ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

No.15 2010年秋冬のトレンドとは

On: Fashion and the City(更新終了)

やっと終わりました、恒例のNYコレクション関連のばたばた。
その記憶が新しいうちに、会場で見かけたこの秋冬のトレンドをご紹介しまーす。

アニマルプリント

単純に派手で目を引くということもありますが、だんとつ目立っていたのがこのアニマルプリントアイテム。

バラエティは豊富で、トップスから小物までほぼ全てのアイテムを見かけました。アニマルプリントのベルトをつけている子もいまして、なんとそれはJクルーのものとのこと! そんなシンプルアイテムブランドからも出ているのかと、あらためてアニマルプリントの人気っぷりに感心しました。

またアニマルプリントといえば、私の中ではビャッチなおねーちゃんのアイテムというイメージだったのですが、それを払拭するのが今期の着こなし。
特に私がすてきと思ったのが、写真の方。バーグドルフグッドマンのリンダ・ファーゴさん。

ものすごくきれいで上品、さらにすごく優しいという私のあこがれの方でして、毎日違ったアニマルプリントアイテムを身につけて登場。コートやトップスとかなり目立つアイテムをまとっていたにも関わらず、つねに上品!

もちろん彼女の人柄や雰囲気もあるのでしょうが、あわせていた他のアイテムにもよるかと。

トップスの場合はミディ丈のフレアースカートを合わせてかわいらしくしたり、コートにはその他をモノトーンでまとめたりと、下品にならないコーディネートがさすがでした。

また他のエディターさんでも、クラシックなスタイルにアニマルプリントのバッグや靴でアクセントをつける着こなしの人が多数。

アニマルプリントは自分的に絶対ない! と思っていたわたくしですが、この小物スタイリングならありかも、と思ってしまうほどの人気っぷりでした。

 
ミリタリーアイテム

これもかなり多かったです。一番多かったのはミリタリージャケットですが、それ以外にもカーキアイテムとしてコート、パンツ、スカート、シャツなど種類は色々。

ミリタリージャケット自体も、ブランドものから本物の軍隊ビンテージまでさまざま。若い子は特に、どこでも安く手に入るとあって、ビンテージものを着てる子が多かったです。

個人的に気になったのは、エディターさんで何人か着ていたギャルソンのミリタリージャケット。お値段的には私とは縁がなさそうですが(泣)、ちょっと欲しいなーと思ってしまいました。

後は、無理矢理ミリタリーにひっくるめたとして、カーゴパンツですね。何人か履いていた、Jブランドのものが、ラインがきれいでいい感じでした。

カジュアルなイメージのミリタリーアイテムですが、ジャケットにしろパンツにしろ、目についたのはフェミニンなスタイリング。プリーツスカートやパンプスなどを合わせたきれいめスタイルが素敵でした。

 
アレキサンダー・ワン

もうこれはねー、どのアイテムというより、ブランドの人気が炸裂していたのがこのアレキサンダー・ワン。
今までも人気でしたが、今回はもう本当にみんなが持ってました、アレックスアイテム。

洋服ももちろんですが、その中でも特に多かったのが、バッグと靴。バッグは2パターンあって、ショルダーバッグタイプのものとダッフルバッグ。靴はショートブーツと、トレンドを押さえたアニマルプリントのウェッジシューズ。

ほとんどに共通しているのは、ジッパーやスタッズをアレンジしたデザインということ。先シーズンからそのスタイルのブーツが売れていたのですが、ハードすぎておばちゃんにはねーちょっとねー、って感じでした。

が、今回のデザインはちがいます!
ハードなスタッズ、ジッパーは引き続き使われているものの、全体のフォルムがフェミニンかつシンプルに。

私が特にかわいいなと思ったのは、モデルに大人気だった、ショルダーバッグスタイルのもの。上の写真のヤツですね。
形もですが、くたっとしたこなれたレザーが私の好みにヒット。ちょっとしたおでかけにぴったり。お財布が許すなら、かなり欲しいです、これ!

 
ピープトウ/ウェッジソールシューズ

靴で人気だったトレンドは、ピープトウ。ブーティが一番人気、かつこれ一つでエッジィな感じになるので、かなりおすすめアイテムです。上記のアレキサンダー・ワンブーティやミリタリーものでも見かけましたわ、これ。

真冬には履けませんので、季節限定で今ぜひトライしてみてください。

またコレクション中はまだまだ暑い日もあったため、サンダル履きのひとも多数。そこで目立ってたのは、かなり厚底のウェッジソールもの。


もとはセリーヌ辺りが出してるようですが、カジュアルブランドもこのデザインをコピーしているようで、似たようなものを多数見かけました。

歩きづらそう! と思って聞いてみた所、意外と足が楽なのだそう。ハイヒールの靴より全然高低がないので、足裏に負担がないのだそう。

また写真のように、オープントウに靴下を合わせるスタイルを割と見かけました。これかわいいし、秋になってもこの手の靴が履けるってことで、個人的に気に入ってます。



 
プリーツスカート

これはですねー、ものすごい多かったという訳ではないし、前もってトレンドとしてチェックしていた訳ではないのですが、エディター系でぽつぽつ見かけて、気になったのでピックアップしてみました。

プリーツスカートといっても色々あるかと思いますが、ここで言うのは限定的に、 「細かいプリーツ、かつレーヨンのようなてろっとした素材」 のもの。丈は膝、もしくはロングです。

このスカートには、シャツやジャケットと合わせてトラッドに、小物で個性を出した着こなしですね。スカートがきれいめなので、Tシャツなどのカジュアルアイテムを合わせても、品があります。

写真はハーパースのエディターさんですが、まさにこんなスカート。でもこれって、昔はやりませんでした??
私これに色といいデザインといい、ほんとそっくりなスカート持ってましたもん。見た瞬間、捨てるずに持っとくんだったー、と後悔。

あ、ちなみに彼女が履いてるのが、アレキサンダー・ワンのピープトウブーツです。



それ以外では、多かったのがセリーヌもの。
もともとバッグに注目して探してたんですが、洋服や靴も含め全般的に身につけているひとが多かったです。

セリーヌのブランドイメージでもわかるように、今回の全般的なイメージとしては、きれいめでフェミニン。洋服はシンプルに、小物で遊ぶって感じですね。

例えば、カシミアニットにワイドパンツ、靴はアニマルプリントってスタイル。

あ、後相変わらずのシャネルバッグも大人気で、全体的にブランドもの率がもどってきたような気が。
ただ、ブランドものとはいっても、トレンドを押さえたものより、もっとスタンダードなずっと使えるアイテムを皆さん身につけているようでした。

不景気の今だからこそ、いいもの、でも長く使えるものを買って、気分をアップなのかもしれませんね!

ALL PHOTO:Seiichi Niitsuma