ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

ニューヨークで宮城の味をオトナ買い!フォトレポート「東北応援イベント」

On: イボンヌの部屋

耳寄りニッチ!情報コーナーでご紹介した「食べて 買って 東北を応援しよう 」に行ってきましたー!

ミッドタウン・ダイヤモンド街のど真ん中にあるJaNet会館は一夜限りの宮城一色となりました。

イベント発起人の料理家山田玲子さんによる宮城の食材を使ったお料理がずら~り。


あぶら麩、マジ旨でござんした。

う~、温かい白ご飯に長なす漬けで、ハフハフかき込みたいなぁ。

東北といえば、忘れちゃならないのが「Sake」。

玲子先生と募金に大活躍のリトル・レディのツーショット。レディはちょっと緊張気味。

被災地からのビデオメッセージに誰もが真剣に見入っていました。

はるばる日本からNY入りした宮城復興支援センターのスタッフから報告と支援のレクチャー。
時々、感極まって声を詰まらせながらの生の情報に、心ジーンと打たれたり、なーるほどと感心したり。

あらためて知る事も多く、今の東北がよくわかりました。

宮城復興支援センターのスタッフ曰く
「東北に旅行に来てください。そして、食べて買って楽しんでください。それがこれからの支援になります。」

何とグッドアイデア!
すでに旅行代理店ではツアーの販売が開始されているそうです。

そしてお待ちかねの物産品の頒布。

牡蠣ラー油、あぶら麩、長なす漬け、仙台味噌、味噌チョコ、南三陸わかめ、フカヒレスープ、温麺で、エコバッグはポンポンになっちゃいました。

売り上げは被災地復興の寄付になるそうでーす。
宮城の名産が味わえて、支援もできた嬉しい一挙両得なひとときでした。

これで我が家の食卓はしばらく宮城フェスタです。

イベントの様子はケーブルニュースのNY1でも紹介されていましたので、ニューヨーカーの目にも届いた事でしょう。

そして、も一丁。

会場のJaNet会館では東北とNYをアートのリレーで応援する「めぶくアート展NY」が4月中旬まで開催されています。

読者の皆様に、展示作品の中からファンタスティックなMael Nohara(マエル・ノハラ)さんの作品をチラ見でお届けいたしましょう。

めぶくアート展NY:4月中旬まで
展示場所:JaNet会館アートスペース
http://japanesenetwork.org/
2 W 47th St. 7th Fl., New York, NY 10036