ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

All posts in イボンヌの部屋

マンハッタンは春を通り越して、いきなり夏かと思うほどのよろしい陽気になりました。 レストランも早速サイドウオークテーブルがオープンで、タンクトップやショートパンツ姿の高露出度なブランチ客で満席となっておりました。 みなさま、ほんとに肌を出すのがお好きなんでございます。 虫が穴から出てくるのを啓蟄と申しますが、「人」が表に出てくるのがニューヨーク流啓蟄のように思いますです。 私も家にいるのが勿体ないような気分になり、よーし、ウオーキングに行こう!と出発したのでございます。 歩きながら夕飯の献立を考えておりましたら、ほろ苦い味が無性に食べたくなりました。

野菜も大柄なアメリカ、骨太青物カラードグリーン&バカでかキュウリ

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on 野菜も大柄なアメリカ、骨太青物カラードグリーン&バカでかキュウリ

NYのスーパーならどこでも見かける青物にカラードグリーンという菜っ葉があります。 ご覧ください。大きくて茎も葉もしっかりしております。ちょっとやそこらじゃぁ折れやしません。団扇にもなります。涼風が漂ってきそうです。見るからに栄養モリモリの骨太な野菜でございます。

パエリア、理想のおこげ問題

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on パエリア、理想のおこげ問題

「Socarrat Paella Bar ソカラット・パエリア・バー」。 お店の名前にもなっている「おこげ」が人気を呼んで、NYC一番のパエリアと評判の上に予約を取ってもらえません。 一回目は一時間半待ちと言われ断念。 2度目のチャレンジは開店直後の早い時間に行って、入店できました。それでも40分待ち。超人気レストランでございます。 私がNYCのスペイン料理店で食べたパエリアはベチャベチャだったりして、おこげに満足できる代物ではありませんでした。 渡米19年にして、やっとパリパリおこげのパエリアが食べられるのかと目頭が熱くなる思いでございました。(そりゃ、ちと大げさではございます) サングリアを呑みながら、タパスをつまんで待つこと30分。やっと、その噂のパエリアにお目もじできました。

11月26日のサンクスギビングからホリデーシーズンが今年も始まりましたぁ。 今回はぐっとミクロな地元民のホリデーシーズン風景をご紹介いたします。 キラキラの5番街ウインドウディスプレイではなくて、ごめんなさーい。 サンクスギビングは家族や親戚と一緒に過ごすのがお約束。 ステレオタイプにいえば、オトコどもはビールを飲みながらテレビでフットボール観戦、オンナどもは台所でペチャクチャしながらターキーディナーの用意、ほんでもってディナーの時にクリスマスプレゼントのウイッシュリストを交換して、翌朝のブラックフライデーにプレゼントを買いに走るのでございます。 まさにアメリカのファミリードラマそのものなのですなぁ。 これって、紅白歌合戦を観て、元旦におせち料理食べて、お年玉もらって、デパートに福袋買いに走ってって、日本の年末年始の過ごし方に似てません?

チャイナタウンでお買い物。できた!モモフク・サム・バーの味。

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on チャイナタウンでお買い物。できた!モモフク・サム・バーの味。

念願だったモモフク・サム・バーに、ついに行ってまいりました。 モモフク・サム・バーについては、生にゅー! 生のNYトレンド通信「No.6 世界のトップレストランにNYのモモフクが初登場!」をご覧くださいまし。 あれやこれやいただきました中で、スチームド・バンはほっぺたが飛びました。 中華蒸しパンに海鮮醤、トロトロ豚バラ、キュウリをサンドイッチにしてあるだけのシンプルなメニューなのですが、文句なく旨いの一言に尽きます。 口に入れた時に「おやっ?」と味のデジャブ感。 そうです!日本の「長崎角煮まんじゅう」も中華パンに豚角煮が挟んであったのです。中華蒸しパンと豚バラは黄金のコンビ、ジョン&パンチ(古~い!)なのですね。 スチームド・バン、毎日でも食べたーい。

食い意地オンナはファーマーズマーケットで地産地消

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on 食い意地オンナはファーマーズマーケットで地産地消

毎週土曜日の楽しみはファーマーズマーケットでの食料調達でございます。マディソン街のブティックのお洋服ではなくて、食材にそそられますのアタクシ。しかして、ファーマーズマーケットを詣でてお百度踏んでおります。 ニューヨークのファーマーズマーケットは非営利のCENYC(ニューヨーク市環境協議会)がサポートしております。1976年から地元の食材をニューヨーカーに提供しようと始まったプログラムで、長ーい歴史があるんですねぇ。これが目印。

マンハッタンぶらぶら自転車紀行

Categories: イボンヌの部屋
Comments Off on マンハッタンぶらぶら自転車紀行

マンハッタンは週末になるとツール・ド・フランスかい?と言いたくなるくらい、自転車があふれます。カッコいいロードレーサーやマウンテンバイクで、ファッションもキメた自称ランス・アームストロングもいっぱいいっぱい。 コースで一番お手軽なのはセントラルパーク。週末は一般車両は通行禁止ですので、ホコ天ならぬ、ジテ天、ジョギ天、ローラー天で走り放題です。 公園にはレンタルサイクルもありますので、観光で訪れた人も楽しめます。周回コース1周で10キロ弱ですので、結構いい運動です。