ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

ミッドタウンのスケートリンク・Citi Pond

On: ニッチなフォトログ

ミッドタウンにある公園、ブライアント・パークは、少し前までファッション・ウィークの中心会場だったこともあり、ご存じの方も多いはず。

夏場には映画祭があったり、朗読会が行われたりもしています。
たっぷりできた木陰で休んだり、ランチをとったりしたことがある方も、いらっしゃることでしょう。

昨年には「世界一綺麗な公衆トイレ」に、公園内のトイレが選ばれたりもしました(ここは狭いのですが本当に綺麗ですよ!)。

そのブライアント・パークには、冬になるとスケートリンクができます。
ロックフェラーのものほど有名ではないようですが、毎年、規模が大きくなっているようです。

シティバンクがスポンサードしているこのリンクは、その名も「Citi Pond」。
既にファッション・ウィークの会場としては使われなくなっているため、今年は2月26日まで営業しています。

現在はリンクの奥に大きなツリーもあり、ロックフェラーとはまた違った雰囲気の、可愛い感じを楽しめます。
ツリーの後ろの建物は、市立図書館です。

リンクの周囲には「セルシウス(「℃」のこと)」と名付けられたレストラン・バー&ラウンジを中心に、建て込みの小さな小屋で展開する、各種雑貨、コーヒー、スイーツなどを販売するショップ群があります。

これらは11月の頭くらいから作り始められていたのですが、仮建築の割にはかなり本格的で、メインの建物には純白、小さなショップの建材の色にはシックなものが選ばれています。

そのため、樹が多い公園内の雰囲気にも、しっくり馴染んでいて良い感じ。
ホットドリンクを手に、仲良くデートするカップルが多いのはうなずけます。

この日は、しばらく前からの寒波で噴水も凍るほどの寒さ。
それでもリンクは大人気で、マイ・シューズを持参して滑りに来る人もいました(もちろん、シューズはレンタルできます)。

リンク奥の「セルシウス」では、大きなツリーとリンクを同時に観ることができますが、ここも賑わってます。

 title=

夜間も大きな照明でリンク内はかなり明るくなってますので、ご安心を。

今しばらくはツリーもそのままだと思いますし、ちょっと出かけてみるのも悪くないですよ。
イベントも色々と企画されていますし、周辺のショップでお買い物したりと、リンクに入らなくとも十分に楽しめます。

リンクの使用&ロッカーの使用は無料ですが、シューズのレンタル、バッグチェックは有料です。
詳細は以下にてどうぞ。

ブライアント・パーク公式サイト内のページ:http://www.bryantpark.org/things-to-do/pond.html
Citi Pond公式サイト:http://citipondatbryantpark.com/
「セルシウス」公式サイト:http://celsiusnyc.com/

ブリス・アップルドアのブログはこちら:BliBlo