ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for 2011

仕事柄、時折、映画のプレミアに出向く。 最近、取材したのは、2011年11月21日、NYのジグフィールド・シアターで開催されたマーティン・スコセッシ監督の初の3D最新作『ヒューゴの不思議な発明』のプレミア。 そして12月4日は、全米でクリスマス公開されるスティーブン・スピルバーグの壮大アドベンチャー『戦火の馬』のプレミア。

私は今日本にいるのだが、先日英語力を測定するTOEICを受けてきた。アメリカではTOEICスコアはほとんど使われないので、ニューヨークへ行く前、8年前に受けて以来だ。 普通、海外生活を経験したら、もうテストは受けないんじゃないだろうか?しかし、たまたまスコアが必要になることがあって、受けたのだった。 海外生活で私の英語力や英語に対する考えがどう変わったか、留学などで渡米を考えている方、英語を勉強中の方の参考になればと思う。

ロンドンのウエストエンドでスマッシュヒットを飛ばし、その後ブロードウェイに来るや2009年のベストミュージカル賞を含む10個のトニー賞を受賞した『Billy Elliot the Musical』 それがとうとう2012年1月8日に終演を迎える。

今年のサンクスギヴィングは、今までとちょっと違った雰囲気のサンクスギヴィングだった。 なんせ、毎年ターキーを焼いてくれていたグランマは、その後いつも世界一美味しいコーヒーを入れてくれたダグが、今年の初めにとうとうリタイアーしたので、一緒にフロリダへお引越しをしてしまったのだ。 NYには、グランパたちはいるけど、もうグランマたちはいないわけだし、子どもたちが大好きなグランマの手料理もない?!

来年の秋冬にトレンドがどうなるか、いち早く知ることができるのがプリフォール・コレクション。 ファッション界は既に2012プリフォール展示会の季節ですが、人気のジェイソン・ウーのコレクションをご紹介です。

当節、ダントツ人気のカップケーキ。 「セックス・アンド・ザ・シティ」に登場して話題の店となったマグノリア・ベーカリー。 今年の感謝祭前日はパンプキンパイの代わりにカップケーキをお求めになる方で行列ができておりました。

9月17日にこのニューヨークの金融街であるウォールストリートの一角で始まった「オキュパイ」運動は、その後も衰えを見せぬまま全国各地に広がり、カリフォルニア州オークランドでは警察との小競り合いからゼネストにまで発展している。 結局のところ彼らが何を要求しているのかわからない、と責める意見もあるようだが、それはオキュパイ運動に加わる人それぞれを突き動かしている問題が多岐に渡っているからだろう。 単なる借金の踏み倒しや特定の法律制定ではなく、もっと社会を根幹から変えるべきだと思っている人がそれぞれ問題提起しながら参加しているために、どうしてもそうなりがちだ。 その運動のひとつとして、かなり具体的な行動がともなったのがBank Transfer Dayなどと呼ばれている運動だ。

JAM=Japan Arts Matsuri、の略です。 トライステートで舞台芸術に携わる日本人アーティスト(シンガー、ダンサー、パフォーマー、バンドなどなど)の出演で彩られる、屋内型としては全米最大規模の「お祭り」です。 毎年毎年、規模を大きくしながら続けられていて、今年でとうとう9回目。 グリーンポイントからイーストビレッジに場所を移して、今年も盛大に行われました。 わたしは両日とも、運営のボランティアとして参加して来ました!