ヒトコの小径

ポリティカリーコレクトで洋服も売れる?

私の本業はグラフィックデザインだが、2年前から、サイドで、日本のアパレル企業のデザイン顧問をするようになった。その仕事の関係で、最近、アメリカで注目を集め、売り上げもぐんぐん伸ばしているという『アメリカンアパレル』というメーカーのリサーチをした。

「ウエスターンカルチャーの伝統であり、自由の象徴」であると謳われているTシャツがメインのこのメーカー、調べている内に、かなり深い所にその企業ポリシーがあることがわかり、アメリカらしいなあ、と感心した。

『アメリカンアパレル』は、アメリカでも問題になっている「チープレイバー」に抵抗するところから始まった、業界では珍しいブランドだ。

働かなくてはならない貧しい家(国)の子どもを雇ったり、人権費の安い東南アジアでの生産を拒みつつ、ロスの工場で全てをまかなっている。「Made in USA」を誇る一方、コストを上げないで顧客にクオリティの高い製品を提供する、というチャレンジに臨んでいるのだそうだ。

ストアーに行ってみたが、ディスプレイはきれいにまとまっており、商品は非常にシンプルだが、流行りの店らしい斬新さが漂っていた。

サンプルとして買ってきた品物を見て、夫は「これ、素晴しい!このストアーどこで見つけたの?」と感動し、興味を示している模様。 それもそのはず、商品タグには、一々そのような企業ポリシーが示されており「全社員には、最低時給13ドルを保証し、健康保険額もきちんと支払っています」などとも印刷されているのだ(アメリカでは、健康保険に加入していない人が多く、これもまた問題化されている)。 夫は、絶対にこういうのが好きだろうなあ、と思ったらまさにぴったしカンカンだったわけだ。

一昔前の『ボディショップ』が、アニマルテストを一切行っておりません、と言って出てきたのと同じようなノリだなあ。あの時も、かなり衝撃的だと思ったが、妙にこのポリティカリーコレクトなメーカーの在り方に感心した次第である。

日本にも既に進出しているそうだが、宣伝文句としては「米国産製コットン100%」というのがやっとといったところのようだった。どうも本来のメッセージは、アメリカの政治的要素が強すぎて、日本人には伝わらない気がするが、この企業の日本での進展が注目される、と思った。

アメリカンアパレル企業サイト:http://www.americanapparel.net/
オンラインストアーは、こちら。http://www.americanapparelstore.com/

上山仁子その他のサイト・HP子育てブログ
Advertisements

ニューヨーク在住15年を経て2007年12月よりノースカロライナ州へ生活の拠点を移したグラフィックデザイナー兼ライター。英語学習・ティーン向け・女性のためのコーチングも行っている。

0 comments on “ポリティカリーコレクトで洋服も売れる?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: