ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

ニッチな視点から見た「米国大統領選挙と企業メディア」

On: 時事ジャーナル ニッチ通信

今年11月4日に実施される次期米国大統領選挙に向けてアメリカは騒然となっている。

ヒラリー・クリントンとバラク・オバマの民主党予備選での白熱の接戦は、まるでフットボールの試合を見ているようだ。私の回りでも多くのニューヨーカーたちがその結果に一喜一憂している。
46歳という若さの黒人男性オバマとアメリカのファーストレディとして親しまれてきた女性ヒラリーの戦いという面白いネタに、アメリカのメディアもお祭り騒ぎのように湧いている。

ロバート・デニーロやウィル・スミスやスカーレット・ジョハンソンやジョージ・クルーニーが支持するオバマか。

スティーブン・スピルバーグやロン・ハワードやキャンディス・バーゲンやジャック・ニコルソンが支持するヒラリーか。

jiji_2008_1_1
民主党・大統領候補者たち/左よりバラク・オバマ、ジョン・エドワーズ、
デニス・クシニッチ、ヒラリー・クリントン。
現在、この中で大統領レースに残っているのはオバマとヒラリーのみ

とにかく、アーノルド・シュワルツェネッガー支持の共和党員ジョン・マケインだけはご免だ!
「ヒラリーかオバマか」という民主党予備選が、本選挙だったならどんなに気が楽だったことか。

この7年間のブッシュ政権で、アメリカは世界を敵に回してしまった。
虚栄で戦争を起こし、環境を汚染し、大企業や一部の大富豪にとって好都合な社会を築き続けたブッシュ。
そんな政権がやっと終わるというのに、マケインが大統領になればブッシュ政権の続きである。

世論調査による分析ではヒラリーよりもオバマのほうがマケインに勝つ確率が多いという結果が出たので、オバマに投票するという市民もかなりいる。
私も違う理由でオバマを心から希望しているが、私が夢見た大統領はオハイオ州の下院議員だった。

ショーン・ペン、ヴィゴ・モーテンセン、エドワード・ノートン。
この俳優たちが大統領候補として支持したのが、そのデニス・クシニッチである。
「アメリカ憲法を支持するのなら、デニスを支持しろと言いたい」と、普段から政治に関心のあるショーン・ペンは会合で語った。

ガンディー平和賞にも称えられた平和主義者デニス・クシニッチは、イラク戦争と戦争継続の資金拠出に反対投票し、即座の米軍撤退を希望する民主党大統領候補者だった。
環境保護や人権に基づく決断を実行してきた政治家で、核兵器廃止、死刑廃止、同性愛者の結婚、幼稚園/大学費用の教育援助などに賛成するリベラル派だ。
いまでこそ市民の自由を奪う恐れのある法案として問題になっている愛国者法にも、 雄一 、当初から反対した候補者。
そして彼は全国民が医療を受けられる「非営利医療保険制度」HR676を提案する雄一の大統領候補者だった。

今年アカデミー賞にノミネートされたドキュメンタリー映画『シッコ』で、医療保障に悩むアメリカ人を浮き彫りにしたマイケル・ムーア監督も、デニスの考案策を推薦している。
保険があっても保険会社の支払い拒否で莫大な医療費に悩まされ、健康保険料を払えない市民も4700万人いるというアメリカ。
そんな状況で最も必要とされる医療保障政策は大衆の耳にまで届かなかった。

以前、医療制度を改革しようとしたヒラリーでさえ、今回は保険会社から多額の選挙キャンペーン費を献金されているのだ。
「ユニバーサル・ヘルスケア」という聞こえの良い言葉を口にしながらも、彼らが提案するのは保険会社の膨大な利益を考慮した政策だ。
製薬/保険会社など大企業に献金されている候補者たちは、デニスが提案する非営利医療なんてものには賛同できない立場にあるのだ。

おまけに多くのテレビ番組は製薬/保険会社がスポンサーになっているため、そんな政策を持つ候補者はテレビに出してもらえない。

国民の約6割が大統領を選ぶ道具としている「大統領候補者のテレビ討論会」からも閉め出されたため、多くの一般人はデニス・クシニッチという候補者の名前さえ知らない。

<この記事には続きがあります>

 
Comments