ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for July, 2009

ニッチで独断なんでもベスト3 No.10 〜マイコーを偲んで〜ミュージックビデオでみるマイコーとミュージカルの一目瞭然ラブ関係ベスト3

Categories: 特出しコラム とびこみくん
Comments Off on ニッチで独断なんでもベスト3 No.10 〜マイコーを偲んで〜ミュージックビデオでみるマイコーとミュージカルの一目瞭然ラブ関係ベスト3

6月25日に「King of Pop」のマイコーが亡くなって以来、毎夜ミュージックビデオを見ながらひとり追悼ダンス大会を開催している。 本当ならば黒いスリムパンツに白い靴下を履き、友達から必ず「マイケル・ジャクソンみたい」とお褒めの言葉をいただく紫色のジャケットを羽織って本格的にやりたいところだが、まだまだわたしのムーンウォークはミーアキャットが後ろ向きに跳ねているようにしか見えないし、「スリラー」のゾンビダンスも盆踊りにしか見えず、重力に逆らって前のめりになろうとしてもそのまま床に接吻するのが関の山なので、もう少しマシになるまで衣装はおあずけだ。

No.10 墓穴掘りまくりのサウスカロライナ州知事サンフォードのバカっぷりが熱いぜ

Categories: 怒りの鉄拳! 紐育バガボンドが斬る!(更新終了)
Comments Off on No.10 墓穴掘りまくりのサウスカロライナ州知事サンフォードのバカっぷりが熱いぜ

オバマ政権になってから、アメリカ中のコメディアンの人たちが感じていたのは「やりにくいったらないぜ、ったくよー」というものだろう。アメリカのコメディーって基本的に政治ネタが多いからね。こき下ろしやすい政治家がメシの種ってわけ。去年まではおバカでツッコミどころ満載のブッシュにダメ出ししてればよかった(しかも、日本も酔っぱらい財務大臣だの、言いまつがいタロー総理という海外ネタをたまに提供してたし)のが、今度の大統領ときたら、黒人だわ(すぐに人種差別と言われちゃう)、頭いいわ、スピーチも巧いわ、言動はスマートだわ、美人の奥さんひとすじだわ、娘たちとも仲むつまじいわ、どこをどうからかっていいものか、途方に暮れていたことだろう。

7月4日の独立記念日というと、ここ数年必ず大学の夏のテストを控えていて、記念日を満喫できなかった私。卒業した今年は、何か面白いイベントを見たいな、と思って選んだのが“19世紀の独立記念日”! 向かったのは、ロングアイランドのべスペイジ(Bethpage)という街。ゴルフをする方ならすぐピンと来るだろう、ここはつい先日2009年のUSオープンゴルフが開催された場所だ。 ここに、Old Bethpage Village Restoration といって、1800年代半ば、南北戦争の少し前に立てられた家々を移築してまとめて保存している場所がある。 敷地内には、19世紀のままの学校や教会、グロッサリーショップや牧場などが残り、ひとつの村として人々に紹介されている。ここで働くスタッフも当時の衣装を着ているので、日本で言うと、江戸村や明治村のようなもの。 ここで、南北戦争の終わった年である1865年の独立記念日が再現されたのだ。

NO.7 NYを席巻するB級グルメ ベトナミーズ・サンドイッチ

Categories: 生にゅー! 生のNYトレンド通信
Comments Off on NO.7 NYを席巻するB級グルメ ベトナミーズ・サンドイッチ

今年NYでヒットしたものといったら、ずばりベトナミーズ・サンドイッチ。 こいつを欠かすわけにはいきません。 本場では、バン・ミー(Banh Mi)という名で親しまれているサンドイッチ。 ベトナム系移民が持ち込んだものだから、前々からあるものなんだけど、今年初めからNYでいきなりブレイク。 次々と店舗ができている。 どうやらこの不況で「安く食べられる」「肉も野菜も食べられる」というバン・ミーがブームになったもよう。 安くて、早くて、旨い! 金コマなニューヨーカーの心をわしづかみにする憎いヤツが、バン・ミーなのです。

No.11 不況の今こそ気になるブランドとは

Categories: Fashion and the City(更新終了)
Comments Off on No.11 不況の今こそ気になるブランドとは

私、かれこれ5年ほどアメリカにおります。ですが、全く興味がないのが、アメリカン・トラッドというのかしら、アメリカン・イーグルとか、バナナ・リパブリックとかその辺のスタイル。その手のショップには、全くと言っていいほど立ち入ったことがございませんでした。 ですが、今、その私が一番気になるのが、なんとアメリカン・トラッドの筆頭とも言えそうなGAP。ファンや関係者の方には申し訳ありませんが、私の中でのGAPイメージ、一言で言えば、 「びみょー」 でした。だって、デザインは特徴なし、しかも値段も安くもない。ショップに入ったのは、この人生でも数えるほどってくらいでした。 それがですねー、やつらが変化を見せたのが2007年。この年、デザイナーのパトリック・ロビンソンをヘッドデザイナーとして採用。このアフロのかわいいおにーちゃんがチームに加わってからですよ、私の注意をひくようになったのは。

えーーーーーっと、久々の登場なんだケドも。 まず、最初にお断りしとくネ。 わたしは「エンタープライズ」っちゅー「宇宙船」の名前は知ってたけど、ソイツを「10人乗り程度の大きさ」だと思ってた(笑) だから、今回、宇宙にドーンと浮かんでるエンタープライズを観て、 「なにぃ、エンプラってこんなにデカかったのか!!!!!!」 …と、まずはそこにビックリだったヨ。 一応、「スタートレック」なるSF作品の存在だけじゃなくて、スポックもカークもマッコイも、名前と顔は知ってたし(さすがにスールーまでは無理だった(笑))、「バルカン・サリュート」(注2)の意味だって知ってたケド、わたしとスタトレの「ちゃんとした出会い」はこれが初めて。 っちゅーわけで、トレッカーやトレッキーの皆々様におかれましては、その程度のヤツが書いてやがんだなー、っちゅー気分でお読みくださいネ。

「トライアングルTショット!」ノースキャロライナ州トライアングルエリア日本語情報誌

Categories: 耳よりニッチ! 情報コーナー
Comments Off on 「トライアングルTショット!」ノースキャロライナ州トライアングルエリア日本語情報誌

皆さん、ノースキャロライナって何処にあるか知ってますか? え? 何、それ? お菓子の名前? 響きが可愛いね。 昔、そんな芸能人いたよねぇ〜(←誰、それ?) って、まあ、大体返って来るのは、そんなところ。 まだまだ知名度低いんだなあ、やっぱり。 しかしですね。 ノースキャロライナ州は、本当はスゴいんですよ。