ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

自然の中に佇むガラスアート展、チフーリ@ニューヨークボタニカルガーデン

On: イボンヌの部屋

ブロンクスにあるニューヨークボタニカルガーデン(植物園)で開催されているチフーリ展。
自然とガラス、有機物と無機質が見事に合体しております。

アメリカを代表するガラスアーティスト「チフーリ」、何と言っても作品が巨大。

植物園を象徴する温室の前にもどでかい作品。
曲がりくねったガラス管が絡み合っております。

制作風景のビデオも上映されていて、吹きガラスで作られていることにびっくり!

こんな大きくするまで人間の息で膨らませていくなんて、どんな肺活量の人たちなのだろう?
きっとジョギング10キロ、腕立て伏せ100回がマストな工房なんじゃないかしら?
屈強な職人軍団みたいなアーティストの手による作品なんですねぇ。

自然の中にうまく配置されていて、散策しながら楽しめるのが何より気持ちいいのです。
これガラスですよ!

うわっ、メデューサみたいで今にもグニョグニョと動きそう。

温室の中にあった白いガラス。
水芭蕉みたいにも見えるし、むしろ三月大根みたいにも見えて・・・・。

池に浮かんだガラスの柱って、何かペンシルバルーンの林のよう。

同行した友人はこちらを「唐辛子」と表現しておられました。確かに!

いやいや、まさに蓮の花じゃござんせんか!
仏像でものっけたくなります。

蓮池に浮かぶガラスプレート。
本物の蓮の花とのコントラストがいいねぇ。

緑にニョキニョキと葉っぱが。
どちらが植物で、どれがガラス?

あらー、ボートに満載。
きっと重量があるだろうに、風船みたいに軽く見えるのが不思議。

度肝を抜かれるスケールの作品がいたるところなんでございます。

ちなみにチフーリ先生の作品は植物園ショップで販売されています。
家の中にも飾れそうな現実的な大きさで、ナナナなんと6600ドル。

さすがにこれでそうめんはいただけませんなぁ。

夜の展示もあります。
ぜひぜひ足をお運びいただきたい夏のイベントでございます。

CHIHULY
10/29(日)まで
NEW YORK BOTANICAL GARDEN
2900 Southern Boulevard
Bronx, NY 10458-5126

https://www.nybg.org/event/chihuly-2/?gclid=CP7AstCpyNUCFdlKDQod8WsM7A

 
Comments

No comments yet.

Leave a Reply