ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

Page 13 タイラ・バンクス

On: 女優ですもの!セレブリリアント☆イラスト集(更新終了)


© Yoko Kadokawa

マッコウクジラのようなデコっぱちLOVE!
彼女の頭の良さを象徴してますね。

日本のFoxTVで始まった「アメリカン・ネクスト・トップ・モデル S20」を観ております。
え〜!もうシーズン20なんだ・・・。シーズン3までは観てたのですがそうですか、もう20ですか・・。

タイラはこの番組のホスト兼、制作総指揮を努めています。
シーズン1が始まったのが2003年なので、かれこれ11年

その間に彼女は太ったり痩せたりしてますが番組内での美しさは変わりませんね〜。

今シーズンから男性が参加しての男女混合になったとかで、番組のキャピキャピ度がドーンと上がった気がします。
ティーンズの修学旅行のようなキャピ度満載。

イケメン男子を大量投入することで女子だけだった時のギスギス感が薄れて、フワフワと浮ついた要素が垣間見れるのが今シーズンの楽しみの一つでしょう。

恋愛感情を匂わせつつも出演者達が「男には負けない」とか「女には負けない」とか言っているのが(言わされてるのかもしれないが・・・)、『んなこと、どーでもエエやないか!』とツッコミたくなるところです・・・。

んま、どちらにせよ美しい男女が回を追うごとにますます美しく格好良くなっていく様は観ていて飽きないです。

でも私はどちらかというと、キャピキャピな出演者達よりもタイラを観るのが楽しみなのです。

シーズンの最初のほうでは彼女自身がカメラマンとなって撮影もしてましたが、その写真の上手いこと
そして今回は彼女が出演者にメイクをするシーンが何度もでてきますが、そのメイクがこれまた上手いこと

『神はタイラに何物も与えた!』

ということで私は、[美しくて多才、フレンドリーでユーモアがあってビジネスウーマン]な彼女が好きであります。

あ、そうそう、今シーズンから視聴者投票なんかも加えています(個人的には『そんなもん要らんやろ』なのです)が、この視聴者のコメント動画がたまに流れるんですね。
これがまたある意味面白い

なぜに裸?なにかのアピールか?
こういうのもいかにもアメリカらしくてオモシロイです。

今シーズン、誰が優勝するかわかりませんが、とりあえずタイラはいつもビューティホー!

門川洋子の公式サイトはこちら
ブログ「pinoのビバ日常」はこちら