NYのファッションウィークで「シャルロット・ロンソン」のショーに現れたリンジー・ローハンとサマンサ・ロンソンを目撃!

いわずもがな手前がリンジーで、奥にいるのがサマンサです。

二人が恋人だという報道が出回っているけれど、実際に見てみれば、まあ、それはそうだろうとは思うよね。

だってサマンサ、リンジーを守ってあげる王子さまみたいなんだもん。

むらがる報道陣のフラッシュ。

リンジー(左)をヒロインにして、自分はちょっと照れながら一歩引き下がっているサマンサ(右)

やっぱり理想の王子さまはこうでなくちゃね!

仲よく座るサマンサ(奥)とリンジー(手前)

じつはリンジーの隣でフロントローに座っていた日本のプレスが「友だちが来るから席をずらして欲しい」とリンジー側から頼まれたのだけれど、その時もサマンサが日本人プレスたちにむかって、

「悪いね、席をゆずってもらえないかな、恩に着るよ」

とかなんとか断って話しかけてきたのでした。話し方はまるきり男の子。
むろんリンジーはなにもいわずに黙っているだけ。

やっぱり理想の王子さまはこうでなくちゃね!

サマンサ・ロンソンは、このデザイナーであるシャルロット・ロンソンの双子の姉。

双子なのに、ずいぶんタイプは違うものだねー。

さて会場内ではこうやって勝手に撮影できた(というか後ろ姿のみ?)リンジーたちだけれど、外では出待ちしていたカメラマンには一切撮らせなかったらしいよ。

ボディガードが取り巻いて、シーツを張り巡らしていたため、まるっきり見えない状態だったそう。
シーツで隠すとは、ほとんどマイコー・ジャクソンのレベルだすな!

それからすぐにリンジーがラジオで「サマンサとつきあっている」発言をしたので、スキャンダルを避けてってことのよう。てか、もうスキャンダルなんだから、いいじゃん。

なにはともあれハッピーそうに見えたリンジー。
どうやらサマンサ王子との相性はよさそう。

さんざん恋愛ですったもんだしてきた女子にとっては、
「浮気なボーイフレンドより、誠実なゲイのガールフレンド」
というのが、今どき賢明な選択ってことですかね!

Featured Photo by Gabriel Peter on Pexels.com

黒部エリのホームページはこちら
ブログ「エリぞうのNY通信」はこちら