ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for April, 2012

No.24 華麗なる小説『華麗なるギャツビー』の華麗なる舞台化、『Gatz』

Categories: かぶりつき!ブロードウェイ観劇レポート
Comments Off on No.24 華麗なる小説『華麗なるギャツビー』の華麗なる舞台化、『Gatz』
broadway24_feature
何気なく手に取った小説を読み始めたはいいが、つい夢中になってそのまま一気に最後まで読んでしまったという経験はないだろうか? 誰かに話しかけられても上の空、食事中も、トイレに行くときもその本を手放せず、寝る間も惜しんでひたすら読み続けたという経験。 わたしは何度もある。 そんな時は決まって、自分が身体から離脱して小説の世界に入り込んだような、あるいは夢遊病になって小説の世界をさまよっているような不思議な感覚を味わう。 Read more

No.36 共和党とお茶会の標的はマイノリティーだけでなく、過半数の女性も

Categories: 怒りの鉄拳! 紐育バガボンドが斬る!(更新終了)
Comments Off on No.36 共和党とお茶会の標的はマイノリティーだけでなく、過半数の女性も
もしアメリカは男女平等で、しかもレディーファーストの国だと信じているのなら即刻考えを改めた方がいい。 この国の共和党とお茶会連中は、1920年に制定された憲法修正第19条で女性が勝ち取った参政権をさえ剥ぎ取ろうと画策しているのだから。 Read more
東日本大震災から一年を経て、さまざまな追悼式典や日本支援イベントが催されたニューヨーク。 なかでもNYの女性たちに大きな話題を呼んだのが、第二回ファッションガールズフォージャパン デザイナーチャリティセールだ。 Read more

今年は早いぞ!NYの春の味「ランプス」

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on 今年は早いぞ!NYの春の味「ランプス」
ランプスとは日本名「行者にんにく」。 毎年4月下旬から5月上旬にかけて出回るNYの春の山菜です。 強いにんにくの香りで、らっきょうのような根元と平べったい緑の葉っぱが特徴です。 野菜に季節感のない当節ですが、「あっ、ランプスが出た。春だなぁ。」とうれしくなります。 今年は1ヶ月も早く、何と3月末にお目にかかりました。 Read more

No.72 ヴィダル・サスーン、日本へのメッセージ

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.72 ヴィダル・サスーン、日本へのメッセージ
「自分の内には多くの可能性がつまっている。 それを若い人たちに伝えたいと思い、自伝を書いた。 自分が思っている以上に、内に秘める力は大きいのだから」 ”美容の神様”と呼ばれるヴィダル・サスーンは語った。 Read more

イースターが近づくとみんなが張り切る「Peep Show」

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on イースターが近づくとみんなが張り切る「Peep Show」
今年のイースターは丁度今週。 いつもとはちょっと遅いイースターとなった。 アメリカでは、イースターが来たら「春の到来」と言う感じだと思っていたが、どうやら、それは、NYなどアメリカ北東部に限ってのことなのかもしれない。 だって、ここ南部では、もう春を通り越してすっかり夏になっているのだから。 ここ2年ぐらい、イースターになったら私が勤めるオフィスで必ずやっていることがある。 それはなんと「Peep Show」 Read more