ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

All posts in ニッチもサッチも

私とニッチの始まりと、ニッチでない私の人生のこと

Categories: ニッチもサッチも
Comments Off on 私とニッチの始まりと、ニッチでない私の人生のこと

それは、4年前のこと。 私が2冊目のエッセイ本を出した時だ。 自ら営業しようと、インターネットで 、いろいろと検索していた。 その時に、ニューヨーク在住のライターで、当時「ハーレム日記」という人気メールマガジンを書いていた弘恵ベイリーさんのサイトを見つけた。 彼女にメールを出してみると、直ぐに返事が来て、「今度、会いましょう」という話に発展。

ヲタ絵描きの作り方

Categories: ニッチもサッチも
Comments Off on ヲタ絵描きの作り方

自己紹介しろって言われてもねえ、わたしの経歴なんか書いてもあんま面白くないと思うの。 んーー、じゃ、しょーがない、ココはひとつ、とっておきのネタを披露してみよっかな?(半疑問形) わたし、ブリスさんが「実は別名で絵描きもやってる」のはすでに各方面でバレバレ…のハズなんだケドも(笑)、この「ブリスさんの中の人」Maelさんの誕生には、とあるニッチメンバーがふかぁく関わってるのヨ。ホントのホント。 こらもー、本人にすら教えたことのない、ショーゲキの事実…かも知れない。

ブルックリンの絵本画家ママの自己紹介

Categories: ニッチもサッチも
Comments Off on ブルックリンの絵本画家ママの自己紹介

ニッチに参加させていただいたきっかけは近所の仲良しの友達、ニッチ では“セレブの小部屋”を書いている“あずまゆか”さんを通してだ。 いつもほがらか、のほほんとしたゆかさんが、こんなにたくさんのセレブをインタビューしていて、またそのことをセレブの裏話として、おもしろく書いているのを知って驚いたが、他のメンバーの記事もこれまたすごくおもしろい。 ニッチのメンバーは文面で見る限り、皆、切れ者そうで、経歴もそうそうたるものだったので、はじめて会うときは緊張した。けれど会ってみると皆とても感じの良いすてきな人ばかりだった。

私の英語歴

Categories: ニッチもサッチも
Comments Off on 私の英語歴

そもそも語学留学でニューヨークに来た私、Sally。自己紹介は私の英語歴として書いてみる。 中学校で英語を習い始めるまで、私は英語に触れた事はなかった。日本の海の外のことなど考えたこともない。 田舎育ちゆえ、周りに英語や海外のことを話す子なんていなかったし、山奥のお寺に「ガイジンさん」が修行に来ている、というのは時々聞いたが、見たこともなく、まるで宇宙人のような存在だった。

セレブじゃない私の小部屋より、自己紹介

Categories: ニッチもサッチも
Comments Off on セレブじゃない私の小部屋より、自己紹介

じつはニッチというウエブ・マガジンが発足する前から、ここでセレブ話を書いてくれと編集長のエリ師匠から声をかけられていた私だ。 彼女からは『セレブの小部屋』という素敵な連載タイトルまで授かった。 でも「うーん」と言ったきり、1年以上、私はなにも書かなかった。仕事では普段から映画関係のことを書いているけれど、ニッチはボランティア執筆。となると、やっぱり好きなことしか書けない。

美少年は国のタカラ

Categories: ニッチもサッチも
Comments Off on 美少年は国のタカラ

応援団の山本でございます。日頃はご愛読ありがとうございます。 ライターとして登場しておりませんので、「何やこいつは?」とお思いでしょうが、応援団としてお手伝いさせていただいております。なぜか「部長」と呼ばれておりまして、本人としてはいささか面映いのですが、実は宴会部長らしいんですわ。酒宴には必ず顔を出す何だか口やかましい隠居でございます。