ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for October, 2010

やっと終わりました、恒例のNYコレクション関連のばたばた。 その記憶が新しいうちに、会場で見かけたこの秋冬のトレンドをご紹介しまーす。 アニマルプリント 単純に派手で目を引くということもありますが、だんとつ目立っていたのがこのアニマルプリントアイテム。 バラエティは豊富で、トップスから小物までほぼ全てのアイテムを見かけました。アニマルプリントのベルトをつけている子もいまして、なんとそれはJクルーのものとのこと! そんなシンプルアイテムブランドからも出ているのかと、あらためてアニマルプリントの人気っぷりに感心しました。

秋の一押し映画(9月〜11月編)

Categories: 夜の試写室
Comments Off on 秋の一押し映画(9月〜11月編)

アメリカでは毎年決まって秋になると、年末のホリデーシーズンと年明けの賞レースに向けて各配給会社がその年一番の話題作をここぞとばかり矢継ぎ早に公開する。 そこで、今シーズンお勧めの映画をこちらで簡単にご紹介。

No.10 二つの移動民族の味:客家&ブハラ

Categories: Across the Universe(更新終了)
Comments Off on No.10 二つの移動民族の味:客家&ブハラ

ニューヨークは世界のさまざまな民族が集まり、その文化に触れることが出来る場所。 中でも「食」に関することが一番興味深いことではないだろうか? フレンチ、イタリアン、中華などはメジャー中のメジャー、でもニューヨークなら、もっとマイナーな国や、特定の地方・宗教の食べ物も試すことができる。 今日紹介するのは、世界の四大移動民族と言われる、華僑、ユダヤ人、アルメニア人、印僑(インド系移民)のうち、『客家』という華僑と、『ブハラ』というユダヤ人の料理。

No.17 アメリカ経済から見たNY2011春夏コレクションのトレンドは?

Categories: 生にゅー! 生のNYトレンド通信
Comments Off on No.17 アメリカ経済から見たNY2011春夏コレクションのトレンドは?

9月にリンカーンセンターで2011春夏コレクションが行われたニューヨーク。 さてさて次の春夏のトレンドがどうなるか、今回は予報してみましょうの巻です! NYコレクションで見られた大きなトレンドの特徴は、ざっくりいうと、 「ネオ・ミニマル」 「ロングスカート」 「ワイドパンツ」 「70年代調」 といったところ。 ストレートでシンプルなカット、体を締めつけすぎないコンフォートなスタイルというのが時代の気分になりそう。

毎年恒例、補習校運動会

Categories: ニッチなフォトログ
Comments Off on 毎年恒例、補習校運動会

今年も毎週土曜日に通っている日本語補習校で、秋の運動会が行われた。 補習校に通っているのも、このような「日本」のイヴェントに参加するためと言ってもうちの場合は過言ではない。 日本語がイマイチな子どもでも、子どもの頃、毎年一生懸命戦ったという運動会の思い出があるだけで、日本との立派な関わりが持てるわけで。 競争心を植え付けることはネガティヴに考えられがちなアメリカ社会にいる子どもたちに、年に一回、「絶対に一等賞を取って来なさい!」と、めちゃくちゃ今の世の中の風潮とは逆の哲学を入れ込むことが許される時期でもある。 小さい頃は、楽しんでいただけの運動会だが、ここ数年では、子どもたちも闘志バリバリになってきた(笑)。 よし、よし! 特に、パン食い競走と徒競走では、みんながよく頑張った。 意外にも長男は、選抜リレーの選手にもなっていてびっくり(どうやらお友達が立候補したので、自分もついでに立候補したらしい、笑)。 前々日までは、雨が続き、お天気が心配されたが、私たちが作った「てるてる坊主」のお陰か、素晴らしい秋晴れとなった。 当日は、私は珍しく早起きをして、お弁当も作った。 子どもよりももしかして親の私の方が張り切っていたのかも。 赤と白のはちまきも、日本の伝統。 徒競走で悔しそうな次男(中央)のゴール(2等賞)。 一等賞のお友達、とってもいいお顔をしているね。 ママいわく「ひろむは、かけっこで今まで一番になったことがなかったので、とてもうれしかったのだと思います」ということ。 それを聞いただけでも、胸がきゅんとなった。 千葉君は、胸のネームタグが、はち切れるほど頑張ったね(笑)。 みんなそれぞれ、ドラマがあるんだ。 写真提供:岩部高明(Takaaki Iwabu) 『ニューズ&オブザーバー』専属報道フォトグラファー http://www.iwabuphoto.com 上山仁子のHP:http://www.hitoko.com 上山仁子のブログ:http://ameblo.jp/nymommy/ 英語教室|アメリカの子ども(3kids)と勉強する英会話:http://www.3kids.hitoko.com 親子で英語ーバイリンガル教育の近道:http://www.eship.jp/ 親子で英語ーバイリンガル教育の近道メールマガジン:http://www.mag2.com/m/0001178212.html 上山仁子編集長として頑張ってます NCトライアングルエリア初日本語コミュニティ誌『トライアングルTショット!』:http://triangletshot.com アメリカノースカロライナ州日本語生活情報発信サイト|トライアングル花水木通信:http://www.jbac.jp/

