ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

ヤンキース優勝パレード攻略記!?

On: ニッチなフォトログ

ニューヨークシティ・マラソンで盛り上がったばかりのニューヨーク、同週に市長選はあるわ、ニューヨーク・ヤンキースがワールドシリーズで優勝するわで話題続き。

市民の興奮はこの金曜日にあったヤンキースのパレードで大爆発。松井がMVPを取ったとなっちゃあ、私もじっとしてはいられない。
しかも、パレードは私の会社のすぐ近くを通るのだ!前日から、ヤンキースファンの同僚と「絶対見に行こう」と気合が入っていた。

しかし、当日はパレードが11時からにもかかわらず、通勤電車の中はすでに「レッツゴー、ヤンキース!」と叫ぶハイテンションな人でいっぱい。駅を降りてからも、歩道をうめた人たちをかきわけてようやく会社にたどり着いた。

むー、このままではあとでパレードを見に来ても全然見えないじゃないか。そう思った私の同僚がオフィスから持ち出したのが……『脚立』。


(同僚のGerry(ジェリー・右)とJorge(ホヘ・左)

ちょっと早い昼休みをもらい、この脚立をえっちらおっちらパレードの道まで運んだ。会場はやはり、すごい人・人・人!まるで人のじゅうたん!

でも私たちには、秘密兵器の『脚立』がある。同僚のジェリーは人ごみの中で無理やり脚立を立て、はい、このとおり!みんなより体ひとつ飛び出せた!いえーい!

周りのみんなから、「なんて賢いんだ!」と声をかけられ、しまいにはラジオのインタビューまで受けていたジェリー。

そして、携帯電話でパレードが近づいたことを知ると、私を脚立の一番上に座らせてくれた。結構な高さで怖かったが、周りのみんなを見下ろす優越感がたまらない!

私の一段下にジェリー、そのまた一段下にホヘが立ち、周りの人々から飛び出した私たちは、まるではしごに登った火消しのパフォーマー。

そうやって、待機していたら、きたきたーっ、パレードがやってきたーっ!

最初に見えたのは、三期目の市長に当選したばかりのブルームバーグ。

ヤンキースの選手で先頭に立っていたのは松井!周囲からものすごい歓声が上がる。私も同僚も叫ぶ。「うおーーーーー、マツイーーーー!!」

ニューヨークの人たちにこんなに喜ばれて、私までうれしくなる。

続くは、A・ロッド。一番右に小さく写るが、見えるかな?

ガッツポーズのニック・スウィッシャー。

選手見たさに信号機に登ってしまった女性。

キターーー、キャプテンで人気者のジーター!

キャッチャー、ポサダ。

やっぱりテレビでなく、生身で見ると感動が違うなあ。ヤンキースタジアムで選手たちを見たときは、遠くて豆粒のようだったが、今日はもっと近い位置だ。

また、優勝を喜ぶ大勢の人たちの「ハッピー」が伝わってきて、それが何とも楽しかった。

そしてこの二人のおかげで、特等席でパレードを見ることができた私。サンキュー、ジェリー&ホヘ!
(今日はこんな格好しているが、ジェリーはウォール街に長く勤めるベテラン証券ブローカー、ホヘは私がいつも頼っている会計士。二人はヤンキースのことなら、ほとんど何でも知っている。)

来年もヤンキースが優勝したらまた秘密兵器の『脚立』を出動させようぜ!!

Sally, ブログも書いています! 
NY日記COLORS http://nycolors.exblog.jp