ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for January, 2009

ビンボー青年が巨万の富をつかむ「スラムドッグ$ミリオネア」

Categories: 夜の試写室
Comments Off on ビンボー青年が巨万の富をつかむ「スラムドッグ$ミリオネア」

08年の映画賞を総なめ、ゴールデン・グローブ賞で4部門ノミネート、米俳優組合賞(SAG賞)でもノミネートされている作品が、「スラムドッグ$ミリオネア」 (c) 2006 FOX AND ITS RELATED ENTITIES. ひとことでいえば、インドの貧しい青年がミリオネアになるという、わらしべ長者のような物語なのだが、これが全米で大ヒット。アカデミー賞にもノミネートされる期待大なのだ。

同級生は異邦人 No.15 シエラレオネから来た19歳・アリーとの友情

Categories: Across the Universe(更新終了)
Comments Off on 同級生は異邦人 No.15 シエラレオネから来た19歳・アリーとの友情

ブルックリンにある今の大学で3つの学期を過ごし、この冬卒業する私。大学では授業によってクラスメイトの顔ぶれが違うが、3つの学期とも何かのクラスで必ず一緒だったのがアリーだ。 アリーは19歳のアフリカン・アメリカン。私から見たらまだ少年である。彼は5年くらい前にアフリカのシエラレオネからニューヨークにやってきた。 彼とは最初、数学のクラスで一緒になった。彼は数学が大得意、そして私は日本での教育のおかげで、いつも揃って成績トップ。だから「ぬ、お主、やるな。」という感じで自然と話すようになった。

英語版ギャル会話の豆知識

Categories: 知っ得! イングリッシュ豆知識
Comments Off on 英語版ギャル会話の豆知識

NYに住んでいる日本人女子として、会話をする機会が少ないのが同年代のアメリカ人女子。つねに忙しいかつ早口ニューヨーカーギャルの皆さんは、たどたどしい英語をしゃべる外人と話をする辛抱強さなんかもってはいないのです。 実際のところ相手をしてくれるのは、ナンパ目当ての男子、日本オタク(大体男子、しかもあまりいけてない)、時間はたっぷりあるお年寄りぐらい。恋愛ネタ、オタクネタ、歴史ネタなんかの英語は強くなるかもしれませんが、女子的おしゃべりができないのは寂しいところです。

グラセンにようこそ

Categories: ニッチなフォトログ
Comments Off on グラセンにようこそ

ご存じグラセン、つまりGrand Central Terminal(Grand Central Stationでも通じる)ちゅーたら、ミッドタウンにあるおっきな駅ネ。 トライステートからの電車が集まりまくりの、終発着駅なんで、マンハッタン在住でもトライステートにご縁のない方は、「名前は知ってるケド、使ったコトなーい」というパターンが多かったりするヨ。

クリスマスの小さな思い出

Categories: ニッチなフォトログ
Comments Off on クリスマスの小さな思い出

今年のクリスマスは、アメリカに住む人たちにとってもかなりチャレンジングだったのではないかと思う。 やはりこの景気だもの。例年通りに派手なお祭り騒ぎはしていられない。 企業や公共の場では、クリスマスツリーを飾るのを辞めた、という所もあったようだ。 しかし、子どもがいる家庭の場合は、「大人」の事情で、子どもの夢を奪ってしまうのは可哀相。いきなりツリーやギフト交換なしにはできない。