ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

郊外電車で行く、一食の価値あり「水晶焼肉と韓国冷麺」

On: イボンヌの部屋

韓国人口の多いアメリカではあちこちにコリアンタウンがあります。

マンハッタンはKタウンと呼ばれるエンパイアステートビルのお膝元34丁目近辺、ニュージャージーのフォートリー、クイーンズ区のフラッシング。

「フラッシングにメッチャクッチャ美味しい冷麺を食べさせる焼肉店があるからぜひ行こう!」と友人から誘われて、ミニツアー決定。

「行きた~い」と手を挙げたメンバー7人と何と総勢8人の大所帯となりました。

お店は地下鉄7番線のフラッシング・メインストリート駅から徒歩20分はかかるらしいのですが、そこはさすが友人団長女史、郊外電車のロングアイランド鉄道の駅から徒歩1分で行けるとの周到なアドバイス。

いやぁ、ロングアイランド鉄道に乗って行くなんて、秋の行楽か遠足気分ですなぁ。

集合場所のペンシルバニア駅では私が切符を買い間違えて払い戻ししてもらったり、席取り合戦に血眼になったり、お店に着く前から食いしん坊探検団は大はしゃぎしながら出発したのでありました。

さて、マレーヒル駅を降りて外に出ると、あら~、通りはハングルの看板ばかり、みんなレストラン。
マレーヒルはこじんまりした韓国焼肉店銀座。

我が一団はついに目指すHan Jooレストランへと突入したのでありました。

実は事前に団長女史から「ポン酢、柚子胡椒、ヤンニョンジャン、エゴマの葉を持参すべし」と指令メールが飛んでおりました。

団長にいたっては、集合前にマンハッタンKタウンの食料品店でヤンニョンジャンとエゴマの葉を購入してこられるという念の入れようでございました。

すでにこの店のリピーターである団長女史の鮮やかなオーダーで、前菜のナムルや蟹キムチをつまんでいるとチヂミがテーブルに。

実はテーブルで撮り損ないましたので、おみやにしてもらって、お持ち帰りしたチヂミがこちら。
プリプリのイカとニラ入り。外が香ばしくて生地はモチモチ。

yvonne23 1 郊外電車で行く、一食の価値あり「水晶焼肉と韓国冷麺」

さて、コンロにドドーンと分厚い水晶の板がやってきました。

ほほー、水晶の板で焼くのですね。初体験。

まずは鴨の薄切り。

yvonne23 2 郊外電車で行く、一食の価値あり「水晶焼肉と韓国冷麺」

コリアンスタイルですので、自分たちでは焼きません。
お店のお姉さんが焼いてくださるのを正しく待ちます。

水晶板が傾いているのは、油がコンロ脇の穴に落ちるようにできているのです。
まぁ、合理的。

葉っぱで肉と薬味を包んで口に運ぶと、旨い!旨い!旨~い!
葉っぱと一緒なのでしつこくなくいくらでも食べられそうです。

お店のタレや薬味がテーブルにあるのに、我が団はここで、持参の柚子胡椒やらヤンニョンジャンやら取り出して、メイク・ユア・セルフを堂々と展開。

団長女史ご用意のエゴマの葉のほろ苦さと、抜群のバランスです。

続いて、豚バラ。
焼けた頃にお姉さんがハサミでチョキチョキしてくれます。
ニンニクも焼きます。そして団員に好評だったのが、焼きキムチ。

yvonne23 3 郊外電車で行く、一食の価値あり「水晶焼肉と韓国冷麺」

焼肉でかなり満腹になりつつありながらも、いよいよシメの冷麺を注文しました。

ジャジャーン。これが噂の冷麺。

yvonne23 4 郊外電車で行く、一食の価値あり「水晶焼肉と韓国冷麺」

スープがクラッシュアイスのように半分凍っていて、キンキンに冷えております。
スープはすっきりしていて、えも言われぬ味。

麺は細くてツルシコというより、スルスル入ります。
トッピングの梨、大根の酢漬け、キュウリなどがいいアクセントなのです。

ものすごく後引きで、ずーっと食べ続けたいような美味しさでした。

実は私、韓国冷麺を食べた事がなかったのですが、初めてにしてこの珠玉に味に出会えたのは、まさに食い意地人生の幸福の極みでございました。

このお店、電車賃払ってでも食べに行く価値ありでございます。

Han Joo Chik Naeng Myun & BBQ
41-06 149th Pl
Flushing, NY 11355
(718) 359-6888
  • C Mizukami

    焼肉に冷麺ですか、、、
    とても美味しそうですね。写真から伝わってきますよ。
    NYに次回行ったときは 部長さんのおごりで
    一緒に行きましょう!!(笑)

  • Hitomi

    今更ですが、あの日のことが蘇ります。。って。(笑)
    まったく、あれ持って来い、こっちに集合しろ。。。色々、うるさい団長でスミマセンでした。 結構、コントロールフリークなのかも? やばし。 しかし、また絶対に食べに行きたいですね! 書いててまた食べてたくなってきた。(笑)