ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for April, 2009

私の住むブルックリンの小通りに「3月30日(月)撮影のため、日曜の晩より駐車禁止」というピンク色の張り紙が張り出された。 しぶしぶ近所のみんなが車を動かして広くなった通りには、早朝から撮影機材を乗せたトレイラー・トラックがとまり、撮影スタッフ用の朝食やコーヒーが並べられたテーブルが私の家の窓から見える。家の斜め前の角にできた新しいレストランが撮影現場になっていた。 スタッフに聞くと、この撮影は来年、全米で封切られる『フェア・ゲーム』という映画で、な、なんと主演はショーン・ペンだという! きゃあ!

No.8 将軍様のすかしっ屁

Categories: 怒りの鉄拳! 紐育バガボンドが斬る!(更新終了)
Comments Off on No.8 将軍様のすかしっ屁

あ〜あ、やってくれましたね、将軍様が。またしてもミサイル発射で、日本どころか国連でも大騒ぎですよ。ニューヨークの国連本部では日曜出勤になってしまって、各国の職員もご苦労様。予想してなかった交通渋滞に巻き込まれちゃった私も大迷惑。 それまでこっちのマスコミではG20サミットで、やれオバマ大統領がヨーロッパでもタウンホール(町内会式)ミーティングをやっただの、慣例に反してミシェル夫人がエリザベス女王を触っちゃっただの、サルコジ夫人のカーラ・ブルーニとミシェルのワードローブ対決だの、初の外交の舞台にあがったオバマの一挙一動が報道されて盛り上がっていたというのに。

子どもと一緒にバイリンガルになろう!

Categories: 耳よりニッチ! 情報コーナー
Comments Off on 子どもと一緒にバイリンガルになろう!

私たち家族「3kids and the Family」が現在家族総出で臨んでいるプロジェクトは、これ。 presented by 3kids and the Family「子どもと一緒にバイリンガルになろう!」  アメリカより生きた英会話をお届けするブログです。 しかも、とてもベイシック。アメリカで生活する日本人マムが、子育てする中で覚えた様々なやさしい英語表現をはじめ、英語ネイティヴの子どもの周りでよく聞く言い回しなど、子どもの生活には欠かせない英語のあれこれを紹介する予定です。

No.5 節約しながらオシャレする リセッショニスタがイン!

Categories: 生にゅー! 生のNYトレンド通信
Comments Off on No.5 節約しながらオシャレする リセッショニスタがイン!

空前の不況ですっかりデパートもショップも勢いがなくなったニューヨーク。 去年の夏までは、ファッショニスタと呼ばれるオシャレさんたちがもてはやされたものだけれど、今や失職する女性も増えていて、すっかり下火に。 ボーイフレンドが金持ちだった美女たちだって、バンカーや証券マンがだめになったとたん、オシャレにつぎ込めるお金が激減。 そういや「SATC」のキャリーが結婚したミスター・ビッグは、投資で儲けているビリオネアのようだけど、株価下落で大損こいたんじゃないですかね?

3月19日(木)の夜8時にブロードウェイの劇場街を歩いた人なら、どの劇場からもいつものきらびやかな明かりが消えているのに気づいたことだろう。 その前日にニューヨークの病院で亡くなったトニー賞受賞女優、ナターシャ・リチャードソンの死に追悼の意を表すため、その夜、全ての劇場のビルボードからきっかり1分間、明かりが消されたのだ。 彼女の突然の死は、数日前のスキーレッスン中の事故が原因だった。 そして、そのニュースはわたしにはかなりの衝撃だった。

No.10 NYコレクション会場で見る、2009年のトレンドとは

Categories: Fashion and the City(更新終了)
Comments Off on No.10 NYコレクション会場で見る、2009年のトレンドとは

やっと終わったコレクションのばたばた。一日中外に出ずっぱりのきつい仕事ですが、楽しいのはピープルウォッチング。いつもどこにいるのあなたたち? って思わず言ってしまうぐらい、べっぴんおしゃれさんが会場に勢揃い。 みんな次のトレンドを先取りしていて、勉強になります。その中から、いくつか気になるものをピックアップしてみました。

釈然としない「別れ」の後、わたしはよくよく考え、結局、地元のシェルターに行くことにした。 そこは、ローカルチャンネルでCMを打っているほどの、地元では有名な団体だ。 その団体は、「アダプションの前に、考えて欲しいことリスト」を公開している。 それを順に紹介してみよう。

桜の季節

Categories: ニッチなフォトログ
Comments Off on 桜の季節

日本の桜が見たいからと子どものスプリングブレイクを利用して日本に帰る友人がいる。 そうかあ、桜の季節になったんだな。 と思ってふとストリートを見渡すと、 なんだ、アメリカでも桜があるではないか、ということに気が付く。 キレイだなあ。 郊外へ行けば、その辺に咲いている。 今がちょうど前線だ。 ニューヨークでは、今の時期、ブルックリンボタニカルガーデンが賑わっている。 ここでは、ちょっとした「場所取り」だって経験できるんだから。 「ハナミ」はアメリカ人でも文化人の間では、ちょっとした外来語として定着しつつある。 今年はちょっと足を伸ばしてワシントンDCまで行こうかな、と思っていた。 どうしようか、と夫と相談していたら、 今週末は、大学バスケットボールの大きな試合があるらしい。 子どもたちも今からゲームを楽しみにしているようだ。 まあいいか。 そんなに遠くまで行かなくても、桜は充分鑑賞できるしね。 お花見よりもバスケットボール。 やっぱりここは、アメリカなんだな。 ノースキャロライナ州ダーラム市デューク大学内:デュークガーデンの日本庭園 ここでは、先月末に「花見とお茶会」が催されていた。 うーん。ワビサビの世界ですねぇ。 数日前の雨で、ちょと散ってしまった桜。 でも、逆に地面にたくさん敷きつめられた桜の花びらが妙に美しかった。 写真がもっと見たい場合は、フリッカーでどうぞ。 ブログ:http://ameblo.jp/nymommy/