セレブ セレブの小部屋

いま気になる男〜女心をくすぐるサム・ロックウェル

いま、ちょっと気になる役者。

昨晩、彼に再会した夢を見た。

ヒットラーみたいなヒゲ顔の彼にびっくりしながら声をかけた。
「サム、また会ったわね!」
嬉しそうに大声をだしたのに、彼はやあ、やあ、と立ち去ってしまった。

私の夢判断によると、 この夢は……。

サム・ロックウェルには役者としての顔がありすぎて、私にはどれが本物か分からないでいる、ということ。
カメレオンのように変身できる彼は、まぬけな男だったり、セクシーな男になったり、ロックスターのようになったり、すごいワルになったりするからね。

そして思うほど彼は私のことを覚えてないんだから “のぼせるな”という教訓メッセージ、ともよんだ。

そうか。無意識は賢い。

でもサムのことを思い出すと、やっぱり嬉しくなってしまう私なのだ。

ずる賢いクセものをやらせると、もう最高のサム・ロックウェル。
実物は、まったくスターの匂いなしの良い人。

彼に初めて会ったときの印象は「セクシーな目つきだな」だった。

2回目に会ったインタビューの際には、あくびされそうになった。
でも「結婚しているの?」「何歳?」と 聞いてきて、
「そんな歳に見えない!」と大声で叫ばれ、上から下まで見つめられた。

(そのときのレポートはこちら

そしてその2年後、『銀河ヒッチハイク・ガイド』の合同記者会見で再会した。質問をすると

「あれ、君、見覚えがあるんだが……。ああ、以前、会ったね」
とサムは言った。

これは、珍しい。私を覚えていたなんて!!

取材相手に覚えられない、という特技を持つ私なのだ。何度会っても毎回新鮮。いつも「はじめまして」と、挨拶されてしまう私なのに。

この人、サムだけは覚えてくれていた。
まあ、何度も会ってからのことだけれど。

Copyright : Touchstone Pictures 『銀河ヒッチハイク・ガイド』で銀河の大統領を演じたサム・ロックウェルとモス・デフ

翌日のテレビ・インタビューで、またサムに会ったときには、

「ルックスがナイスだね」と、言ってくれた。

「ホットな赤、大好き」と、私の着ていたシャツを誉め、
「靴も見て。強烈だ!」と、下までチェック。

この人、女心わかってる。

ほめて、見てあげて、女性をきれいに感じさせてくれる男性。
こういう人はモテるんだよねー。ハンサムでなくても美女を連れ添うタイプ。

はああ。いいなあ。サムって。

実物の彼は自然な態度で、率直に話す。誰もが好感をもってしまう真面目さも素敵な彼。
そのうえ、インタビューが終わると

「君はラブリーだ。ありがとう」

と、何気なく、さらりと言える。

こんなこと普段、私は誰からも言われない。
だから気になっちゃうじゃない。また会ってみたくなるではないの。

ウフッ……。最近、仕事も楽しくなってきた。

©2005 Yuka Azuma

Advertisements

渡米は1982年。ロサンゼルスに13年在住後、ニューヨークへ。84年より映画記事を中心に雑誌等に寄稿。ハリウッド映画スターへのインタビュー歴は30年以上。訳書にマーク・デヴィッドジアク『刑事コロンボ』(角川書店)、同『刑事コロンボの秘密』(風雅書房)、フランク・サネロ『ジュリア・ロバーツ 恋する女神』(講談社)『ヴィダル・サスーン自伝』(髪書房)がある。

0 comments on “いま気になる男〜女心をくすぐるサム・ロックウェル

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: