譲らないポイントを見て、勉強になりました。第一線のデザイナーたちの仕事を目の当たりにして、デザイナーのあり方を学べたのが財産です」

 

最初の難関はショールームめぐり

和田さんとパートナーであるウニョンさんとは語学学校で知りあった。

ウニョンさんはDKNYでデザイナーとして働き、同じ夢を抱いていたことからパートナーシップを結成、デュオのデザイナーとして発足した。

男女のデュオというのは、NYのファッション業界でもめずらしいパターンだ。

「ぼくとウニョンとはお互いに足りないところを補足しあえる関係。

ウニョンがデザイナーとしてのセンスを持っていて、ぼくがパタンナーで型紙を作れることで、うまく歯車がまわっていると思います。

そして男女のペアということで、男視線と女視線からデザインを考えられるというのが、ぼくらの利点ですね」

getter01_4
ワンショルダーのワンピース

なにがなんでも自分のブランドを立ちあげるのが夢だった、という和田さん。
そのがむしゃらな思いで、自己資金を貯めてブランドをローンチするところまで漕ぎつけた。

ブランドをローンチするには、まずサンプルの服をワンシーズンのコレクション分制作する必要がある。

「サンプルはワンルックでだいたい1000ドルほど費用がかかります。
最初に30点ほどサンプルを制作しました」

和田さん自身がパターンを起こせること、そして実家が縫製工場であったことから縫製を依頼できたのが役だったという。

「サンプルを持ってショールームめぐりをしました。
ショールームをまわって置いてくれるところがあるか訪ねていったんですが、これは正直いってたいへんでしたね」

なかなか商品をあつかってくれるショールームが見つからない。
服をデザインして、服を形にするところまでなら、才能のあるひとなら手がけられることだろう。

けれども、どんなものでも作るよりも売ることのほうがむずかしい。
デザイナーにとっては卸してくれるショールームが見つかるか否かが死活問題だ。

何軒もショールームをまわっているうちに興味を示してくれたショールームと出会った。
SHOWROOM 7(ショールームセブン)
ここはNYでもエッジイでフレッシュなデザイナーをあつかうショールームとして名高い。

そして09年秋冬NYコレクションではランウェイデビュー。
NYコレクションに出れば、世界中にニュースが発信される。

おかげでアメリカのELLEやWWD 、NYLON、IN STYLEなどの雑誌、そして日本のシュプール、フィガロ、ハーパーズ・バザーなどの雑誌に取り上げられて、知名度も広まった。

「準備を整えているのを待っていると、いつまでもできないと思うんですよ。完璧に準備できるなんてことはないですから。
それよりも『やろう』と思った時こそ準備ができた時なんだって思います」

 

NYは若いデザイナーを受けいれる街

東京ではなくて、NYでブランドをたちあげた和田さん。
デザイナーとしてNYで勝負するメリットはなんだろうか。

「NYはヤングデザイナーでもビジネスがしやすいという土壌がありますね。
取引先も若いからといって見下すことがない。NYは実際にアレキサンダー・ワンみたいにどんどん若いデザイナーが出てきて成功する街じゃないですか。
だから生地問屋や工場でも若者を受けいれる姿勢があるんですよね。こいつは無名でも、ブレイクすることもあるかもしれないから相手にしておこうみたいな(笑)迎え入れてくれる感じがある。まだビジネスの実績がない若者でも、取引先が相手をしてくれる。
そこがニューヨークの魅力だと思う」

NYは新しいことに開かれている街だ。
見ず知らずの他人であっても、誰かが着ている服が気になれば、「それどこで買ったの?」と尋ねてくる。

ファッションも売れることを追求するから、NYファッションは経済の動きに敏感だし、メゾン中心のパリに比べてインディペンデントなデザイナーが出てきやすい。

新しさをつねに追いかけ、よそ者に対する垣根のない土壌が、若いデザイナーを生むエネルギーになっているのだろう。

getter01_5
ロングジャケットとジッパー付きショーツ

では、デザイナーになるために必要な条件とは、なんだろう?

