ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for March, 2003

スピーチ上手なNYのホームレス

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on スピーチ上手なNYのホームレス

サブウェイの電車の中で、ちょっと気になるものを見た。いろんなキーがじゃらじゃらついているキーチェインを腰にぶらさげて、物乞いするホームレスの姿だ。 「Ladies and gentlemen・・・僕はストリートで暮らしているホームレスです」なんて言っていたけど、あんなにキーをたくさんぶらさげているホームレスは初めてだ。ニューヨークには想像もつかない生活をしている人たちがたくさんいるので、彼がホームレスでないとは断定できない。 しかし、まあ、常識的に考えると、あのキーは、ちょっと失敗でしょう、同じやるならもう少しプレゼンテイションをしっかり見直してからやって欲しい、と思うわけである。

No.8 鼻やかなニコール・キッドマンのアカデミー・オスカー受賞

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.8 鼻やかなニコール・キッドマンのアカデミー・オスカー受賞

ニコール・キッドマンに、あの「鼻」のことを聞いてはならぬ。 彼女はもう、その話題、遠の昔からうんざりしているのだ。 だいたい何故みんな、そんなに鼻のことなぞ気になるのか。 マイケル・ジャクソンの鼻ならば、つい話したくなる気持ち、わかるけど。

疲れのサイン、それともただの妄想?

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on 疲れのサイン、それともただの妄想?

先日、ある日本人の男性と話しをする機会があった。 「お子さんはいらっしゃるんですか?」 と私が聞くと 「ええとねぇ。一応、いますよ。14歳になったのかな? でも、もう一緒に住んでないので、今はどうなっているかわからないんですけどね」 と笑っていた。奥さんと離婚して子供とも別居状態にあるのだなあと即座に理解した。私は「そういうのも、何かいいですね」と言いそうになって、やめた。

No.7 戦争まっただ中でも、アカデミー賞

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.7 戦争まっただ中でも、アカデミー賞

本年度の第75回アカデミー・オスカー授賞式は、戦争が始まりそうな気配から、延期されるかもしれないと噂されていた。 授賞式のプレゼンターでもあったオスカー受賞女優ヒラリー・スワンクに、今週末に予定通り、授賞式が開催されると思うか、と聞いてみたのが月曜日。 すると、「どんな時代でも、人々にとってエンターテイメントは大切なものなの。だから、きっと開催されるわよ」と、返ってきた。 火曜日には、この週末3月23日に予定通り、授賞式が開催されると正式発表された。

日本発最新流行ファッション?!

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on 日本発最新流行ファッション?!

ある日、夫の母親からあるEメールが届いた(彼女はニューヨークのロングアイランドに住むアメリカ人)。私たちは日頃から頻繁にメール交換をしていたので、私は特にびっくりすることもなく、彼女からのメールを開けてみた。 サブジェクトは「NEWEST RAGE IN JAPAN(日本の最新流行)」となっている。かなりたくさんの人にフォワードを繰り返された長いメールだった。

No.6 図太く押せ、押せ、ケイト・ウィンスレット

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.6 図太く押せ、押せ、ケイト・ウィンスレット

細いのに「痩せなきゃ」と心配している女性に会うと、ハアーッ、とタメ息ついてしまう。食糧難を乗りこえた親の世代から「食べられるうちに食べとけ」という黄金の教訓を、いつのまにか受けついだ私は、大食い女。 遠い昔、日本人男性とディナー・デートに出かけたときの話。 さて、これからメインコースだぞ、と思ったときだ。彼は「もう、お腹いっぱい」と、先に食事を終えてしまった。そして「女の子はあまり食べないほうがいいよ」というコメントまで投げそえた。 “この男とは縁なし“と悟った瞬間だった。いま思い出しても、むかつく。

No.5 ラブとピースと、かわいそうなリチャード・ギア

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.5 ラブとピースと、かわいそうなリチャード・ギア

アカデミー・オスカー賞のノミネート発表があった朝、私は一言、呟いた。 「ああ、可哀想」 『シカゴ』は今年、最多の13部門でアカデミー賞にノミネートされた傑作ミュージカルだ。レニー・ゼルウィガーも、キャサリン・ゼダ・ジョーンズも、クィーン・ラティファも、ジョン・C・ライリーも、つまりこの作品のメイン・キャストは全員、オスカー賞候補となったのだ。リチャード・ギア以外は。 つまり、彼だけが仲間外れ。