セレブの小部屋

ジェシカ・アルバが教えてくれた友情哲学

この娘、会う前から好きだった。 全米テレビ・シリーズ『ダーク・エンジェル』で主演デビューした彼女のこと。 セクシーで、可愛くて、ちょっとばかし私のイトコの舞ちゃんに似ているところが、大好きだった。 で、当のジェシカ・アルバに会ってみると……。

この娘、会う前から好きだった。
全米テレビ・シリーズ『ダーク・エンジェル』で主演デビューした彼女のこと。
セクシーで、可愛くて、ちょっとばかし私のイトコの舞ちゃんに似ているところが、大好きだった。

で、当のジェシカ・アルバに会ってみると……。

なんか実際はピチピチしすぎているオンナの子だなあ。
若いエネルギーが率直に発散されていて、ちょっとついていけない感じもするぞぉ。

と、勝手に、ジェシカへのイメージを脳が整理しようと働き始めたとき、彼女は語った。

「女性に必要なのは、良い女友達なのよ」

その言い方には心がこもっていた。

「私は転校ばかりしていたから友達を作るのがヘタだった。9校もの違う小学校に通ったのよ。
大きくなって友達と絆を結べてからは、その大切さを痛感してる」

(C) Universal Studios 『フラッシュ・ダンス』のヒップホップ版みたいな映画『ハニー』に主演のジェシカ・アルバ

初の主演映画『ハニー』を見たら、彼女は黒人かな、と思ってしまう。
でも白人にも見えるし、ヒスパニックにも見える。
エキゾチックな顔だなあと、その魅惑的な容姿に見入りながら、質問を続けてみた。

「真の友達」ってのは、どういう人?
そんな何気ない質問に返された彼女の答に、私はあぜんとなった。
はっきりと彼女は言い切った。

「良い友達っていうのは、批判的にならないで理解してくれる人。
まちがいを起こしても自由にさせてくれる人。
変化しても、成長しても、まちがいを犯しても、それを許してくれる人」

この言葉にガーンときたのだ。

ふと私は、ある親友のことを思った。

ティーンの頃からの友人で、家族みたいな存在だった。
誕生日やバレンタインデーやクリスマスには必ず、心のこもったプレゼントを心のこもった方法で贈ってくれた親友。
「姉妹みたいに似てる」とか言われながら、二人でよくつるんでロスアンジェルスの街を徘徊したものだ。

でも私が結婚生活に落ち着き始めようとしたとき、彼女はダンナのまわりの男たちとデートし始めたのだ。
次から次へと狭い範囲で、ダンナの仕事仲間たちが彼女と情事を持っていったら……。
いったい、どうなっちゃうのよ!

恋愛にルールはない。
好きになった人が、好きな人なんだから。
相手が誰であろうと、人を好きになることは仕方ないことなのに、私は彼女を理解しなかった。

「手当たりしだいに熱くならないでよぉー!
いつまでもティーンエージャーみたいなんだから」
と、私は怒った。

もっと大人になってほしいと腹立たしく感じたのだ。
大切な友達だからこそ、スマートに行動してほしかった。

いま気がついたけど、私は批判的だったってことだ。
性格上、私が批判的になることなんて絶対ない、って思いこんでいるくせに。

男くせが悪いとか決めつけて、彼女に冷たく接してしまった恥ずかしい自分。
彼女の行動の裏に潜む、彼女のけなげな気持ちを理解してあげなきゃいけなかったのに。

「ダンナの回りには金持ちいないから、つき合うのはよしといたほうが良いわよ。あのコは可愛いけどねぇー」
と、彼女と一緒になって楽しく騒いであげればよかったのに。
なんで、それができなかったのだろう。
彼女の気持ちは純粋だってことは、私が一番よくわかっていたことなのに。

彼女はただスキャンダルな雰囲気のある女性なのだ。
彼女の側にいたら、いろいろなハプニングが起きるから面白いったらない。
それがまた彼女の魅力でもあるのだ。
そんな彼女はまったく変わる必要なんてなかったのに、
どうして私、彼女を変えようとしてしまったんだろう。

「私は彼女の良い友達じゃなかったな」

ジェシカ・アルバが定義する「良い友達」にそぐわなかった自分を反省しはじめた。

そういえば昔、私の家に居候中だった彼女は、朝帰りの言い訳として、私にこう言ったものだ。
「怒られるんじゃないかと思って怖くて、あなたに電話できなかったの」

笑っていたけれど、いま思えば、彼女は本気で私のことを怖がっていたのかもしれない。
それも、いまになって気づいたこと。
「もー、心配させてぇー!」と、私は彼女に恩を叩き売りしていたっけ。

大きな溝ができたように思う。
それは私のせいだ。
それは、ちょっと悔しいけど認めなきゃならないことだ。
その溝を埋めなきゃと思ってるし、そんなものは私たちの仲だからすぐに埋まるだろうとも思ってる。
遠くに住んでいる彼女がいま、すごく恋しいし、次に会ったときには彼女を抱きしめて謝りたい。

それにしても、こんな大切なことを、ふと私に気づかせたジェシカ・アルバ。

ただもんでは、ありませぬ。
ただの若娘ではなかったのだ。

こんなギャルからも学べるなんて、人生、やっぱり楽しい。

©2004 Yuka Azuma

Advertisements

渡米は1982年。ロサンゼルスに13年在住後、ニューヨークへ。84年より映画記事を中心に雑誌等に寄稿。ハリウッド映画スターへのインタビュー歴は30年以上。訳書にマーク・デヴィッドジアク『刑事コロンボ』(角川書店)、同『刑事コロンボの秘密』(風雅書房)、フランク・サネロ『ジュリア・ロバーツ 恋する女神』(講談社)『ヴィダル・サスーン自伝』(髪書房)がある。

0 comments on “ジェシカ・アルバが教えてくれた友情哲学

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: