ヒトコの小径

ヘルシーな生活

このところ、『Whole Foods』というスーパーマーケットでよく買い物をしている。チェルシーの私のオフィスのすぐ近くにあるので、平日仕事の帰りに一人でふらっと寄ったり、週末には家族でドライヴがてら車でロングアイランドのマンハッシドという所にある『Whole Foods』まで出かけるのだ。

『Whole Foods』を見つけて以来、私たち夫婦の間で食べ物に関する言い争いがなくなり、私は『Whole Foods』によって救われたような気がしている。たかがスーパーマーケットであるが、毎日の生活に欠かせないグローサリーに関するものだ。私たちにとってこのスーパーマーケットは、『Whole Foods』様様といった感じなのである。

夫は元ヴィーガンを誇るヴェジタリアンで(vegan=動物性のものは一切口にしないという極端なヴェジタリアン)、ヘルスコンシャスな上に、エコロジー関係にもかなりなこだわり派。詰まるところ、食べ物のことでいちいち政治やら思想やらを取り入れてしまうという、ややっこしい人なのだ。原料をチェックしてからでないと出されたものだって絶対に食べないという主義で、とても頭に来る奴でもある。

私は、何でもバランスよく食べるのがいいとされる日本人の基準から言うと、実は好き嫌いも多いが、基本的には「美味しかったら何でもいいじゃん」というあまり難しいことは考えない典型的タイプ。食べ物は人を幸せにしてくれるもんね。だから、例えばクジラでも子牛でも、ワニでも馬でも、美味しものならしょうがない、と可愛いものや絶滅寸前の動物を食べてしまっても罪の意識だって全然感じない。最近いろいろと問題になっている生鮮食品に関する衛生上のことについても、子供を育てる親の立場にいるが、全く気にならない。

そういう両極端な二人で、しかもお互いに頑固だったりするから、もめるはずである(この辺の話は、私たちの価値観の違いの問題になってきて、哲学的な話になってしまうので、機会があればまた今度)。

以前からオーガニック商品を扱うヘルスフードストアーは勿論たくさんあったが、それで簡単に丸く納まっていたわけではない。例えば、ダウンタウンのユニヴァーシティプレイスにある『Healthy Pleasures』。広いスペースで、新鮮なオーガニック野菜もたくさんあり、魚も肉も充実しているから嬉しい!と私が喜んでいたら、夫は「この店は何を考えているんだ!ヴェジタリアン向けにいろいろと商品はあるけれど、生の魚を水槽に入れて売り物にしているなんて、許せない。ヒトコ、僕はここではもう二度と買い物しない。マネージャーにも文句を言ってやる!」なんて夫は言い出すのである(イマイチわからない人に説明しますと、水槽に閉じ込めて誰かが買ってくれるのを待つという状態にさせるのは、魚があまりにも可哀相であり、そんなことをするのは、魚に対して失礼極まるのだそうです。でもここは、最近改装されて、夫いわくかなりよくなった、とのことです)。

彼が長年気に入って通い続けている、ウエストヴィレッジの『Life Thyme』というオーガニック専門店では、私が思うに回転率が悪い為か、野菜の鮮度が低い。肉や魚は売っていないし、商品の種類に限りがあったりして、私にとっては買いたいものがあまりなくて、つまらない。

結婚前に私がウエストヴィレッジに住んでいた頃は、よく二人で13丁目と7アヴェニューにある『Integral Yoga Natural Foods』に行ったものだ。当時のヘルスフードのお店としては、かなり人気があった所だけれど、あそこは隣にヨガ教室が付随していたりしてちょっと怪しげだった。

大体、私がそういうヘルスフードストアーの嫌いなところは、店の大部分にヴィタミン剤がずらーと並んでいて、アロマセラピーだかナチュラルヒーリングだか何だか知らないが、独特なお香の匂いが立ちこめられているところだ。ぷるぷる。ああ、やめて欲しい。

『Whole Foods』は、ヴィタミン剤も全然目立っていないし、お香の匂いもしない。オーガニックだからといって種類に限りがあるわけでもないし、全てが新鮮そのもの。夫が認める肉や魚もたーくさん。今までの私たちの問題を全て解決してくれた。

『Whole Foods』は名前からもわかるように、プロセスフードをなるべく取り払い、オーガニックで素材を生かした自然食品を中心に扱うお店である上に、夫がこだわることに一問一答してくれている。動物性の商品には「no antibiotics(抗生物質無使用)」 、「not chemically treated(薬品関係は一切使用されていない)」、「no animal fat in feed(動物脂肪質を飼育材として与えていません)」、「fed pure grains without the use of growth hormones(成長ホルモン剤なしの穀物類だけで飼育された)」、「free range(囲いのない所で伸び伸びと飼育された)」などなど、それはもう細かく表示してあるものがずらーりとある。

その様な方針で、みんな地元のファームで大切に飼育された「happy chichens」や「happy cows」、「happy pigs」に「happy eggs」だから安心してください、と言われれば、夫もハッピー、私もハッピー。夫は、私が赤身の肉を買うと今までは嫌な顔をしていたのに、「ヒトコ、この肉、よさそうだよ。これにしたら?」なんて自ら肉を手に取り、勧めてくれるようになった。ベーコンだって「オー、これはスグレモノだ」と、パッケージをよく読んでいろいろと選んでくれる。勿論、「No GMO(遺伝子組み替えしてません。GMO=genetically modified organisms)」なんていうのも当り前だ。

魚コーナーでは、養殖又は、どこの海で取れたものかなんていうこともちゃんと表示してあるし、「最近、スズキが世界でも絶滅の危機にさらされているので、『Whole Foods』では売るのをやめました。他にも似たような味の魚はたくさんあります。係員にご相談ください」などというサインも掲げられている。そんなサインを見た際には、夫はもう嬉しくてたまらなさそうな顔をしている。

反戦デモなどがあった時は、店員の胸にも日時が記された宣伝ステッカーがさりげなく付けられていたり、このストアーはまるで夫の為にできたようなものだと思うのだが、そういう趣旨の店が流行るということは、夫のようなこだわり派がニューヨークにはたくさんいたのか、ということである。恐ろしや~っと思ったが、この流行は日本も同じなのだそうだ(そうなんですか?)。

「あのねぇ。日本ももうあんたが住んでいた頃とは変わってきているのよ」とさらりと母に言われてしまった。「でもね、日本はアメリカと違って静かに自然にみんなでそうなって行くという習性っていうか国民性があるから、個人で大騒ぎして抗議したりしないだけなの」と何やら夫のことをチクリとほのめかした言い方だ。なるほどねぇ。

肉の売り場には、ちゃんとブッチャーだっているし(日本では当り前ですが、アメリカの普通のスーパーマーケットには、肉屋さんや魚屋さんはいないのだ。いつパックされたのだろう?と思ってしまう商品が並べられているだけなのです)、日本人かどうかはわからないが、寿司職人が寿司を握ってくれるコーナーもある。品数も野菜の種類も驚く程に豊富である上に、今ニューヨークでも注目されている「slow food」に関心を寄せる人たちの為の食材も充実しているから、本当にわくわくしてしまう。

普通のスーパーマーケットのキャッシャー付近には、買うのも恥ずかしいようなタブロイド紙やゴシップ紙、食べるとすぐ虫歯ができそうなキャンディ関係が並んでいるが、『Whole Foods』の場合、意識の高いインテリ向け生活向上雑誌が殆どである。いつも賑わっている所なので、20台ぐらいあるキャッシャーの前にも列を連ねて人が並ぶ。そういう列の先頭には「No. 10 is yours(10番へどうぞ)!」「 No. 5 is ready(5番は空いてます)!」など、この不景気な時に一日中そればっかり専門にして、威勢よく人々を誘導してくれる人もいるのだ。

うちのオフィスにも、ランチタイムを利用して買い物してくるという所帯じみたデザイナーが数名いる。『Whole Foods』と大きく書かれたショッピングバックを持って帰って来るのですぐわかるのだ。「値段がもう少し安ければ完璧なんだけどねぇ」と私が言うと、みんなは声を揃えて「But it’s a lot healthier.」と言い返してくる。ニューヨーカーは割り切りがよい。私の場合は、夫と丸く納まるのであれば、少々高いお金を払ってもその価値はある、といったところかな。それもまた別の意味で、ヘルシーな生活と言えるのだろう。

上山仁子その他のサイト・HP子育てブログ
Advertisements

ニューヨーク在住15年を経て2007年12月よりノースカロライナ州へ生活の拠点を移したグラフィックデザイナー兼ライター。英語学習・ティーン向け・女性のためのコーチングも行っている。

0 comments on “ヘルシーな生活

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: