ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

アメリカンフーズ秘宝館〜ええもんありまっせ〜 No.1 黄色い缶の憎いヤツ、Old Bay Seasoning

On: どすこいグルメ
doskoi_hihou1_f

特に目当てもなくスーパーの中をほっつき歩いていたら、黄色に青と赤のアクセントが印象的なイカしたデザインの缶が目に飛び込んできた。

OLD BAY SEASONING

スパイスミックスだ。
どうやらエビやらカニやらを蒸すときに使うらしく、シーフード以外にも鶏肉やサラダにも使えるとある。

エビにもカニにもさほど強い欲望を感じないのだが、イカした商品パッケージには滅法強い欲望を感じるわたしは、みじんのためらいもなく速攻ジャケ買いした。

原材料が「塩、セロリシード、唐辛子と黒こしょうを含むスパイス、パプリカ」というシンプルさも気に入った。それに、万が一口に合わなくても中身はカレー粉にでも足して使って、缶だけとっておけばよい。

doskoi_hihou1_2

そう思って買い込んだ缶の中身を帰宅してひとなめしてみると、塩が結構きいていてしっかり辛みも有り、塩代わりにフライドポテトにかけても美味そうだ。

そういや塩無しの湿気たコーントルティーヤチップスが少し残っていたぞと思い出し、耐熱容器に粉々になったチップスをぶちまけて、冷蔵庫に残っていたチロルチョコサイズのクリームチーズを乗っけ、20秒ほどレンジでチンした。

チップスの湿気が飛び、ほどよく柔らかくなったクリームチーズにOLD BAYをふたふり。フォークでぐりぐり混ぜると少々グロめに仕上がる。うーん、ビールに手が出る味だ。

doskoi_hihou1_3

Old Bayの缶の後ろ側にはレシピが3つ載っている。
うち二つはエビとカニの蒸し方だったので、チキンのマリネグリルを作ってみる。

材料はチキン、オイル、レモン汁、パセリ、黒こしょう、それにOLD BAY。あいにくパセリは切らしていた(というより黄色く枯らしていた)ので省略。

オリーブオイル60cc、レモン汁大さじ2杯(30cc)、OLD BAY大さじ1杯、黒こしょう少々をボールに混ぜ、チキンの手羽元6本をそこに放り込んでもみ込み、ラップをして冷蔵庫で寝かせる。

doskoi_hihou1_4

缶には20〜30分寝かせて焼くと書いてあるが、そこいらへんは自分の勝手な都合でさらっと無視して2時間経過。

グリルでこんがり焼いて出来上がり。

骨近くまでしっかり味がしみ込み、キリッとジューシーに仕上がるじゃないか!

doskoi_hihou1_5

70年前からアメリカで愛され続けているというOLD BAY。
そのキッチュなパッケージデザインに負けず劣らず、中身もイカしたシーズニングであった。

次はカニに挑戦するかのう。

Old Bay Seasoning
オフィシャルサイト http://www.oldbay.com