ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

ネギパワーで風邪知らず、冬のリークは美味いのう

On: イボンヌの部屋

冬に美味しい下仁田ネギが食したくも、NYでは叶わぬ夢じゃわいなぁと、ファーマーズマーケットをウロウロしておりましたら、太ったリークに出会いました。

下仁田なくとも当地にはリークがございます。郷に入っては郷に従え。リークで冬の味覚にチャレンジでございます。

こちらがリーク。
ひげ根も真っ白で新鮮でしょ。一束3ドルで値段もお手頃です。
下仁田ネギに負けず劣らずのお姿でございます。

日本ではポロネギとかリーキとか呼ばれているようですね。

一般的にはスープにしたり、煮込んだりしますので、まずはアメリカ流に煮込みにしてみました。
材料は厚切りベーコンとユーコンゴールドポテトとリークの3点でシンプルに。

リークは白い部分を大ぶりにざく切り、ベーコンは短冊切り、ユーコンゴールドも大きめで。
ほんのり黄色のこのポテトは煮くずれないのでスープ系にはぴったり。

材料を鍋に放り込んで、水を注いで30分も煮れば、ウマウマの煮込みが一丁上がりでございます。

スープストックなどは不要で、ネギとベーコンからいい味が出るのであとはお好みの塩こしょうで完成です。

黒パンを添えてみました。
パンをスープにブチュブチュと浸して食べるのがおすすめです。

おっと、下仁田ネギが食べたかったのだから、やっぱ和風でしょう。

フライパンにオリーブオイルを温めて、リークを並べます。
両面に焼き目がついたら、水を入れてフタをして10分ほど、蒸し煮にしました。

甘味噌との相性はどないじゃい?っとかけてみました。これいけます!
下仁田にも負けませぬ。トロトローっと柔らかい。

ワタクシ、グルメ番組で異口同音に「甘~い」というのが気に食わないのですが、あえて申し上げましょう。
「あま~い、あま~い」

さて、余談ですが、毎日の食卓にネギとして使っているのはスカリオン(Scallion)

厳密にはどうもワケギらしいです。

味噌汁の具などに重宝しておりますが、アメリカ流の食べ方でどうしても馴染めないのが、スカリオン入りクリームチーズ。
朝食のベーグルにこれをたっぷり付けるのがお好みの方も多いです。

デリでネギチーズベーグルを注文した人の後では、必ず「ナイフきちんと拭いてよね」って言っちゃいます。
だってネギチーズの名残りベッチョリなんですもの、お好きな方はごめんなさーい!


PHOTO from : Salty / Savory / Sweet

実は今冬のNYは拍子抜けするほど暖かく、せっかく秋口に買っておいたロングダウンコートが活躍するチャンスがあまりありません。

ただ、暖かいとはいえ、油断大敵。
リーク料理で風邪予防でございます。

次は、すき焼きでしょうかねぇ。