ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

All posts tagged 医療

No.91 ワクチン接種に疑問を持てば、風当たり強い近代社会。それでも声をあげてくれるセレブたち。

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.91 ワクチン接種に疑問を持てば、風当たり強い近代社会。それでも声をあげてくれるセレブたち。
ロバート・デ・ニーロが建設したニューヨークのトライベッカ映画祭。 今年、その映画祭では、ある新作ドキュメンタリーの上映中止が話題を呼んだ。 Read more

健康のために立ち上がれ(Stand Up for Your Health)!とは、文字通り、今のアメリカ人の間で流行っていること

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on 健康のために立ち上がれ(Stand Up for Your Health)!とは、文字通り、今のアメリカ人の間で流行っていること
私が最初にこの「風潮」に気が付いたのは、昨年の健康診断の時だった。 オフィス内にいるナースのところへ行くと、新しくなった彼女の部屋のコンピューターデスクは、かなり高い位置に設置されていた。 Read more

なんでこうなるの?:やっぱりアメリカは怖い国だった、の巻

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on なんでこうなるの?:やっぱりアメリカは怖い国だった、の巻
おかげ様をもちまして、怪我は順調に回復しているようで、大げさに記事に書いたわりには、私の顔を見ても「手術したとは思えないぐらい、きれいになったね!」と言われるぐらいになりました。 Read more

なんでこうなるの?:テニスのラブマッチも顔面複雑骨折で試合終了、の巻

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on なんでこうなるの?:テニスのラブマッチも顔面複雑骨折で試合終了、の巻
突然ですが、先月、ワタクシ、テニス中、ボールをミスり、思いっきり転んで顔から着地してしまい、なんと、怪我をしてしまいました。 Read more

No.35 赤い州の白人男が熱心なのは法律で女性をレイプすること?!

Categories: 怒りの鉄拳! 紐育バガボンドが斬る!(更新終了)
Comments Off on No.35 赤い州の白人男が熱心なのは法律で女性をレイプすること?!
4年に1度の大統領選を今年11月に控えて、アメリカは赤い州と青い州の2つの国に分かれていることがますますハッキリしてきた。 私が住むニューヨーク州は、青い州の中でもいちばん真っ青で、どう転んでも民主党(日本の民主党とはかけ離れているのでデモクラッツを呼ぶ)の候補しか当選しないし、今回もニューヨーク州の大統領票はオバマに投じられるので、オバマ大統領がニューヨークにやってくるのは、再選のための選挙運動ではなく、寄付金を集めに来る時だけである。 Read more

フラミンゴからロボコップに変身、なぜか骨折患者が多いマンハッタン

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on フラミンゴからロボコップに変身、なぜか骨折患者が多いマンハッタン

前回の更新でギプスをご披露しましたが、おかげさまで、3週間後には3M製ギプスから解放されました。やったー! 「じゃぁ、ブーツにしよっか。これを後3週間ね。」と、新たに病院で履かされたのが、これでございます。 いかにも頑丈そうでしょ。フラミンゴからロボコップになりました。

映画なんかで出てくるアメリカの卒業アルバム。 みんな、同じような笑顔を浮かべていません? あれって、聞いた所によると、鏡の前で練習を続けた彼らのキメ顔なんだそう。 その顔で何を演出したいかというと、爽やかさなんですね。 アメリカ人は清潔・健康が大好き。もてる男を見るとそれがよくわかります。少々ださくても結構。笑顔が素敵でマッチョ、清潔ならオッケー。 フランス男のセクシーなハゲや、セルジュ・ゲンズブールのけだるい魅力なんて彼らにはさっぱりわかりません。 そんな彼らにとって大事なものは、美しい笑顔。 美しい笑顔にかかせないのは、真っ白でそろった美しい歯でございます。 そこで必要になるのが歯科矯正。英語でブレイシズ(braces)と言う歯科矯正ですが、この国での普及率はものすごいです。大体みな子供時代にすませるのですが、もちろん大人もいます。