ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

げんきになってね

On: ヒトコの小径

日本からの映像を見ては、驚き、悲しみに明け暮れていた日々から、ボランティアの日本支援活動として自分ができることに没頭するようになった。

そして、今、精神的にもどーっと疲れがでている。
憤りも感じる。

どうして?
何故?

津波や地震の場合は、相手が「自然」であるだけに何処へその憤りをぶつけたらいいのかさえもわからないが、その後の日本の政府の対応や「原発」問題に関してはメディアの様々な報道に、戸惑いは隠せない。

海外メディアで「日本は、裕福な国なので、義援金の必要はない」と報道されたらしい。

確かに日本は「経済大国」であり、今回のことが起きるまでは、私たちもそれを誇りに思っていたと思う。
でも、その「経済大国」でさえも私たちだけではどうにもならない事態となっている。

それをアメリカ人たちに訴えると彼らは
「でも日本の政府が義援金を受け取るのに躊躇しているらしい」
(But I heard the Japanese government has difficulty in accepting donations.)

と返事がきた。

え?
それってどういうこと?

ついこの間も、赤十字に集まった700億円もの義援金をどう分けるかで手間取っている、とNHKのニュースでやっていたらしい。
各県での被害者数がはっきりとしていないから、義援金の配当も遅れているとか。

「日経ビジネスオンライン」には、「死亡者数を確定するまで、日本では時間が掛かりすぎるのだ」という指摘もあった。

海外では、ざっと推定して数字をだしてから、後で訂正するのに、日本では、きちんとした数字が出るまで公表しないのだそうだ。
何とも律儀な日本人らしいなと思うが、そういうところが、裏目に出ているわけだ。

原発の問題は、人々の健康の問題は勿論のこと、海洋汚染へとつながったら日本バッシングにもなりかねない。
政府の対応が緩いと、どんどん深刻な問題へと陥って行く。
最悪な事態へと進まないように、何とかしなければいけないと思う。
(して欲しい!)

でも、悲しみに暮れ、政府や業者を責めている場合じゃないとも思う。
被災地でない人たちは、一刻も早く「ノーマル」な生活に戻ること。
それが大切だと思うから。

出身地の仙台へ自らトラックを運転して物資を運んだという「ピーチジョン」の野口美佳は、「被災地でない人たちは、ガンガン仕事し、ガンガン遊ぶべし!」とツイッターでもつぶやいていた。

その通りだと思う。

勿論、私は被災地にいないので、言うは易しだ。
でも、そんな時、NYのテロ直後のことが、よく自分の中でフラッシュバックしてくるのだ。

当時、ガスマスクを購入し、パニクっていた私たち。
そんな時にジュリアニ市長は、ニッコリと微笑みながらこう言った。

「ノーマルな生活をすることが大切だ」と。

そして、あの警戒警告が高まる中、「コロンバスデイ」のパレイドも中止することなく、実行した。
そして、人々にももっと外に出て、人生を楽しむようにと促したのだ。

あの時感じた、NY復興へ向けて自分の中での強い決意が、どういうものだったのかはっきりと蘇って来る。

きっと日本にも信頼してついて行く事のできるリーダーの存在が必要なんだと思う。

東京の実家では、節電や停電のために家の中が冷え込み、家族で風邪をひいてしまったそうだ。
そう、勿論、被災地のことを考えるとそんなことぐらいで愚痴など言ってはいられない。

でも、私としては、高齢の母や仕事が大変な兄のことが心配でならない。
そういう話をアメリカにいる子どもたちにもしていたら、心優しい子どもたちも、とっても悲しそうな顔をした。

そして、6歳の長女が直ぐさま、こういう絵を描き始め、一冊の「本」にしてくれた。
6歳の子どもが、一生懸命「応援」の気持ちを込めて描いたもの。

タイトルは「げんきになってね」

今回の震災で、今後、深刻な問題として浮かび上がって来るのが、被災地で家族や大切な人を失った人たちへの「精神的ケア」だと言う。

日本の復興は間違いない。
でもそれは、見た目の建築物上のこと。
人々の心は、深く傷つき、病んでいる。

こちらでは、明らかに春が訪れ、桜がきれいに咲いている。
毎日鳥のさえずりを聞いては、「平和」だなあと思わずにはいられない。
そして、そういう「平和」を感謝せずにはいられない毎日だ。

テロから10年経った今、
またしても、世界が変わった。

今回の震災で亡くなられた多くの方々のご冥福を心よりお祈りいたします。
一刻も早い日本の復興のため、こちらアメリカからも私たちにできる支援をこれからも続けて行きたいと思っています。

