ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

のぞき見、アメリカ子どものバースデーパーティ<金持ち編>

On: ニッチなフォトログ

子どもが学校に行きだすと逃れられないイベント、それがバースデーパーティ
今までにもすでに何度か行ったことがありましたが、今回ひと味違うパーティにお呼ばれしてきました。

何が違うかって? 場所ですよ、場所。

今回はこちら。
豪華一軒家でのパーティ!

今まで参加したのは、よくあるインドアプレイエリア内のパーティスペースで行われるものばかり。学校でいろんな収入レベルの家族が集まったからこそ体験できるパーティですね。

入ってすぐ通されたのがこのプレイルーム。
子どもの遊び場とは思えないゴージャスさです。

ちなみにこれ自宅じゃなく、おばあちゃんちです。たまにしか来ないおばあちゃんちでこんなにおもちゃがそろってるとは、すごすぎます。
こっそり持って帰っても気づかなさそうなレベルです。

プレイルームで遊んでいると、司会! のおにーちゃんが現れ、子どもたちをこちらのメインのパーティ会場へ移動。

まずはここでグリッタータトゥー。
それぞれ見本から好きな絵を選んでやってもらいます。

続いて司会のおにーちゃんによるバルーンアート。

この後はそのまま即席クイズ大会に。
正解者にはプレゼントが配られてました。

本当に子どもが好きなものばかり。
パーティというより子ども向けイベント会場のようです。

次は場所を移動し、玄関ホールでミュージックイベント。
こういう子ども向けイベント専門のひとたちを呼んでまして、楽器を演奏したり踊ったりとプチ音楽教室が開始されてました。

このパーティは年末だったのですが、この次にはサンタさんも登場
ちなみにバースデーガールはロシア系アメリカ人だったので、サンタさんの衣装はロシア式、そしてスネグーラチカと呼ばれる雪姫? とピエロも一緒に、お遊び時間が開始しました。

ボールを拾って集めたり、きしゃぽっぽごっこをしたり。

実は最初の頃は突然のハイテンションについていけず、一体何が行われているのか、てな感じで口をあけてぼーっとしていた子どもたちですが、この頃には大盛り上がりになってました。

そしてディナータイム
ここはさすがに普通にアメリカンで、ピザでした。

そしてバースデーソングを歌ってケーキ。

その後がすごかったです。

ここで終わりかと思ったら、また司会のおにーちゃんがやってきて 「みんな、ディスコタイムだよ!」 と。
わたくし、え? と一瞬耳を疑いました。

が、ご覧の通り本当にディスコタイムでした。

ちかちか光るブレスにリング、新体操のようなくるくる回すキラキラリボンをもらって、みんな大興奮で踊りまくり

その後もまだうちの子はプレイルームで遊びたがったんですが、この時点でもう3時間経過(普通のパーティは大体2時間ほど)。
4時半開始だったので、もう良い子はとっくにおうちに帰ってないといけない時間、ということでお暇することに。

いやー、想像以上にすごいパーティでした。

パーティ内容もですが、実はわたしが一番びびったのは親たちの服装

なんとみんなドレスアップしてたんです。ほぼみんなが黒のドレス。
なんだったら子どももふりふりドレス

写真を撮りたかったんですが、ひーっとびびっていたわたし、気後れしてそんなもの撮れませんでした……。

大人の食事もいつもながらのピザを予想していたら、あなたこれがなんと寿司
SUSHIでございました。

そしてドリンクはシャンパングラスでシャンパン
もちろんわたしはそんな恐れ多いものには手を出せず、ひっそりペリエを飲んでおりました。

そこにいたほとんどかつドレスアップをしていたのが、親同士が友達と思われるロシア人ファミリーで、紛れ込んでいたのがわたしも含む、学校繋がりのアメリカ人ママ。

わたしたちはもちろん普通の服装で、このドレスアップにどんびき
初めて会うママもいたのですが、我々の間には妙な連帯感がうまれていました。

ちなみにアメリカではよくあるのかなと思って聞いてみたら、彼ら曰く、こんなパーティはまれとのこと。
あのゴージャス感は派手好きなロシア特有のものなのかもしれません。

何にせよ、多分他では体験できない、アメリカの金持ちパーティ風景が見られておもしろかったです。

そして来年もきてね! と言われたときには、何を着ていこうかと真剣に考えた帰り道でした。