ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

のぞき見、フルーツピッキング

On: ニッチなフォトログ

アメリカで盛んなフルーツピッキング、いわゆる果物狩りですね。
ファームがどでかいこともあり、一ヶ所で季節ごとに色々なフルーツや野菜を穫ることができるんです。

昨年初のリンゴ狩りに味をしめたわたし、子どもが喜ぶということもあり、同じファームで春にはベリー、そして今回は桃狩りにやってまいりました。

ファーム内はご覧の通りだだっぴろいので、移動はヘイワゴンとよばれる干し草を椅子にしたワゴンに乗ります。
見えるかな?

構図がいまいちですが、こんな感じです。

近場から順にまわって、まずはブルーベリー
茂みが低いので、子どもたちがピッキングするのにぴったり。

こんな感じで実がなってます。

ちなみに引くとこうなります。

これずーっと奥までブルーベリーです。
どんだけ! とつっこみたくなるぐらい、だだっ広いです。

ブルーベリーの次は夏野菜
ピーマンはこんな紫のものも。初めて見ましたわ。

こちらはトマト
娘が穫ってるところばかりですみませんが、かなり真剣に頑張ってます

そしてお目当ての
ピンクがエロかわいいです。

解禁になったばっかりなので、熟れているのが少なかったのですが、自宅で寝かせるつもりで穫って帰りました。

ちなみにこちらは、イエローピーチ
日本の桃に比べるとだいぶ小粒です。

それからこのファーム、動物にえさをあげたり、

ポニーに乗ったりなどなど、子どもが遊ぶところがいっぱい。
一日思いっきり遊んでくれて、母は大助かりです。

今日の収穫はこんな感じでした。

食料獲得よりも穫ること自体を楽しみにいったので、少なめです。
ちなみにこれらは、穫った分だけ重さに応じてお金を払います。

味は、その辺のスーパーで買うより全然美味しいです。

といっても日本のあまーいフルーツや、中身がみっちりつまった野菜を想像しないでくださいね!
あくまで平均的アメリカものと比べたら、って話です。

それにですね、大事なのは自分で穫った新鮮なものだということ。
こりゃ美味しいです、食べたいと思いますわ。

野菜嫌いの子どもさんとか、ぜひやってみてもらいたいですね。
うちの子は、自分が穫ったものを食べたい、料理して! と大騒ぎでした。

みなさんも好きなフルーツや野菜に合わせてぜひ行ってみてください。
どこまでも続く農園風景に、アメリカの田舎気分を満喫できますよー。

Alstade farms
1 Chesterfield Dr.
Chester, NJ 07930

http://alstedefarms.com