友人たちが主催/参加する今月の日本支援チャリティーイヴェントの宣伝をさせてもらいます。

アトランタの「MFバックヘッド」チャリティーディナー

日時:4月6日(水)6時半
場所:MF BUCKHEAD:
3280 Peachtree Road Suite 110, Atlanta GA 30305
Phone: 404-841-1192
アトランタの「MFバックヘッド」(日本食レストラン)へ集まれ!
入り口で、100ドル払うと、中ではフリーフード&フリードリンク(その100ドルは日本へ寄付されます)。

アトランタで日本食レストランとしては唯一の5つ星レストランで、食べ放題とはお得です。
お近くの方は是非足をお運びください。

尚、NASCAR レーサーの尾形明紀さんはご自身のレースカー展示を持ってこのイヴェントにも参加します。
尾形さんのレースカーにも乗れるチャンス(運転は不可)!

第51回 桜まつり – ジャパン・ストリート・フェスティバルhttp://www.sakuramatsuri.org/

日時:4月9日(土)10時~6時
場所 : ワシントンDC ジャパン・ストリート・フェスティバル エリア
主催 : ワシントンDC日米協会 ( http://www.us-japan.org/dc/ )

尾形明紀さんの参加詳細は以下のようになります。

1. #83 NASCAR レースマシン with゛Stand with Japan゛ パレード参加(午前)
2. #83 NASCAR レースマシン with゛Stand with Japan゛ ブース展示(パレード終了後)
3. チャリティーサイン会(アメリカン レッドクロス ,日本地震支援fundを通じて100%寄付します)
4. トークショー
* Pennsilvenia Street Stage – 午後1:45頃
* 12th Street Stage, around – 午後2:10頃
* J-Pop Stagem around – 午後2:30頃

尾形さんからのメッセージ

「2011年3月11日に起こってしまった地震と津波によって、日本が大きな被害を受けた事に対し、ワシントンDC 桜祭り、また参加する者達が現在の日本と同じ位置に立ち、日本の復興を願い、また協力していく強い思いをもっている事を伝えました。
私も当初は別のメッセージを掲げてレースに参戦する予定でしたが、2011年のすべての私の活動がこの桜祭りを皮切りにスタートする事から、私も “Stand with Japan” を掲げて2011年度の活動をする事に決めました。」
Origami Wishes(折り紙ウィッシュ)

日時:4月15 (金)5時〜9時
場所:NCSU/Court of North Carolina 広場
(Raleigh ダウンタウンからHillsborough Stをくると、左側の Meomorial Bell Towerの先のビルディングの裏)
Silent Vigil by Origami Wishes:Japan Disaster Releif

募金をしてくれた人に折鶴を渡し、琴や太鼓の演奏を聞きながら日本の震災に黙祷する集い

*折鶴は補習校の生徒やNCSU学生などの協力によるもの
*日本文化を紹介するブースを企画 (ボランティア募集中

ジャパンリリーフベネフィットコンサート

日時:4月16日(土)6時より
場所:Umstead Park United Church of Christ
8208 Brownleigh Dr. Raleigh ND 27617

補習校の生徒や先生のご家族も出場するチャリティーコンサート。
お友達がヴィオラやチェロ、ピアノなどを日本の為に心を込めて演奏します。

入場は無料ですが、ドネイションをいただけるとありがたいです。

Fujiyama Roll(NCトライアングルエリアロック同好会)

日時:4月22日(金)
時間:未定(TBA)
場所:The Pour House Music Hall
224 S. Blount St., Raleigh
919.821.1120
Red Cross Benefit for Japan という Benefit Show で演奏をする予定。

上山仁子のHP:http://www.hitoko.com/
上山仁子のブログ:http://ameblo.jp/nymommy/
英語教室|アメリカの子ども(3kids)と勉強する英会話:http://www.3kids.hitoko.com/
親子で英語ーバイリンガル教育の近道:http://www.eship.jp/
親子で英語ーバイリンガル教育の近道メールマガジン:http://www.mag2.com/m/0001178212.html
NCトライアングルエリア初日本語コミュニティ誌『トライアングルTショット!』:http://triangletshot.com/
『トライアングルTショット!フォトギャラリー」:http:photogallery.triangletshot.com/
アメリカノースカロライナ州日本語生活情報発信サイト|トライアングル花水木通信:http://www.jbac.jp/