ニューヨークからプロライター達がお送りする、「ここだけ」のおもしろ情報。

No.32 アイスフィッシングと人生と散文詩 マーク・ライランスが詩人ルイス・ジェンキンスと作る不思議な芝居『Nice Fish』

On: かぶりつき!ブロードウェイ観劇レポート

2月28日にLAで開催された第88回アカデミー賞マーク・ライランスが助演男優賞を受賞した時、フランク・スタローンは思わず「マーク、誰?」とツイートした。

巷では『クリード』ロッキー・バルボアを演じた兄シルベスター・スタローンが確実に受賞すると言われていたのに、予想外の結果に腹立ちを隠せなかったらしい。

彼のこの反応には一理ある。

オリビエ賞に2度輝き、長年シェイクスピアのグローブ座で芸術監督を務めていたライランスは、英国演劇界では有名な人物。ブロードウェイでもトニー賞を3度受賞し、今、最も尊敬されているシェイクスピア役者であり、演出家、劇作家でもある。

だが、BBCのテレビドラマ『ウルフ・ホール』や、今回スタローンを退けてオスカーを受賞することになったスピルバーグ監督の映画『ブリッジ・オブ・スパイ』が公開されるまで、一般にはあまり知られていなかった。

おまけに、事前にたっぷりキャンペーンをして、人前(すなわちアカデミー協会の会員たち)に常に姿を見せることが受賞につながるアカデミー賞で、ライランスはテレビのトークショーにも出演せず、ゴールデン・グローブ賞を除きノミネートされたアワードの授賞式のどれにも姿を見せなかったのだ。

「誰?」と思ったり、受賞に驚く人がいてもおかしくはない。

では、ライランスはアワード・シーズン中何をしていたのか?

氷の上で魚釣りをしていたのだ。


Jim Lichtscheidl, Mark Rylance

1月半ばからのマサチューセッツ州ケンブリッジでの公演を経て、現在ブルックリンのSt. Ann’s Warehouseで上演中の『Nice Fish』は、マーク・ライランスミネソタの詩人ルイス・ジェンキンスと共に作りだした作品だ。

ジェンキンスの散文詩をつなぎ合わせ、そこから物語を浮かび上がらせた芝居である。

既存の音楽をつなぎ合わせてストーリーを作り上げるミュージカルがジュークボックス・ミュージカルと呼ばれるなら、既存の詩をつなぎ合わせて作り上げた芝居はジュークボックス・プレイと呼べばよいのかもしれない。

だがこの『Nice Fish』、 従来の芝居というよりモノローグのあるスケッチ集に近く、どんな呼び名で呼ぼうがそこからはみ出る不思議な魅力を持ったシュールな作品に仕上がっている。


Jim Lichtscheidl, Mark Rylance

エリック(ジム・リッツチャイドル)ロン(ライランス)が凍りついた湖でアイスフィッシングをする。

「あまりに悲しくて、何をやっても無理な日がある」という無表情なエリックは、スマートなグリーンのダウンジャケットに身を包み、手慣れた様子で高そうな道具を操り魚釣りをする。

一方、無邪気でおふざけ好きのロンは見るからにド素人。
南極探検中のテレタビーズのような全身オレンジの重装備でもたもたと氷に穴を開け、ありとあらゆる道具と格闘してドタンバタンと魚釣り。

ポーカーフェイスで魚がかかるのを待つエリックとは対照的に、ロンはハムサンドイッチを作り、ビールを飲み、魚の壁飾りで遊び、雪だるまになって「グローバル・ウォーミングが本当に心配なんだよ〜」とふざけつつ、氷の下にいる何かが針にかかるのを待っている。

とりとめない(と思われる)話をしながら。


Jim Lichtscheidl, Mark Rylance

そのとりとめない話はほぼ全てがジェンキンスの散文詩からとられたものだ。
一つ一つがモノローグで語られ、それぞれのシーンとシーンの間は暗転でつながれていく。

やがてそこに四角四面な役人(ボブ・デイヴィス)が訪れ、近くにサウナハウスを持つ奇妙な娘フロー(ケイリー・カーター)が訪れ、その祖父ウェイン(レイ・バーク)が訪れ、それぞれがまたモノローグを語る。

そうこうするうちに物語はファンタジックになって超現実感をはらみ、エリックロンは自分たちが本当は誰なのかを知っていくのだ。


Mark Rylance, Raye Birk, Jim Lichtscheidl

ジェンキンスはミネソタ州ダルースに住むアメリカの詩人。
ライランスとはちょっと有名なエピソードがある。

2008年に最初のトニー賞を授賞した際、壇上に上がったライランスは、あっけにとられる観客を尻目にジェンキンスの散文詩「The Back Country」を受賞スピーチとして暗唱したのだ。

それがきっかけとなって二人の交流が始まり、その後、2011年の2度目のトニー賞受賞の際にも「Walking Through a Wall」を暗唱したライランスが、温めていたジェンキンスの散文詩を使って芝居を作るというアイデアを形にしたのがこの『Nice Fish』

タイトルはジェンキンスが1995年にミネソタ文学賞を受賞した詩集からとられた。

シェイクスピアの書いた言葉も詩。
少年時代をアメリカ中西部で過ごし、英国でシェイクスピア劇に携わってきたライランスが、ミネソタの詩人ジェンキンスの散文詩をパッチワークのようにつなぎ、物語を描き出すのは至極自然なことに思える。


Mark Rylance, Bob Davis

ジェンキンスの散文詩は読むだけで笑顔を作る茶目っ気に溢れ(「散文詩」というタイトルの彼の散文詩によると、散文詩は「もちろん本当の詩ではな」く、「詩人に行分けする能力が無いか、怠けているか、あるいは頭が悪くてできないか」だそう)、平易な言葉で日常をつらつらと描写しただけにみえながら、突然それ以上の意味を持ち始めて読む者に驚きをもたらす。

『Nice Fish』も同様、ライランスがちょっとした仕草、ちょっとした表情、ちょっとした言い方でひょうきんさを醸し出す様子に笑いをこぼしている間に、ベケットの作品を思わせる不条理なエンディングに導かれてハッとするのだ。


Raye Birk, Kayli Carter

不思議な魅力を引き立てるのはミニチュアを使って遠近感と寓話感の両方を表現したトッド・ローゼンサルの美しいセットと、氷原の朝から夜の光を申し分なく作り上げたジャフィー・ウェイドマンの照明。
そこに映えるイローナ・ソモギの衣装と、スコット・W・エドワーズの音響デザインも良い。

素晴らしいアンサンブルキャストをリズミカルな演出でまとめるのは音楽家であり、ライランスの妻であるクレア・ヴァン・カンペン


Mark Rylance, Jim Lichtscheidl

寒空の下、凍てついた氷に穴を開け、その穴の中に垂らした糸に何かが引っ掛かるのを待つエリックロンは、日々何かを探し求める全ての人間を象徴している。

笑いと、喜びと、詩に溢れる風変わりな作品を見た後、自分が捕まえようとしている魚は何なのか、ふとそれを考える。

All Production Photos by Teddy Wolff

ゴドーさんを待っている度★★★★★
ポエティック度★★★★★
大笑い度★★★★★
ライランスの「あのねおっさん」度(と言っても今は知る人は少ないだろうが)★★★★

これだけ払います!のチケット金額:85ドル(プレミアム席の正規価格)

“Nice Fish”
2016年2月21日オープン
2016年3月27日終演予定
上演時間:95分(インターミッション無し)
 
劇場:St. Ann’s Warehouse
45 Water Street, Brooklyn, NY

 
オフィシャルサイト:http://stannswarehouse.org/show/nice-fish/
Rush Ticket:可能な場合に限り有り(開演1時間前に発売。1枚20ドル。)
Lottery:無し
パフォーマンススケジュール:火水木金@8:00、土@3:00&8:00、日@2:00&7:00
 
*全公演ソールドアウトだが、数日前にプレミア席の空席が数席分出ることがある。それを狙うか、ラッシュチケットに並ぶべし。

2008年トニー賞 マーク・ライランスの授賞スピーチ

2011年トニー賞 マーク・ライランスの授賞スピーチ