ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for September, 2011

“New Constellation” 古川弓子・ Mael Nohara 二人展

Categories: 耳よりニッチ! 情報コーナー
Comments Off on “New Constellation” 古川弓子・ Mael Nohara 二人展

NYnicheをお楽しみいただいているみなさま、いつもありがとうございまーす! いつもアレな記事でお騒がせしております、ブリス・アップルドアです。 NYnicheに寄稿させていただいていますが、実はわたしの本業は、画家です。 そーです、絵を描く人です。 でもってこの9月、New York近郊の日本人のためのNPO団体である「American Dream Japanese Network (JaNet)」がマンハッタン五番街・ダイヤモンド街に、団体が運営するスペース=JaNet会館をオープンするのですが、そのオープン記念・こけら落とし展示として、 JaNet会館・多目的スペースにて展示を行うことになりました。

秋の映画特集 9月〜10月編

Categories: 夜の試写室
Comments Off on 秋の映画特集 9月〜10月編

9月 「ドライブ/Drive(原題)」 アクション(100分) 監督:ニコラス・ウィンディング・レフン 主演:ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガン この作品で今年のカンヌ映画祭監督賞を受賞したデンマーク出身のウィンディング・レフン。 デビュー当時からヴァイオレンス・アクション(「プッシャー」「ブロンスン」)を独特の斬新なスタイルで描いてきた。 本職はハリウッドのスタント・ドライバー、内職は犯罪者の逃がし屋という若い男(ゴスリング)が、思いがけず事件に巻き込まれるというハイコンセプトな現代版ノワール。美しく緻密なヴァイオレンス・シーンが評判だ。

No.25 あの衝撃の日から10年、WTC跡に9.11メモリアルがオープン!

Categories: 生にゅー! 生のNYトレンド通信
Comments Off on No.25 あの衝撃の日から10年、WTC跡に9.11メモリアルがオープン!

ニューヨーカーなら忘れられない日がある。 2001年の9月11日だ。 911を体験したひとりとして、あの日の衝撃は忘れられない。 多くの市民の命が奪われて、世界の流れを変えてしまった、あの運命の日。 早いもので今年がもう10年目となる。 その節目となる9月11日にNYでは9.11メモリアル博物館のメモリアル(慰霊碑)セクションがオープンする。

8月後半のNYは地震、ハリケーンと天災ダブルパンチでございました。 巨大なカテゴリー2のイケイケドンドン姐ちゃんハリケーン・アイリーンがカリブの海からやってきて、土日に通過して行きました。 ハリケーンに直撃されることのないNYで、市長は早々から非常事態宣言を発表しました。 例のない避難命令なんか発表してニューヨーカーは「来るぞー、逃げろー、準備しろー」って脅かされ続けでございました。 っていうか、市長さん、冬のスノーストームの時に対応が悪くてケチョンケチョンだったので、今回は先手を打とうって魂胆見え見えでございました。

ニューヨークの住宅街や郊外では、晴れた週末にガレージセールをよく見かける。 マンハッタンはアパートばかりで、そもそも広げる庭がないのだが、マンハッタン以外の4区、ロングアイランド、ニュージャージーなどに足をのばせば、容易に見つかる。 一般家庭が出すものはほとんどガラクタに近いものばかり。でもその古い大衆が使っていたモノというのは時代を語る。いろいろと想像しながらの、ひとときの「タイムトラベル」だ。

先日、オフィスに差し入れを持ってきてくれた人がいた。 うちのオフィスでは、よくそういうことがある。 「チョコレートムースを作ったから、どうぞ」 とか 「クッキーを焼いたから、みんなで食べましょう」 とか、そういうの。 で、この間は、何やらちょっと不思議なものがミーティングルームのデスクの上に置いてあった。 どうも、ピーナツのようなものだが、それにしては、ちょっと黒ずんでいて、なんだかふやけている感じ。 「これは何?」 と聞くと 「ボイルドピーナツ(boiled peanuts)よ」 と教えてくれた。