「まずビジョンを持つこと。
自分の作りたいものを明確にわかっていることですね。
そしてクリエイションの芯がぶれないこと。バイヤーさんやショールーム、プレスのスタッフからはいろんな意見をいわれますし、ぼくらは他人のアドバイスをよく聴くほうだと思います。でも他人の意見を聞きすぎても、芯がぶれてしまう。
みんなの意見をまんべんなく取りいれて軸がぶれたら、結局は個性を失ってしまう。ぼくたちにとってはアップタウン×ダウンタウンというコンセプトを、ブランドの芯として、ここからしっかりと固めていくつもりです」

 
 

NYの空気感があるリアルクローズ

NYファッションの人気は、ランウェイの服がそのまま街でも着られるリアルクローズであることだ。

e.y.wadaの服づくりも、デザイナーズクローズとコンテンポラリーの中間をいくトレンド感が魅力になっている。

アップタウン×ダウンタウン、カジュアル×ドレッシー、フェミニン×マスキュリンといった相反するイメージをあわせもち、NYの気分をよく表している。

ジャケットで500ドルほど、ドレスで350ドルほどと値段的にもリーズナブルだが、細部やデザインの工夫にこだわりが光る。

生地もクオリティを妥協していないと、和田さんは胸をはる。

getter01_6
小花プリントのストラップドレス

NYファッション界では、新世代のアジア系デザイナーが次々と出ているが、その理由のひとつはアジア系の特徴ともいえる、現実に即した服作りと、細やかで丁寧な職人気質のせいだろう。

「なにより継続していくことがいちばん大切だと思います。
一回ではなにもわからない。
継続していくことで、少しずつよくなっていける。
まず継続していくことを目標にしたいですね」

アトリエでの撮影をしようとすると、写真は苦手だといって照れ笑いをする和田さんとウニョンさん。
二人からは誠実な人柄が伝わってくる。

NYのデザイナーにありがちなパーティ好きで目立ちたがりというタイプではなく、そこにあるのは堅実なもの作りの姿勢だった。

「日本人は自己主張が得意ではないですが、ぼくのように地道な人間でも、ちゃんとデザイナーとして成功できるんだというのを証明していきたいですね(笑)

控えめな日本人たちがデザイナーとして進出していける道を造りたいです」

もの作りに対するこだわりと、真摯な仕事。
NYの感性を発信する新進デザイナーとしてe.y.wadaの活躍を期待したい。

e.y.wada

e.y.wadaを販売しているマンハッタンの店舗
Beyond 7
住所:601 West27th Street New York ,NY 10001


この職業のマネー豆知識

デザイナーになるためには、NYではパーソンズ、FITという服飾専門学校が二大有名校として知られている。
この二校ではインターンシップの求人情報も多く、学生たちはいろんな会社にアプライしてインターン経験を積む。インターンシップは大学や専門学校で単位としても扱われる。
卒業後は一年間有効なOPTというビザが出されて一年間米国に滞在でき、仕事を探す猶予をもらえる。インターンでは給与が基本的に出ないので、生活費を前もって貯蓄しておくことを心がけたい。
この期間にデザイナーとして会社に採用されて、H-1ビザを発行してもらい、より高い給与の仕事にステップアップしていくのが、もっとも一般的なコース。服のサンプルを作るには、ワンルックで1000ドルほど制作費がかかる。
ワンシーズンのコレクションを作るのには、20~30体ほどのルックが必要となるから、ザッと必要経費は20000~30000ドルほど。
それに加えてオーダーが入った時に必要な制作費や、アトリエの家賃、次シーズンの制作費などを鑑みると、ブランドのローンチには50000ドルほどの資金があるのが望ましい。
デザイナーは自分のブランドのデザインを手がけるだけでなく、リテールや通販/量販会社などのためにノータグでデザインを請け負うこともある。

※e.y.wadaに関するお問い合わせ、インターンシップについてのお問い合わせについては、NYニッチは対応しておりませんので、info@eywada.comにお問い合わせ下さい。

黒部エリのホームページはこちら
ブログ「エリぞうのNY通信」はこちら
Advertisements

0 comments on “NYからモードなブランドを発信する e.y.wada 和田修治さん(デザイナー)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: