ヒトコの小径

日本人とアメリカ人の違い-その1

SARSのことは本当に心配だ。ニューヨークでも毎日ニュースでやっている。先週ぐらいまでは、市内でも感染の疑いがある人は数名いたとのことで、かなり心配だったが、現在では、ニューヨーク市は安心しても大丈夫とのことらしい。

アメリカ人の友人たちの間では「チャイナタウンには、当分近づかないようにしている」と言っている人もいるし、うちのベイビーシッターは、「ミツワ(日本のスーパーマーケット)とか、アジア人が集まる所へ君も行くの?でも今はやめておいた方がいいんじゃない?」と、夫にこっそり忠告されたと笑いながら私に教えてくれた。

戦争が終ったと思ったら、今度は新しい病気のアウトブレイクである。世の中、不安はなくならない。

アメリカ人と日本人の違いがよくわかる時の一つに、病気の予防に対する考え方があると思う。日本人は風邪など引かないようにするには、まず、うがいや手を洗うことは当然であるが、それ以上に身を引き締めてしゃきっとした気で勝負する。アメリカ人は「菌」がある所へは一切近寄らず、ものには触れず、「菌」を科学的に除去するのが、第一だと思っているらしい。

オフィスでもゴホゴホしている人がいたら、「Cover your mouth!」と「菌」が飛び散らないように注意し、挙句の果てには「みんなの迷惑」として家に帰してしまう(大体、日本のマスクのようなものだってないし、人にうつしてはいけないという基本的なマナーがない人がアメリカ人には多いし)。そして、そういう人たちが使用した電話機やコンピューターは、すかさずウィンデックス(掃除用スプレー洗剤)できれいに徐菌されるのである。自分の周りに存在する「外部の菌」だけを気にして、うがいや手の洗浄など、自分の体のケアは忘れているのだから面白い。

外部に非があり自分の内部を省みないですぐ訴訟を起こすアメリカ人の国民性は、こういうところでも顕著になるわけである。

上山仁子その他のサイト・HP子育てブログ
Advertisements

ニューヨーク在住15年を経て2007年12月よりノースカロライナ州へ生活の拠点を移したグラフィックデザイナー兼ライター。英語学習・ティーン向け・女性のためのコーチングも行っている。

0 comments on “日本人とアメリカ人の違い-その1

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d bloggers like this: