ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

のぞき見、続アメリカ子どものバースデーパーティ<一般人スポーツ編>

On: ニッチなフォトログ

またもお誘いのあったバースデーパーティ。
今回は一般人で、スポーツ系のパーティに続けておよばれしてきました。

一つ目の場所はこちら。
一見なんの場所なのかわからない、地味—な建物です。
が、よく見ると「ICE HOUSE」という名前が見えます。
そう、こちらアイススケート場なんですね。

中を見てみましょう。
パブリックに解放している時間帯なので、スケートを楽しむ人々でとってもにぎわってます。
リンクが4つもある非常に大きなスケート場で、フィギュアスケートクラブとしても有名みたいです。

ちょうどリーグが開催されていたようで、隣ではアイスホッケーの試合も行われていました。

パーティの最初はこのフリーリンクで子どもたちが自由にアイススケート
といっても3、4歳児ばかりなので、親ももちろん一緒に滑らなくてはなりません。

スケート歴2回目のわたくし、娘には怖くないわよ! と言いつつ、こけたらどうしようと内心びくびくしておりました。
そんなわたしに救いの手が!

それがコーチによる子どもたちへのスケートレッスン
これもパーティのサービスに込みとのことで、スケート2回目と言うわたしを気の毒に思ったバースデーガールのママが、コーチを呼んでくれました。
助かった……。

1時間アイススケートをした後は、2階にあるパーティルームでバースデーパーティの始まり
アイススケートの間は、各自バラバラに行動していたので、ここにきてやっとパーティらしくなりました。

フードはもちろん恒例のピザ
大人たちはサンドイッチなどの軽食。これが一般的なんですねー。
金持ちバージョンSUSHIというのはレアなのです。

ピザの後はケーキ、なんですがすみません、写真を撮りそこねてカット後のものしかありません……。

これがまたよくある、シールを貼付けているかのようなキャラクターそのものの絵がついたケーキなんですね。
人工着色料満載で、日本人的にはありえない色彩のものです。
今回はアナと雪の女王でしたが、残骸からその精巧な絵を推測してもらえると助かります。

それでこれが見た目から想像する期待を裏切らず、まずいんです本当に
スポンジはパサパサ、クリームはべったり甘いだけでおいしさが全くないという、お愛想に食べるものの数口でギブアップしてしまう代物なんですね。

今回もアナ雪の絵を見た瞬間、無理……とくじけそうになったわたしでしたが、実はこれアイスクリームケーキだったんです。
ふつーのアイスクリームで、ふつーにおいしく食べれました。よかったー。

金持ち版に比べてだいぶ写真少なめですが、一般のバースデーパーティはこんなもんです。
ただアイススケートという場所がユニークで初体験だったので、我々親子はだいぶ楽しめました。

続いてのパーティはこちら、ボーリング場です。
本当にたまたま偶然なんですが、前回のアイススケート場のすぐ隣でした。

中を見ると、日本と変わらないボーリング場です。
日曜日とあって、親子連れが多かったです。

バースデーパーティ組は、最初にパーティ担当のおにーちゃんから子どもたちに、注意事項などの説明があります。
みんななぜか一列になって説明を聞いています。
学校での習慣なのか、見てるこっちはなんかおもしろかったです。

ゲームが開始!
重いボールをうんしょと両手で運んでいる子どもたちがかわいいです。

バースデーボーイが6歳だったため、同級生の男子たちはボールを投げられますが、うちの子も含め小さい子たちも結構います。

これどうしたもんかな……と思っていたら、担当のおにーちゃんが持ってきてくれました、これ

スライドと言うらしいですが、ボールをこれで転がすことで、勢いをつけることができるんですね。
初めて見ました! 日本にもこんなのあるのかしら。

それからもう一つ初めて見たのが、ガーター防止の柵
パーティで貸し切っているレーンは全て、それ以外のレーンでも子どもだけのところはこの柵がちゃんと出ていました。

3歳児にどうなのボーリング、と実は心配していましたが、この2つのアイテムのおかげで、うちの子もかなり楽しんでました。

ボーリングの後はやはりピザとケーキでパーティ
どんな場所でどんな雰囲気であろうと、もうこれは変わりません。

今回は忘れずに撮りました、ケーキの写真です。
バースデーボーイが大好きなピカチュウのケーキ。
思ったよりあっさり味でしたが、やっぱりおいしくありませんでした(笑)

ちなみにこれらのパーティ、費用は全て主催者側もち。
およばれした我々は、プレゼントを持っていくだけ。スケートのレンタル代なんかも含め、当日は一切お金を払っていません。

いかがだったでしょうか、一般人編。
子どもが利用する施設では、本当にどこでもバースデーパーティが開催されるんだな、と感心した今回パーティ2つでした。