ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Archive for 2003

私が最近まで夢中になっていたこと。

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on 私が最近まで夢中になっていたこと。

自分のHPの更新を怠けていたら、その間にまた一つ年をとってしまった。30代も残りわずかだと思うと少々寂しい気もするが、私だってまだまだ頑張るぞぉ~、と意気込む気持ちがますます湧いてくる。年を重ねてそれなりに賢くなりたいとは思うが、それと同時にいつまでも年齢を感じさせない女性でありたいと心から思っている。

No.26 恋するキアヌ・リーブスに恋したワタシ

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.26 恋するキアヌ・リーブスに恋したワタシ

ムラムラと、私の内から何かが生まれてる。これって、もしや恋? 恋の始まりみたいな気分がゆらゆら大きくなっていく。 ことの始まりは、ダイアン・キートン演じるバツイチの年配女性が、ジャック・ニコルソンとキアヌ・リーブスというスゴイ組み合わせの二人相手に恋を展開する映画を観たこと。 この全米12月12日に封切りになる新作『Something’s Gotta Give』で、うんと年上のオバサマに恋する30代の医者を演じたキアヌ・リーブスに、私は—恋してしまった。

Let’s have a botox party!

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on Let’s have a botox party!

この間、アメリカにおける美容のトレンドやファッションをレクチャーする、ちょっとしたセミナーのようなものを、日本から来た某化粧品会社の人たちと一緒に聞く機会があった。美容業界でキャリアを積んだアメリカ人女性が順番に各々の立場と見解から、アメリカでのコズメティックトレンドを分析し語るという趣旨のもの。

ついに出た、黒い奴。

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on ついに出た、黒い奴。

夏が終わって本当に寒くなってきた。 昨年の夏、このアパートメントに引っ越してきた時には、かなり「これ」に悩まされた。「今年の夏は、全然出てこなくてよかった!もう、冬になるから安心だわ」と思ったのもつい数日前。 ところが、ついに「出た」のである。しかも今まで見たこともないような、でかいヤツが。

No.25 マッチョな男トム・セレックが抱く男らしいオトコ像とは?

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.25 マッチョな男トム・セレックが抱く男らしいオトコ像とは?

“マッチョ、マッチョマーン!” と、ヴィレッジ・ピープルの歌を耳にして、私が思い浮かべるのは、俳優トム・セレックの顔だ。 テレビ・シリーズ番組『私立探偵マグナム』で初めて彼を見たときから、そんな男っぽいイメージを抱いてしまった 。 あの、ぶあつい口ひげといい、モサモサのまゆ毛といい、筋肉質な体格といい、どう見ても正真正銘の“マッチョマン”。 映画でどんなに違う役をやっても、なんかムーンと男っぽさが臭ってくる俳優なのだ。 実際の彼も、線が太くて男らしさプンプンだった。 実物大の本人を目の前に、私は聞いた。

なんとなくディスポーザブル

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on なんとなくディスポーザブル

アメリカは、使い捨て文化が私たちの生活の中でもかなり浸透している。ディスポーザブル商品が驚く程に、ずらーっとストアーの棚に並んでいる。コンタクトレンズ、ペーパーカップ&プレイトなどは勿論のこと、赤ちゃんグッズ関係は忙しいワーキングマミーたちの手間を取らない為プラス、衛生上の問題とやらでやたらと充実している。哺乳瓶など、確かに一々煮沸消毒しなくてもいいディスポーザブルタイプは便利と言えば便利であるが、一度で捨ててしまうのはあまりにもその哺乳瓶を馬鹿にしているような気がして、私にはできない。

『100円ショップ』アメリカ上陸!

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on 『100円ショップ』アメリカ上陸!

ベイビーシッターから「フォレストヒルズの駅前に日本の『100円ショップ』ができたの知ってます?ホントウの日本の製品だからいいですよ。きっと仁子さんも行けば、いろいろ買いたくなりますよ!楽しいものがたくさんあるから」と教えてもらい、早速、そのお店をチェックしてきた。 フォレストヒルズのクィーンズブルヴァード沿いに、最近、新しくできたお店で、何となく人だかりがしているなあとは思っていたが、そこが『100円ショップ』だとは知らなかった。わくわくしながら中へ入ったら、うわぁ~!本当だ。どこを見ていいのかもわからないぐらいに日本のグッズがずら~り。きゃぁ~、ホント、楽しそう~!

No.24 制服姿でハリウッド・デビュー。『キル・ビル』の殺し屋、 栗山千明ちゃんのニューヨーク取材

Categories: セレブの小部屋
Comments Off on No.24 制服姿でハリウッド・デビュー。『キル・ビル』の殺し屋、 栗山千明ちゃんのニューヨーク取材

「オンナを捨て~まァ~し~た~・・」 と、あの演歌、いまでも耳から離れない。 3日で2回も映画『キル・ビル』を観てしまったからだ。 あんなに堂々と最後の節まで演歌「修羅の花」を字幕なしで流しちゃうわ、ルーシー・ルーを日本のヤクザの姉御さんにしちゃうわ、ソニー・チバこと千葉真一には武士魂 バシバシの日本語ナレーションをさせちゃうわ、なんか、すごいハリウッド映画だった。

血しぶきとギャグの出血大サービス『キル・ビル』

Categories: 夜の試写室
Comments Off on 血しぶきとギャグの出血大サービス『キル・ビル』

じゃーん、全米ではクエンティン・タランティーノの新作「キル・ビル」がついに公開! オープニングの週末で約24億円を稼ぎ、全米興業収入第一位に躍りでた。 日本でも10月25日からいよいよ公開。 てことで、ひと足さきに、ニッチなみなさんにはさわりをご紹介っす。

ニューヨーカーのタトゥー

Categories: ヒトコの小径
Comments Off on ニューヨーカーのタトゥー

今年の夏は、本当に雨が多かったなあと振り返る季節になった。このところ急に涼しくなってきて、私はここ1ヵ月ぐらいずっと風邪を患っている。健康管理がなってない証拠だ。気を付けなければならない。 体調が芳ばしくないので、すっかり冬支度になっている私だが、相変わらず薄着のニューヨーカーもまだまだ多い。