ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

All posts in 愛とスピリチュアルの野菜ごはん「いなわら亭」

真冬のファーマーズ・マーケットは、根菜のお祭りです。 じゃがいも、さつまいも、人参、玉ねぎ、蕪類(ビーツ、ルータバガ、セルリアックなどなど)。それに加えて、夏から保存されていたキャベツ、リーク、にんにくなどが売られています。 Read more

No.13 原始人のサラダはいかが?「カリフラワーのタブレサラダ」

Categories: 愛とスピリチュアルの野菜ごはん「いなわら亭」
Comments Off on No.13 原始人のサラダはいかが?「カリフラワーのタブレサラダ」
「パレオ・ダイエット」をご存知でしょうか? 「パレオ」というと、水着の上から着るスカートのようなワンピースのような…という感じですが、この「パレオ」は「Paleolithic(パレオリシック)」、つまり「旧石器時代」を意味する言葉から来たものです。 Read more
秋も深まり、野外のファーマーズ・マーケットには着込んだ買い物客が増えて来ました。 夏野菜も名残りとなり、毎週、どれかが姿を消して行きます。 Read more
今月はちょっと番外篇として、ペンシルヴァニア州にあるアーミッシュ・カントリーを訪ねた時の話をします。 アーミッシュは、ペンシルヴァニア州や中西部、そしてカナダのオンタリオ州などに居住している、ドイツ系の移民(一部にオランダ系も含まれます)の「宗教集団」と呼ばれている人々です。 Read more
ユニオン・スクエアのグリーン・マーケットは年を通して開いていますが、たいていの地域では、冬のファーマーズ・マーケットはお休みです。 11月終わり〜12月頭から約4〜5ヶ月の休止期間を経て、5月の中頃には、いろんな街のファーマーズ・マーケットが再開されます。 Read more
真冬のマーケットには、基本的に保存野菜が出回っていることはお話した通りです。 その代表格が根菜なのですが、かれらは夏から初秋までに収穫され、低温保存されていたものです。 Read more
年が明けて真冬の今は、ファーマーズ・マーケットも「保存野菜」がほとんどです。 温室を持っているファームからは、寒くても育つ青物(ほうれん草やケールなど)が少し出たりしますが、多くのファームは今、早春からの植え付けに備えて、畑を休ませています。 Read more
年末&月末締めのお仕事をはじめ、年内にやっておきたいことを片付けるのはもちろん、忘年会にクリスマスにとイベントも多いこの時期。 ごちそうの連続、忙しさや疲労のためについ、ごはん抜きになったりと、食事のバランスやタイミングも崩れがちです。 そんな時、材料さえあれば10分以内に食べられるものがあったら…。 Read more
前回の「いも類」に続き、アメリカで「秋を感じさせる」野菜が、日本語で言うところの「かぼちゃ」。 英語では「ウィンター・スクワッシュ」です(注1)。 Read more
夏真っ盛りでカラフルだったファーマーズ・マーケットのお野菜も、夏野菜と秋野菜の交代のタイミング。 トマトとかぼちゃが同じお店に並ぶ、入れ替わりの時期になりました。 Read more