ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

All posts tagged 働く

健康のために立ち上がれ(Stand Up for Your Health)!とは、文字通り、今のアメリカ人の間で流行っていること

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on 健康のために立ち上がれ(Stand Up for Your Health)!とは、文字通り、今のアメリカ人の間で流行っていること
私が最初にこの「風潮」に気が付いたのは、昨年の健康診断の時だった。 オフィス内にいるナースのところへ行くと、新しくなった彼女の部屋のコンピューターデスクは、かなり高い位置に設置されていた。 Read more

真理子さん、お願い!外から見た日本:シングルマザーの世界も誰かが始めなければ変らない

Categories: 特出しコラム とびこみくん
Comments Off on 真理子さん、お願い!外から見た日本:シングルマザーの世界も誰かが始めなければ変らない
ついこの間、ファッションブランドD&Gのチーフデザイナーが発した「ゲイカップルの人工授精」に対する意見に、エルトン・ジョンが激怒し、D&G商品のボイコットを呼びかけるコメントを発表した。 Read more

No.8 「チャレンジしなくちゃ後悔もできない!」マンガ家ミサコ・ロックス流、人生の切り拓き方!

Categories: 本気で働くNY 好きな仕事でGO-GETTER!
Comments Off on No.8 「チャレンジしなくちゃ後悔もできない!」マンガ家ミサコ・ロックス流、人生の切り拓き方!
アメリカでマンガを出している唯一の日本人コミックアーティスト、それがミサコ・ロックスさんだ。 マンガを英語で書いて、アメリカの出版社から出しているのは現在ミサコさんだけ。 Read more
今回はインターンシップについて、お話しします。 これは学生が企業、組織の中で実際の仕事を経験するためのシステムです。 Read more

No.7 NYの最新デザイナーたちを日本に紹介してきた雅子カウフマンさん

Categories: 本気で働くNY 好きな仕事でGO-GETTER!
Comments Off on No.7 NYの最新デザイナーたちを日本に紹介してきた雅子カウフマンさん
シンシア・ローリーからトム・ブラウンまで、多くのNYデザイナーたちを日本に紹介してきた雅子カウフマンさん。 NYのファッションを最前線で20年にわたって見つめ続けてきた雅子さんに、ファッションのプロフェッショナルになる道を伺ってみた。 Read more

エルサルバドルのイケメン君、カフェオープン物語

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on エルサルバドルのイケメン君、カフェオープン物語
yvonne0713_f
我が家の向かいの小さなランドリーの後はずーっと空き家になっていたのですが、今年の始め頃、何やら工事が開始されました。 Read more

No.6 続・当たって砕けろでNYにヘアサロンをオープンした3人組、Salon Shizen のKoshi、Yoko、Taiki — さらなる快進撃

Categories: 本気で働くNY 好きな仕事でGO-GETTER!
Comments Off on No.6 続・当たって砕けろでNYにヘアサロンをオープンした3人組、Salon Shizen のKoshi、Yoko、Taiki — さらなる快進撃
gogetter6_feature
「本当は一番乗りを狙ってたんでしょう?」 ブルックリンのウイリアムズバーグの店に到着したわたしに、Yokoが満面の笑みを浮かべながらそう聞いた。 狙っていたわけではないのだが、ひょっとしたらそうなるかも、と予想していた。 Read more
gogetter5_feature
ノースカロライナにもう一人、モータースポーツにかける男がいた。 アメリカ東部エンデューロの最高峰にあたるGNCC(オフロードバイク・レーシングシリーズ)に参戦している小池田猛だ。 Read more

No.32 オキュパイ運動と1%を代表する大銀行の関係

Categories: 怒りの鉄拳! 紐育バガボンドが斬る!(更新終了)
Comments Off on No.32 オキュパイ運動と1%を代表する大銀行の関係

9月17日にこのニューヨークの金融街であるウォールストリートの一角で始まった「オキュパイ」運動は、その後も衰えを見せぬまま全国各地に広がり、カリフォルニア州オークランドでは警察との小競り合いからゼネストにまで発展している。 結局のところ彼らが何を要求しているのかわからない、と責める意見もあるようだが、それはオキュパイ運動に加わる人それぞれを突き動かしている問題が多岐に渡っているからだろう。 単なる借金の踏み倒しや特定の法律制定ではなく、もっと社会を根幹から変えるべきだと思っている人がそれぞれ問題提起しながら参加しているために、どうしてもそうなりがちだ。 その運動のひとつとして、かなり具体的な行動がともなったのがBank Transfer Dayなどと呼ばれている運動だ。