フラミンゴからロボコップに変身、なぜか骨折患者が多いマンハッタン

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on フラミンゴからロボコップに変身、なぜか骨折患者が多いマンハッタン

前回の更新でギプスをご披露しましたが、おかげさまで、3週間後には3M製ギプスから解放されました。やったー! 「じゃぁ、ブーツにしよっか。これを後3週間ね。」と、新たに病院で履かされたのが、これでございます。 いかにも頑丈そうでしょ。フラミンゴからロボコップになりました。

サンダーストームとラグジュアリー・ディナークルーズ

Categories: ニッチなフォトログ
Comments Off on サンダーストームとラグジュアリー・ディナークルーズ

さて、わたくし、このたび、9月の終わりに、とってもラグジュアリーな体験をしてまいりました。 友人の誕生日を祝うために、ディナークルーズに参加してきたんでございます。 それも、ちょっとお船に乗ってごはん、ってなカジュアルなものではございませんで。 10年アメリカに住んでても、乗る機会なんぞコレっぽっちもなかった、ラグジュアリー・ディナークルーズなのです。 揺れないハドソン川を河口付近まで川下りして、夜景をたのしみつつディナーを食すわけでございますが、日頃の行いがよいのが証明されたかのように、前日になって船のアップグレードの通知が。 予定していた船が欠航なので、料金はそのままで、もっとよい船に載せてくださるのだそうです。 結果的にワンランク上…っていうか多分コレ、NYで客を集めてやってる中では、三本指には入る、結構なクルーズ船だと思います。 まあ、チャーターとかすればもっと豪華なのもあるでしょうけどね。 そんなこんなで、7時の出港に合わせ、6時過ぎに日暮れ間近のピア61に来ました。

煽てられたサルはとうとう本まで書くことに

Categories: 特出しコラム とびこみくん
Comments Off on 煽てられたサルはとうとう本まで書くことに

ひょんなことから本を一冊書くことになった。アスキー新書から出ている『ルポ 電子書籍大国アメリカ』という本だ。 アメリカの出版業界で起きているニュースを日本向けに流すということは以前からやっていたのだが、どうやら昨今は「電子書籍」がキーワードであるらしく、ツイッターやブログでiPadやキンドルのことを書くとアクセス数が急に増えるなど、やたら食いつきがいいのである。 頼まれるままに雑誌記事を書いたり、ニューヨークを案内しているうちに、アメリカにおける電子書籍の実情を1冊の本にまとめないかというオファーが来たので、まぁできないこともないです、とやや軽い気持ちで引き受けたのだが、〆切りまで1ヶ月という過酷なスケジュール。一応「ルポ」なので、余裕があればインタビューもリサーチもしたかったのだが、時間がないのでとりあえず自分が知っていることをひたすら書き起こすという作業に追われた。